スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

國廣沙織さん。 Petzval 58 Bokeh Control Art Lensで撮影。

國廣沙織

広島県出身
6 歳より書を始める。2011 年より" 書" を基盤として、国際交流活動を重ね、商業ロゴ制作、書籍題字、命名書、印鑑制作、書道 に関するワークショップの開催など活動中。

「Hiragana」
ひらがなをモチーフにしたアクセサリー
hiragana.tokyo

「籠中会(ろうちゅうかい)」
名前を5種類の書体で書く教室
www.facebook.com/rouchukai 

「KANJI~感じる漢字〜」
漢字を動きでたのしむwebサイト
kanji.saorikunihiro.com

「書で綴る季節のことば(草冠の教室)」
書道講師


―書を基盤に文字に関する活動をされているとのことですが、具体的にどのような活動をされているのでしょうか?

ひらがなをモチーフにしたアクセサリーを制作しています。

―作品の一部を見せていただけますか?また、ちょっとした解説もしていただけると嬉しいです。

「うつくしい」
女性のボディラインをイメージしてつくりました。日本語のうつくしさを伝えたいという想いを込めて制作したこの「Hiragana」シリーズの代表作です。

「ゆめ」
このピンバッジは、"胸にゆめを掲げる”イメージで作りました。ビジネスのシーンで未来の夢について話すきっかけになればと思っています。

「とうきょう」
上空から見下ろした東京の街をイメージして作りました。外国の方へ向けた日本の新しいおみやげに、日本人の方がもっと日本のことが好きになるようなアイテムにしたいと思いつくりました。

―こういった作品にはどのような思いが込められているのでしょう?

日本に暮らしていると、日本の文化が持つ魅力や価値そのものに気がつく機会がなかなかないと思います。このアクセサリーを通して潜在的にある魅力に気がつくきっかけになればと思っています。

Photo by choko3

―今回、Petzval 58 Bokeh Controlレンズで浴衣姿の國廣さんを撮影させていただきましたが、Petzval 58を見て、どう思いましたか?また、出来上がった写真をみた時、どんな風に感じましたか?

とてもかっこいいレンズだと思いました。渋谷の街中で多くの人がレンズに釘付けでした。
雰囲気のある写真に感激しました。素敵に撮っていただいてうれしいです!

―國廣さんの「書」に関する作品も、筆圧や手書きならではの味など、「アナログ」なもののように感じます。國廣さんにとって、「アナログ」とは?

筆で書く文字はごまかしがききません。心が込もっている文字かどうかは簡単に見抜かれます。パソコンだと簡単にやり直しが効くけど、手書きでごまかしのきかない、真剣に向き合う時間が集中力を養ってくれる気がします。

Photo by choko3

―インタビューに答えていただきありがとうございました。最後に今後の活動予定を教えてください!

新作をWEBショップにて公開しました。以前のサイズより半分の長さのものや、男性向け商品も完成しましたのでぜひご覧ください。
hiragana.shop-pro.jp

11/6(金)Autodesk Tokyo Popup Gallery「Fab Meetup “CREATOR’S STARTUP”」に出演します。ぜひお越しください。
adsk-gallerytokyo.jp

11/8(日)草冠の教室「書で綴る季節のことば」筆ペンで季節のことばを5種類の書体で練習するワークショップです。ぜひご参加ください。
school.kusakanmuri.com


Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

この記事のポートレイト写真はPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで撮影しました。
レンズ詳細 | 予約ページ

2015-10-06 #people #tokyo #art #japan #shibuya #hiragana #petzval #petzval58 ciscoswank の記事

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

歴史的なデザインと機能を備えた58mmロシア製プレミアムレンズ。ボケ調節リング搭載でペッツバールのぐるぐるボケを7段階でコントロールできます。

他の記事を読む

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    2017-04-28 #gear #people Crisselda Robles の記事
    Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    シンガポールのロモグラフィーコミュニティの前線で活躍するRichard LinがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使ってフィルム写真のさらなる可能性に挑戦してくれました。インタビューと作品をお楽しみください。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    2017-08-09 choko3 の記事
    [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    ロモグラフィーでも何度か登場しているフォトグラファー Gui Martinezさん。今回彼が制作に関わったショートフィルムの完成を記念して、8月18日(金)の夜、Deus Ex Machina原宿にてレセプションパーティー・上映会が行われます。イベントではショートフィルム上映の他にも、撮影された作品が展示されます。レセプション後も9月15日(金)まで作品は飾られる予定なので、皆さんぜひ足を運んでみてください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    2017-08-25 #ニュース
    《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    ついに、あと4日で新しいロモグラフィーのプロジェクトがスタートします!そして今日、第二弾のヒントを発表します。答えがわかったら、ぜひコメント欄に書いてみてくださいね。第二弾のヒントはこちら!

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。