Ron Lau's I Don't Have a Cat Photo Series 1

香港のLomographyで働くRonが撮影したキュートでラブリーな「I Don't Have a Cat」プロジェクト!

猫を好きなことに理由なんていりますか? 香港 のLomographyでトップシークレットを扱うRon Lauが手がけるもう一つのスペシャルプロジェクト!彼は、近くから遠い場所まで、出くわしたこういったかわいい小さなネコちゃんを撮影するのが大好きです。Ronは猫を飼っていませんが、彼の猫への情熱は止まる所を知りません!

では、彼の初ネコギャラリーをご覧ください。

またRonからかわいい猫ちゃんたちの写真が届いたら紹介しますね。
See you next time!

2010-05-27 #ニュース #cute #project #cat # #hong-kong #ron kazarareta の記事

他の記事を読む

  • ロモグラファー・raywychinによる素晴らしい LC-A 120 アルバム!

    2015-01-26 #ニュース icequeenubia の記事
    ロモグラファー・raywychinによる素晴らしい LC-A 120 アルバム!

    私達の仲間の一人である、あるロモグラファーが、香港ストリートの1シーンをLC-A 120で切り取って届けてくれました!

    1
  • Petzval Artist: Takeshi Sugaによる成人式前撮り写真

    2014-11-17 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Artist: Takeshi Sugaによる成人式前撮り写真

    ロンドンで活躍中の写真家、Takeshi Suga(菅武志)さん。先日の一時帰国の際には展示やトークショーなど、様々なイベントをLomography+で行い、大盛況のうちに幕を閉じました。そんな菅さんが日本滞在中に行ったもう一つのプロジェクトは、なんとPetzvalレンズで成人式の前撮り写真の撮影!Petzvalの美しい描写が写し出す、一生に一度の記念の写真を菅さんのインタビューと共にお楽しみください。

  • LC-A 120で撮影された日本の写真

    2014-09-08 #ライフスタイル chooolss の記事
    LC-A 120で撮影された日本の写真

    LC-Aが少しでも大きくなってしまったら良さがなくなってしまうのではないか?とお考えでしたらこちらをご覧下さい。120フィルムのサイズに合わせる形で少し大きくなったけど、充分コンパクトサイズなLC-A 120による日本で撮影された写真をどうぞ!

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo’Instant 僕のテクニック

    2014-11-13 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant 僕のテクニック

    今年クラウドファンディングでLomo’Instantプロジェクトを支援して、先週ついに僕のところにLomo'Instantが届いたんだ!様々な機能が僕を自然と実験的な撮影に導いてくれて、違ういろのカラーフィルターを使って多重露光をしたり、フィルムを排出した後にできるクリエイティブなテクニックを試したりしているよ。僕が発明したテクニックと、今度試したいと思っているテクニックをこの記事で紹介するね!

  • 建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    2014-04-18 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    Russar+のように多用途でお使いいただけるレンズにはたくさんの撮影スタイルがあります。自分のL39、もしくはMマウントカメラにRussar+を装着したとき、あなたなら何をどのように撮影しますか?Russar+はスーパーワイドアングルレンズなので建築物や街中での撮影にぴったりです。 この記事で少し、簡単なテクニックをご紹介いたします!

  • 【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    2014-06-30 #レビュー choko3 の記事
    【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    昨年から今年にかけて、ロモグラフィーでは3つのプロジェクトをクラウドファンディングプラットフォーム『CAMPFIRE』 (キャンプファイヤー)で実施しました!今回、初めてのプロジェクトからずっと関わって頂いているキュレーターの出川さんにPetzvalレンズを試して頂きました。普段から写真を撮られている出川さんは、なんとロモグラファーでもあります!そんな出川さんが撮影した美しい写真をお楽しみください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LC-A 120プレオーダー受付中! - 全世界で限定500台まで!

    2014-09-30 #ニュース shhquiet の記事
    LC-A 120プレオーダー受付中! - 全世界で限定500台まで!

    LC-Aのように便利で快適な撮影を、ブローニーフィルムで楽しみましょう!新しく登場したLC-A 120は現在プレオーダーを受付中です。あなたも自分の分を確保して、誰よりも早くLC-A 120での撮影を楽しみましょう。

  • LomoAmigo: Heison Ng、New Russar+レンズで撮る

    2014-10-08 #people #Lomoamigos shhquiet の記事
    LomoAmigo: Heison Ng、New Russar+レンズで撮る

    香港のミュージックビデオ監督のHeison Ng。彼は今回のLomoAmigoではNew Russar+レンズをSony α7に装着し、パリやバルセロナで撮影を行いました。

  • Fisheye No. 2で撮影されたフィッシュアイ写真!

    2014-10-25 #ライフスタイル chooolss の記事
    Fisheye No. 2で撮影されたフィッシュアイ写真!

    ロモグラフィーのコミュニティーメンバーたちがアップロードしたFisheye No.2で撮影されたフレッシュな写真をご覧下さい!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoAmigos: Coco Alexander、LC-A 120で撮る

    2015-03-06 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Coco Alexander、LC-A 120で撮る

    私たちの大好きな写真家、Coco AlexendarがLC-A 120で公園やコンサート会場、雪景色を撮影してくれました!Cocoの写真に対する挑戦の姿勢や、写真以外の趣味についても言及したインタビューと共にお楽しみください。

  • Photo Of The Day: 3/31~4/6

    2014-04-07 #ニュース ciscoswank の記事
    Photo Of The Day: 3/31~4/6

    インターナショナル版のLomographyホームページ上で選出されているPhoto of the Day。 ユーザーさんが撮影した数々の写真の中から毎日1枚ずつPhoto of the Dayが選出されています。 先週1週間分のPhoto of the Dayをまとめてどうぞ!

  • CP+ 2015をビデオとアナログ写真で振り返ろう

    2015-02-28 #people #イベント ciscoswank の記事
    CP+ 2015をビデオとアナログ写真で振り返ろう

    CP+ 2015 ロモグラフィーブースのご様子をLC-A+とLC-Wideで撮影した写真とスタッフが撮影したビデオで振り返りましょう! 残念ながら会場に足を運べなかった方々は、ロモグラフィーブース内がどのような様子だったのかご覧になってください。 ご足労いただいた方々は、まだ記憶が鮮明なうちにCP+の思い出を思い返してみましょう。