★インスタント写真の歴史

2016-09-24

インスタント写真にはとても長い歴史があります。その発祥を簡単に振り返ってみましょう。

Credits: shanti929

1929

アメリカの物理学者エドウィン・ランド博士が偏光フィルタを発明し、それによりカメラレンズの反射がなくなりました。

1940s

3歳の娘の写真を撮った際に「どうしていま見れないの?」と聞かれたことがきっかけで、ランド博士がインスタントカメラの発明に取り掛かりました。
写真製品の研究開発は進歩し、遂にインスタント写真が発明されました。一番最初のインスタント・カメラは1948年に発売されたポラロイド95で、発売後すぐに売切れました。

1950s

ポラロイド社の売上は上がり続け、多くのインスタントカメラのモデル(Model 110、Model 80、Model 700など)やフィルム(31、32、41、42、43など)が発表されました。
1956年までに、売上は100万ドル以上に達しました。

1960s

1963年には最初のインスタント用カラーフィルム( Polacolor )が生まれました。
より若い世代をターゲットとした入手しやすいインスタントカメラである Polaroid Swinger が発売されたのもこの時期です。
2年後には初めてのインスタント証明写真も発明され、パスポート写真サービスのようなビジネスにも役立ちました。

Polaroid 95 and Polaroid Swinger. Photo source: Wikimedia Commons

1970s

ポラロイド社の全盛期。ドライ現像の方法が発明され、フィルムを現像するために光が利用されるようになったのはこの時代です。
1972年にはポラロイド社を象徴する Polaroid SX-70 (折畳み四季一眼インスタント・カメラ)が発売されました。
SX-70はドライ現像を利用した最初のインスタントカメラでもあり、同社が1日に5,000個も生産するほどの人気がありました。
その5年後にはもう一つの象徴的ポラロイドカメラ、 Polaroid OneStep Land がつくられました。
この固定焦点のインスタントカメラは瞬く間にベストセラーになりました。

Polaroid SX-70 and Polaroid OneStep Land. Photo source: Wikimedia Commons

SX-70による写真:

Credits: _for_petes_sake_

1980s

1981年には Polaroid Sun 600Type 600 のカラーフィルムがリリースされました。
翌年にはランド博士はポラロイド社をやめることに決めました。
しかし彼の退任後も、同社はインスタントカメラ製品( Polaroid Spectra システムを含む)を開発し続けました。

一方、同時代にもう一つの会社がインスタントカメラ市場に名乗りを上げました。
富士フイルムは Fotorama という、長方形フォーマットのインスタントカメラを発表しました。

Polaroid Sun 600 and Fujifilm Fotorama. Photo source: Wikimedia Commons

1990s

FujifilmはISO800のカードサイズのカラーフィルムを利用する、Instaxカメラシリーズを開始しました。
1999年には、 Polaroid i-Zone と呼ばれているポケットサイズのインスタントカメラが若者の間で大ヒットとなりました。

Fuji Instaxで撮影された写真:

Credits: 007-0815-stylerkoduckgirl & haleozdemir

Polaroid i-Zoneで撮影された写真:

Credits: okashiimrsbatter & vtayeh

2000s

ポラロイド社がインスタントカメラの製造を中止しました。
2014年には、 Lomo'Instant と呼ばれるLomography初のインスタントカメラが生まれました。
このLomo’Instantは多重露光、長時間露光など、以前のインスタントカメラではできない特別で創造的なオプションやモードを備えています。
さらに、レンズキャップを自撮りや集合写真、長時間露光のためのリモコンとしても利用できる Lomo'Instant Wide もたちまち人気となりました。

Lomo’InstantとLomo’Instant Wideの多様なバリエーション

Lomo'InstantLomo'Instant Wide で撮影された写真

Credits: pietrobersellialmalopearlgirl77graddoppan_dresanamiii & alienmeatsack

2016-09-24 #ニュース #automat lomographymagazine の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    2017-04-11 #culture #places lomographymagazine の記事
    東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    60年代、70年代の東京は戦後の歴史上もっとも成長が著しい時代であったことから、「黄金時代」ともよばれています。今日はそんな輝かしい時代を蘇らせてくれる写真たちをご紹介致します!

  • Lomo'Instant Automatと旅に出よう!

    2017-01-17 #gear lomographymagazine の記事
    Lomo'Instant Automatと旅に出よう!

    Lomo'Instant Automatと一緒に旅に出れば、旅のあいだに出会った人や、食べたもの、初めてみる景色をインスタント写真で残せます!旅日記をインスタント写真でつけてみませんか?

    2017-01-17
  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03 lomographymagazine の記事
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

    2017-10-03
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22
  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:地上の楽園を見つけよう

    2017-04-02 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:地上の楽園を見つけよう

    機能満載のLomo'Instant Automat Glassなら可能性は無限大!あなただけのユニークな美しさを求めて、天地もひっくり返してインスタント写真の新しい時代へ冒険に出かけよう!

  • Lomo'Instant Splitzerを使おう!: クールでシュールなインスタント写真を撮る方法

    2017-02-14 #gear #tutorials shhquiet の記事
    Lomo'Instant Splitzerを使おう!: クールでシュールなインスタント写真を撮る方法

    Lomo'Instant Splitzerを使えば、驚くようなクレイジーなインスタント写真を撮れちゃいます!友達の顔と愛犬の犬を半々にするとどうなるか、想像してみたことはありますか?そんな可笑しなイメージもすぐ作れますよ!今日はその詳しい使い方を大公開します。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:Don't Think, Just Shoot!

    2017-03-26 #ニュース Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:Don't Think, Just Shoot!

    Lomo'Instant Automat Glass のオートモードなら昼も夜も関係ありません!カメラの設定に煩わされることなく、撮りたいと思った瞬間にシャッターを押していつでもどこでもインスタント写真を満喫しよう。

    2017-03-26
  • 【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    2016-11-09 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    直営店スタッフがDiana F+ Lensシリーズをテストしてみました! ドリーミーな写りで有名なDiana F+のレンズは、デジタルカメラに装着するとどのような写真を生み出してくれるのでしょうか? レンズの特徴を活かしたテクニックもあわせてご紹介します!

    2016-11-09 1
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。