LC-A+に関するFAQ

2016-07-26

直営店スタッフLC-A+ の疑問を解決!簡単な処置などをまとめましたので、「なんだか上手くいかないな…」「これって故障?」と思った際に、この記事をご覧ください。ヒントが沢山詰め込んであります!


[目次]

①フィルムがうまく装填できない
②撮影後、フィルムを巻き戻していると巻き戻しボタンがいつの間にか戻っていて、巻き戻せない時がある場合
③おすすめの電池の入れ方
④シャッターが降りない、ファインダー内のランプが点かない、露出がアンダーになってしまう時
⑤電池を入れ替えても動作しない、電池がうまく入らない場合
⑥ケーブルレリーズが押したら戻らない
⑦LC-A+でも長時間露光はできるの?


①フィルムがうまく装填できない

こちらの画像を参考に装填してみてください!

直営店スタッフ作成

②撮影後、フィルムを巻き戻していると巻き戻しボタンがいつの間にか戻っていて、巻き戻せない時がある場合

手巻きカメラの構造上、巻き戻しボタンが戻ってしまう場合があります。巻き戻しボタンを押した後、軽く押さえつけながら巻き上げ動作を行うと、スムーズに使う事ができます。


③おすすめの電池の入れ方

ボタン電池をセロハンテープで巻いてしまうと、スピーディーに入替ができます!

④シャッターが降りない、ファインダー内のランプが点かない、露出がアンダーになってしまう 時

電池の残量が少なくなって来ている可能性があります。一度電池を新しく入れ替えて動作をご確認下さい。

ファインダー内にある、左上の赤いランプが点灯していれば電池はOKです!

また、ファインダー内のランプが消えかかっていたり、以前より強く光っていない場合も、電池の残量が少ない状態です。


⑤電池を入れ替えても動作しない、電池がうまく入らない場合

LC-A+の使用可能電池は、ボタン電池のLR44型となっております。
しかしながら、まれに+面が平になっておらず、丸く膨らんでいる製品も御座います。
この型の場合、LC-A+の電池室に収まらない場合が御座いますので、ご注意ください。

左が+面が平らなもの 右が+面が少し膨らんでいるもの

ケーブルレリーズ が押したら戻らない

こちらの記事をご覧下さい。→ ケーブルレリーズはどうやって使うの?


⑦LC-A+でも長時間露光はできるの?

ずばりできます!
LC-A+LC-WideLC-A120 には、露出計が内蔵されています。
光量をはかるための窓(画像の赤部分)を黒いテープなどで隠してしまえば、露出計をだまして強制的に長時間露光で撮影することができます!

こちらの記事を参考にトライしてみてください!→ 「無人の街の輝き:LC-A+で長時間露光!」


その他、詳しい部品名称や使い方については、付属されている取扱い説明書を改めてお読み頂きますようお願い申し上げます。


Lomographyのカメラに関する疑問は、ウェブページ内のメニューバーの下方にある 【Q&A】 のページをご覧ください。
上記でご紹介した簡単な処置でも改善されない場合は、弊社正規品のみ修理対応を受け付けております。
不具合やご質問が御座いましたら、help@lomography.jpまでご連絡ください。(2016年現在)

※全てのカメラはご購入より2年間の製品保証書が付属しています(2012年9月1日より改訂)製造上に発生した不具合に対し、交換または修理保証致します。偶発的なダメージ、紛失、転売等による第三者からのご購入には対応致しかねます。保証条件におけるカメラの不具合がありました際は、オーダー番号と共にカスタマーサポートまでご連絡ください。

また、直営店にカメラ・フィルムをお持込頂きますと、その場で使い方や撮影方法・テクニックなど簡単なレクチャーもお伝えできます。
お時間御座います時に是非お越しくださいませ。

直営店『Lomography+』 の営業日やアクセス等は こちら をご覧ください。


関連ページ一覧

直営店Lomography+で受付中のサービスについてのご案内

LOMO LC-A+に関する情報をもっともっと知りたい!

2016-07-26 #gear lomographyplus の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016-10-24 #gear lomographyplus の記事
    レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016年10月15日に行われた直営店Lomography+主催『フラッシュ・マスター ワークショップ!』をレポートします! ロモグラフィーならではのフラッシュ撮影テクニックが沢山詰まったワークショップとなりました。 撮影方法も盛りだくさんの内容となっているので、是非ご一読ください!!

    2016-10-24
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

    2017-03-21
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

    2017-03-31
  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • ピギーポイントってなあに?

    2016-07-01 #ニュース ciaoannacotta の記事
    ピギーポイントってなあに?

    ロモホームに加入した時や、ニュースレターを読んでいるとよく見かける「ピギー」という言葉。ピギーって…ブタのこと?ピギーは確かにブタのことを指しますが、ロモグラフィーのピギーはお買い物ポイントのことを指します!ピギーをゲットする方法は様々。ピギーをゲットしてお得なロモライフをお送りください!

    2016-07-01
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルムビギナーズ必見!あなたにピッタリのフィルムがわかる「Film Dating」

    2017-02-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    フィルムビギナーズ必見!あなたにピッタリのフィルムがわかる「Film Dating」

    みなさん、「Film Dating」をご存知ですか?このツールを使うと、簡単な質問に答えるだけであなたにピッタリのオススメフィルムがわかっちゃいます!

    2017-02-20
  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

    2017-06-02
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30