【レポート】hodachrome 春の多重露光ワークショップ in名古屋

2016年4月9日(土)に、名古屋市で多重露光をテーマにしたワークショップを開催しました。主に Lomo LC-A+ を使って、春の爽やかな気候のもと多重露光を楽しんでもらったのですが、そのワークショップの様子をレポート記事にまとめましたのでご覧ください♪

【ワークショップ概要】

日時 :2016年4月9日(土) 10:00~17:00
場所 :東山動植物園(愛知県名古屋市)
フィルム・現像・プリント協力ダイヤモンドカメラシュシュメーチカ店
レンタルカメラ協力 :ロモグラフィージャパン
講師 :山本穂高( @hodachrome
参加人数 :13名(うちカメラレンタル8名)
参加料金 :3,000円(フィルム代、現像代、プリント代込み)
持ち物 :35㎜フィルムカメラ( Lomo LC-A+ 推奨)
カメラレンタルLomo LC-A+
内容 :フィルムカメラ(主に Lomo LC-A+ )を使って、東山動植物園にて 多重露光 を楽しんでいただきます。 Lomo LC-A+ の機能である「 MX(多重露光) 」を使って、桜や動物など様々な被写体をその場で組み合わせて多重撮影していきます。36枚撮りネガフィルムを一本撮り切り、その後すぐに現像し同時プリント、その結果をもとに講評会を行います。

~当日の流れ~
10:00 東山動物園正門前集合
10:00 – 10:30 講師・協力店紹介。参加者自己紹介。撮影前レクチャー
10:30 – 12:30 東山動植物園内にて撮影
12:30 – 15:00 各自昼食 ※この間にフィルム現像・同時プリント
15:00 – 17:00 講評会 ※講評会は動物園近くのカフェにて行います(要ワンオーダー)

【撮影前レクチャー】

撮影前に行ったレクチャーの主な内容は下記です。

1. Lomo LC-A+ の使い方の説明
まずは Lomo LC-A+ の基本的な操作方法を説明しました。

2. 多重露光(MX) についての基本知識の説明
次に、多重露光について説明。今回の多重露光の方法は、カメラの MX(多重露光) 機能を使って「その場で組み合わせる」という撮り方です。一枚目のシャッターを切った後、二枚目の被写体を近くで探して撮って重ねていきます。自分で思い描いたような組み合わせが可能ですが、その反面、うまく二つの被写体を見つけられないとなかなか撮影が進まずフィルムが消化されません。フットワークと柔軟なアイデアを持つことが必要です。その点を説明しました。

3. 多重露光 の撮り方・操作方法の説明
MX(多重露光) 機能の使い方、感度設定などについて説明しました。

4. 作例による撮り方説明
タブレットを使って作例を見ながら具体的に多重露光の方法を説明。明部と暗部のバランスや、被写体のちがいによる撮り方の工夫など、画像を見ながらの説明を行いました。今回は動植物園、そして春らしい自然という要素を生かした撮り方を意識してもらいました。

【10:30 撮影開始!】

動植物園内で撮影開始。春の動植物園らしく動物や自然を生かして撮っていきます。皆さん実に軽やかなフットワークで撮影を進めていました。勢い余ったせいか、参加者が思った以上にばらけてしまい、講師がちょいちょい「ぼっち」になるという想定外の事態になってしまいました、すみません…m(__)m

【12:30 撮影終了】

フィルムを回収し、すぐさま現像処理にGO!!集合写真撮影後、各自お昼休憩。

【15:00 – 17:0 講評会】

動物園近くのおしゃれなカフェにて講評会開始。各一枚プリントされた写真をもとに順に講評を行いました。技術的なレクチャー及び、被写体の選び方や構図の取り方、それぞれの視点の面白さなど気付いた点を説明しました。最後に参加者さんから一言感想を述べてもらい、トリは講師見本を紹介、そして総括をいたしました。

以上が今回のワークショップの大まかな内容です。

【総評】

今回のワークショップの参加者はカメラレンタルの方が多く(13名中8名)、 Lomo LC-A+ を使うのも多重露光にトライするのも初めて(またはほぼ初めて)という方が多かったのが特徴です。 多重露光 というと難しく思われがちですが、実は意外にかんたんにできてしまうということをわかっていただくために、なるべくシンプルかつわかりやすい説明を心がけました。

その場で二回撮って一枚の写真にしていくという今回の 多重露光 の方法は、想像力や直感、柔軟な対応力、そして機敏なフットワークも必要で、それを限られた時間内でこなしていくのはなかなか大変だったと思います(特に桜が散りかけていたこともあり…)。それでも皆さんそれぞれの個性を生かして実にユニークな作品作りをしてくれていました。

出来上がった皆さんの写真を拝見しますと、個性豊かで創造力あふれるものが多くてとても感心いたしました。同じカメラ・フィルムを使って同じ場所で撮っているにもかかわらず、出来上がった写真はそれぞれまったくちがった写り方をしていて、講師である私も思わず「おぉっ!」とうなってしまうようなものも多くありました。
今回のワークショップをきっかけに、少しでもフィルムカメラ、そして多重露光の楽しさがわかっていただき、今後もときどきトライしてくれたらとてもうれしく思います。

【講師作例紹介】

講師 hodachrome による写真を紹介します(^_^)

【Special Thanks】

最後に、今回のワークショップ開催に当たり、フィルム現像・プリントそして当日のマネージメント等のご協力をしていただいた ダイヤモンドカメラシュシュメーチカ店さん 及び、レンタルカメラや告知のご協力をしていただいたロモグラフィージャパンさんに厚く御礼申し上げます。またよろしくね!

また次のイベントで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています♪
See you next analogue event somewhere in Japan!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にロモグラフィーの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2016-05-03 #ニュース #tutorials #people #event #workshop #tipster #lomoamigo #hodachrome hodachrome の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

他の記事を読む

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • 【イベントレポート】Laforet Market vol.1 “one idea”

    2017-09-16 refallinsasaki の記事
    【イベントレポート】Laforet Market vol.1 “one idea”

    ラフォーレ原宿で 9/2(土)、3(日)に開催された Laforet Market vol.1 “one idea” 。フォトブースではイラストレーターの foxco212 さんに写真のフレームをカスタマイズしてもらえるワークショップも開催しました!今日はちょっとだけイベントの様子をご紹介します!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 現実のその先へ – Jeremie Druのフィルム写真

    2017-05-29 #culture #people cheeo の記事
    現実のその先へ – Jeremie Druのフィルム写真

    多重露光に精通し、才能と想像力を兼ね備えたJeremie Druはフィルム写真によって彼独自の現実を描き出します。

  • 【レポート】Lomo'Instant Squareワークショップ @谷根千エリア

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    【レポート】Lomo'Instant Squareワークショップ @谷根千エリア

    2018年3月10日(土) に開催した Lomo'Instant Squareワークショップの模様をレポート!さて、皆さんどんな写真が撮れたでしょうか?参加者の皆さんのベストショットもご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【レポート】フィルムスワップワークショップ!Tokyo meets Vienna "Double Exposures"

    2017-12-15 refallinsasaki の記事
    【レポート】フィルムスワップワークショップ!Tokyo meets Vienna "Double Exposures"

    2017年12月2日(土) に行われた 『 Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ! 』の模様をレポート!今回はウィーンですでに撮影されたフィルムの上に東京の風景を重ねて撮影していく《フィルムスワップ》を行うワークショップでした。

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!