Lomography Spinner 360° 写真の切り取り方

Lomography Spinner 360° の写真を大きくプリントする為に、ネガのデータを切り取る方法をご紹介します。
このテクニックの手順に従って切り取れば、簡単にプリントできるファイルを用意することができるはず。切り取ったサイズは、どこのラボでもデジカメのデータのようにプリントを依頼できる大きさなので、 プリントをしてもらい、パズルのように組み合わせましょう。あなたのお気に入りのSpinner 360°の写真を、壁に飾れるような特大サイズのすばらしいイメージにすることができます!

大きくプリントするためにLomography Spinner 360° の写真を切り取ろう!

Lomography Spinner 360° の写真を大きくプリントする為に、ネガのデータを切り取る方法をご紹介します。
このテクニックの手順に従って切り取れば、簡単にプリントできるファイルを用意することができます。切り取ったサイズは、データでどこのラボでもデジカメのデータのように依頼できるようになるので、 プリントし、パズルのように並べてみましょう。あなたのお気に入りの Spinner 360° の写真を、壁に飾れるような特大サイズのすばらしいイメージにすることができます!

これからご紹介する方法は、簡単にいうと画像編集ソフトで規格外でプリントできないサイズのデータを、
あなたもよく手にしている、L版、2L版のサイズに写真を切り取ってしまうことで、どこでもプリントできるデジタルデータにしてしまおう!という方法です。


ぱっと見難しそうに感じるかもしれませんが、原理は簡単です。規格のサイズに合わせて写真を何枚かに切り取るだけです。一つ一つのデータをプリントしてつなぎ合わせれば、大きな360°写真の完成です。ぜひお試しください!

方法

1. 準備

精密でシャープなプリントをするために、なるべく大きな解像度でネガをスキャンしたデータを用意します。
1200 dpi 以上の解像度でネガスキャンすることをお勧めします。

また、あなたの Spinner 360° 写真をスライスする前に、あなたが依頼する現像所の、 プリント可能なサイズ を調べておいて下さい。サイズは8.9×12.7cm(L版)や、12.7×17.8cm(2L版)10.2×15.2cm(KG版はがきサイズ)などがあるでしょう。それらの基本のサイズを踏まえて、写真をいくつかのパーツに分ければ、プリントしたいサイズにスライスすることができます。

2. イメージの高さをセット

画像編集ソフトPhotoshopで、ネガスキャンした Spinner 360° 写真のファイルを開いてください。ファイルを開いたら、イメージの高さをセットします。

イメージの高さの設定方法:
1. 「イメージ」メニュー→「画像解像度」を選択。
2. もし、例えばL版にプリントしたい時は、「ドキュメントのサイズ」の高さを8.9cm(89mm)にします。
3. 必ず「縦横比の固定」にチェックを入れ、「画像の再サンプル」のチェックは外してください。そうすれば、ピクセル数が変わりません。

3. 「カンバスサイズ」を固定

次に、「カンバスサイズ」を固定します。

まず、2でドキュメントサイズの高さを設定した時の幅を確認します。その幅を、プリント依頼する予定の横幅(L判であれば12.7cmもしくは127mm)で割ります。そうすれば、何枚プリントが必要かわかります。
プリント枚数がわかったら、その枚数 × プリント予定の横幅サイズ(L判であれば12.7cmもしくは127mm)を計算し、その数値をカンバスサイズの横幅に設定します。

※例えば、 Spinner 360° 写真のドキュメントサイズの幅が37cmでプリント依頼するサイズがL判の場合、
37cm ÷ 12.7cm = 2 余り11.6cm つまり、3枚プリントすれば良いことになります。
3枚 × 12.7cm = 38.1cm となるので、カンバスサイズの幅は38.1cm(381mm)に設定しましょう。

カンバスサイズの設定の方法:
1. 「イメージ」メニュー→「カンバスサイズ」を選択
2. 「変更後のファイルサイズ」の幅に先ほど計算した数字(例だと38.1cmもしくは381mm)を入力。

その際、上記であげた例のように、プリントしたいサイズでは Spinner 360° 写真の横幅を割り切れない場合がほとんどです。ですので、余白の位置を設定する必要があります。

Spinner 360° 写真を中心に左右に余白を設定したい場合は、「基準位置」の9つのマスのうち、中心のマスを選択します。(下の写真の2/4番目)
・プリントされた写真の最後に余白を残したい場合 は、「基準位置」の9つのマスのうち、左端上から2番目のマスを選択します。(下の写真の3/4番目)
・同様に写真の最初に余白を残したい場合 は、右端上から2番目のマスを選択します。
「OK」を押せば、あなたの希望の場所に余白ができているはずです。
余白は、プリントが仕上がった後にカットすれば気になりません。

Spinner 360° の場合、1枚をL版のサイズ(8.9cm)にすると4、5枚のプリントになるでしょう。L版の写真の比率であれば、1 : 1.427であることを覚えておいて下さい。もし、もっと大きくしたい時は、掛け算をして、サイズ設定を変更しましょう。縦2枚、横10枚の写真や縦3枚、横15枚の写真、といったようにスライスすることができます。 どのフォーマットを選んでも問題ありません。あなたが作成した基本のファイルを使うことができます。

4. ガイドをつけて分割する

それでは、プリントを依頼できる状態にするために、実際に Spinner 360° 写真を分割してみましょう。
まず、正確にカットするための「ガイド」を挿入します。 各「ガイド」はイメージを切る部分につけます。 例えば、8.9×12.7cm(L版)のプリントで出す時、最初の「ガイド」は左端から12.7cm(127mm)、次のガイドは左端から25.4cm(254mm)につけます。

ガイドをつける方法:
1. 「ビュー」メニュー→「新規ガイド」を選択。
2. 「方向」は、「垂直方向」ボタンを選択。
3. 「位置」には、L判で印刷する場合「12.7cm(もしくは127mm)」と入力。
4. 「OK」を押せば、Spinner 360° 写真の左端から12.7cm(127mm)の位置に縦のラインが入るはずです。(下の写真の3/3番目)
5. 同様に、2つめの区切りの25.4cm(254mm)の位置にもガイドをつけましょう。
(プリント枚数が4枚以上ある場合も、同様に幅を計算してガイドを設定します。)

5. 新しいファイルに貼りつけて一枚分ごと保存する

それぞれの切り取ったイメージを選択・コピーしてから、新しいファイルを作成し、貼りつけてください。新しいファイルはプリントを依頼する状態のサイズで作成されます!

選択・コピー・新規ファイルの作成方法:
1. 左側のツールバーから、「長方形選択ツール」を選びます。
2. まず左上端から1つめのガイドの部分(プリント1枚目の部分)まで選択します。選択した部分は、四角く点線で囲われます。(下の写真の1/4番目)
3. 選択されている状態で、「編集」メニュー→「コピー」を選択します。これでコピーされます。
4. 「ファイル」メニュー→「新規」を選択します。ファイル名に任意の名前を入力し、「OK」を押します。
5. 真っ白の新しいウィンドウが開いたら、「編集」メニュー→「ペースト」を選択します。(下の写真の2/4番目)
6. 「ファイル」メニュー→「別名で保存」を選択し、任意の場所に保存します。これが1枚目のプリントデータです。
7. 同様に、2枚目以降も選択・コピー・ファイル作成します。(下の写真の3/4番目)

これで、データが作成できました。

6. もっと細かく分割する

6. では、 Spinner 360° の写真をもっとたくさんのプリントに分割したい時、どうすればよいでしょうか。
「ガイド」を加えて切り取り直すだけです。
先程のファイルをさらに分割します。まずは高さから。先ほどの「ガイド」をつける方法を参考に、今度は「水平方向」方向に一本「ガイド」を加えます。位置は、「カンバスサイズ」の高さの半分です。(下の写真の3/6番目)
横方向も同様に先程のガイドの半分の位置に「垂直方向」にガイドを加えます。(下の写真の5/6〜6/6番目)

7. プリントを発注する

切り取り、各ファイルを1つのフォルダにまとめて保存できたら、あなたのお気に入りの現像所やメール発注のプリントサービスに出してください。

8. 組み合わせて完成!

8. 数日待つとプリントされた写真がいよいよ帰ってきます。 プリント写真を整理して、組み合わせる方法を選んでください。
Lomography Fotoclips を使ってロモウォールのようにつなげたり(下の写真)、接着面の付いているパネルに貼りつけて補強したり、壁に張ったりなどの方法があります。
ぜひ他のアイデアも考案してみてください!

このようにすれば、 Lomography Spinner 360° の写真を美しく、現実にプリントすることができます!ぜひお試しください!

2010-06-15 #gear #tutorials #wall-sized #print #large-prints # # #spinner-360 # #360 #cut # #images #tipster #patchwork-pete #spinner #how-to plainjane の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • The Beauty of Black and White

    2015-11-24 lomographymagazine の記事
    The Beauty of Black and White

    『人物をカラーで撮影すると、着ている服を写すことになる。だが人物をモノクロで撮影すると、彼らの魂を写し出すことができる。』 - フォトジャーナリストのTed Grantの有名な言葉です。色がないことで鑑賞者はカラー写真を見るときよりも様々なことを想像します。その結果、写真から雰囲気や空気感を読み取りやすいのです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    2016-02-20 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    DIY一眼レフカメラ Konstruktor を組み立て終えた?それならば次は撮影に移りましょう。この記事でKonstruktorで写真を撮るときに知っていると便利なアイディアを10個、書き出してご紹介します!

  • Spinner 360°: Full View

    2015-09-29 #gear lomographymagazine の記事
    Spinner 360°: Full View

    このカメラはいつだってあなたの旅に付き添う準備ができています!旅行にSpinner 360°を連れて行って、ステキな景色をスーパーパノラマ写真に残しませんか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • 12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-17 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    この季節は写真をたくさん撮影します。クリスマスに年末年始とイベント事が盛りだくさん待ち構えています!そんな季節にアナログカメラでたくさん写真を撮れるようにフィルムを買っておきましょう!本日まで同じフィルムパックを3つご購入で1パック分無料になるキャンペーンを実施中!

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!