First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens で撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

出演: Manna Cheng

◇歴史的レンズである Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens を初めて見た時、何が思い浮かびましたか?
◆艶めく真鍮ゴールドのボディを見たとき、今世紀のものではない、遥か昔のものであると感じました。しかしこの一台はデジタルカメラにもアナログカメラにも適応する現代に必要な機能を持ち合わせたものです。それが少し私を混乱させましたが、同時にその絶妙なバランスがとても面白いと感じるようになりました。

◇今回使用したカメラとシチュエーションを教えてください。
◆今回私はすべて台北で撮影をしました。ダンスを学ぶ学生が出演しています。なぜダンサーかというと、私自身もモダンダンスを学んでおり、ある特定の環境下でダンサーが自身の身体感覚と空間把握をどうように構築していくのか、ということに興味があるからです。今回はテーマを持たず、このように自分の気になっていることを表現しようと思いました。動画も写真もCANON EOS 5D Mark IIで撮りました。

◇Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens は作品に特別な効果をもたらしてくれましたか?撮影時に関して詳しく教えてください。
◆極限まで近づいて撮影することができたので、彼女の感情を奥深くまで捉えることができました。そして何より、独特の質感を表現するボケは、作品をシュールなものへと昇華させてくれました。背景のボケの効果により、写っている箇所のどの部分が”リアル”であるのか、見分けがつかなくなるのです。

◇このレンズはロモグラフィーの実験的な精神を引き継いだ製品です。Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影する際、どのようなエフェクトが出るように撮影しましたか?
◆Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensはあらゆる意味で他と違います。例えば絞りやピントの合わせた方。これらを習得するのには慣れが必要でした。そして何よりもこの”予想できない仕上がり”が、私のクリエイティビティを刺激し、より貪欲にこのレンズと向き合うようになりました。

◇他の Lomography Art Lens シリーズと比べてどうでしかた?
はじめはその見た目から Petzvalレンズ を想像しました。しかしすぐに全く別のものであると分かりました。Petzvalレンズでは背景のボケがしっかり現れることにより対象をぐっと引き立たせることができましたが、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensのボケは対象と背景が溶け合うような印象を受けました。それは両者の境目をあやふやにし、その写真のもつ空気感や感情をより強く印象的に全面で表現できるようになっていると感じたからです。

◇特別なアートレンズで撮影する理由を教えてください。
◆写真というものは常に”自分の目で見た” ”現実”をありのまま写し撮ることが求められます。しかし”アートレンズを通して見る”と、自分の目で見ているものとは違う”現実”となり、それは好奇心を掻き立て、その魅力は私を離しません。

◇これからこのレンズを使う人たちに技術面で何かアドバイスはありますか?
◆絞りプレートは全種類使ってみてください!それぞれが違った個性を持っていて、ワクワクするエフェクトを生みだします。


彼女についてもっと知りたい方は下記をご覧ください。
Heiwa Wong Instagram
Heiwa Wong Tumblr
Heiwa Wong Wordpress
Heiwa Wong website


Daguerreotype Achromat Art Lens — 長い間忘れられていた写真黎明期のカメラが写し出す幻想的で優美な写真が、現代によみがえる!写真技術が生み出された19世紀のロマンチシズム、そして当時の絵画に見られる美学。そんな古き良き時代のエッセンスを真鍮製のレンズに詰め込み、21世紀のカメラに対応する形に設計されました。シルクのように柔らかくて美しい写り、クリスタルのようにシャープでキレのある写りの両方を導き出すこのレンズに、Lumière (ルミエール) とAquarelle (アクエール)というユニークな絞りプレートが今回新たに加わります。Canon EFマウント、もしくはNikon Fマウントのレンズマウントから選択でき、一本一本のレンズがハンドメイドのプレミアムレンズです。そんな Daguerreotype Achromat Art Lens が、Lomography Art Lensシリーズに新たに加わりました。
Lomography Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens 製品情報

クラウドファンディング・プラットフォーム MotionGalleryでこのレンズが発売日前に魅力的な価格で手に入るクラウドファンディングプロジェクトを開始しています!多くのご支援・ご声援、誠にありがとうございます。プロジェクトは5月17日(火)までとなっております!引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
MotionGallery 「19世紀にタイムスリップ!ダゲレオタイプのレンズを復刻: Daguerreotype Achromat Art Lens Daguerreotype Achromat Art Lens」

2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people #lomoamigo
翻訳 ciaoannacotta

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensがあれば、シャープなイメージ、ソフトフォーカスの両方が一本のレンズで撮影できます!挿入する絞りプレートによってボケの発色、質感をコントロール可能。表現の可能性が無限大に広がる魔法のような一台です。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    2017-05-07 #gear #people Crisselda Robles の記事
    シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    情熱を共有するライフスタイルはシンガポールで赤ん坊や家族を撮影している写真家・Jen Panのアーティスト魂に火をつけます。 このインタビューでは、JenとPetzval 85 Art Lensの気まぐれな結びつきによって生まれた素晴らしい作品をお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    2017-04-28 #gear #people Crisselda Robles の記事
    Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    シンガポールのロモグラフィーコミュニティの前線で活躍するRichard LinがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使ってフィルム写真のさらなる可能性に挑戦してくれました。インタビューと作品をお楽しみください。

  • ボケを通してみるシンガポール: Petzval 58 Bokeh Control Art Lens × Ashok Kumar

    2017-05-04 #gear #people Crisselda Robles の記事
    ボケを通してみるシンガポール: Petzval 58 Bokeh Control Art Lens × Ashok Kumar

    シンガポールのインスタグラマー・Ashok KumarがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って故郷の街を美しいボケで写してくれました。正方形の枠を飛び出した、彼の魅力溢れる作品をインタビューとともにお楽しみください。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    2017-06-01 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『とっておきの場所』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。