Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

2016-10-28

AllionZのメンバーである Andrew Yung は友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、 Petzval 85 で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

名前:Andrew Yung
出身:香港
使用カメラ: Nikon D800
使用レンズ:Petzval 85 Art Lens

まずは簡単に自己紹介をお願いします。

こんにちは。僕はAndrewといって AllionZ という香港の写真クラブのメンバーです。5年間イギリスに留学していたことがあって、それがきっかけでバックパッカーになりました。もう53か国くらい旅をしています。最近ではよく香港やアジアの山の写真を撮影します。日本の富士山、台湾の玉山(Yushan )、ベトナムのFansipanなどに登りました。将来は旅を続けながら、同時に山登りもできたらいいなと考えています。

写真を始めたきっかけはなんですか?

イギリスに留学していた2006年頃、初めて友人とヨーロッパでバックパッカーをしたんです。最初はコンパクトデジタルカメラを持ち歩いていました。自分の写真の構成に自信が持てるようになってから、より本格的な一眼レフカメラにシフトして、写真に力を注ぐようになったんです。

自然を撮影することが好きな理由は?

もともと散歩が好きなんです。イギリスにいた頃は週末や祝日はいつも新しい場所に行っていました。香港では滅多にそんな冒険には出かけませんでした。だけど後になって、香港でも山登りやハイキングをしている時には、イギリスで色んな場所を訪れていたときと同じような感覚になれることに気が付きました。いつも僕がまだ知らない香港の新しい一面に出逢えるんです。実際、どの山のハイキングコースも新しい感情を呼び起こしてくれます。天気や季節が違えばまた異なった印象になります。こういった新鮮さのおかげで、僕はもっと香港を好きになれるんです。

Petzval 85 Art Lens の第一印象はいかがでしたか?

実はポートレートは滅多に撮らないし、85㎜のレンズもあまり使わないんです。しかもマニュアルレンズなんて。だからこれは、僕にとっては大きな挑戦でした。

Petzval 85 Art Lens で気に入っている点は?

目を惹く真鍮のデザインが一番気に入っています。それともちろん、綺麗なぐるぐるボケの効果も!

Petzvalレンズで撮影した紅葉は魔法にかかったような美しさですね。

Petzval 85 Art Lensの魅力を最大限に惹き出すためには、それぞれ適した被写体と背景が必要だと考えたんです。なので、赤く染まった葉っぱを撮影する時には違う色の葉が背景にくるようにしました。ですが、被写体と背景の両方に紅葉を使った写真も予想に反して良い仕上がりになりました。

もう一度Petzvalレンズで撮影するとしたら?

春の桜や、雪で白くなった冬の森など、違う季節を撮影してみたいですね。

Petzvalレンズで撮影するときのアドバイスをお願いします!

Petzval 85 Art Lensで背景のぐるぐるボケ効果をうまく出すためには、決して絞り値を大きくしないことです。マニュアルフォーカスに慣れていない人は、より正確に焦点距離を合わせるためにデジタル一眼レフの液晶ビュー(EVF)を利用するのが良いと思います。

いかがでしたか?Andrew Yungについてより詳しく知りたい方は Instagram もしくは 公式ホームページ もチェックしてみてください!


オーストリア・ウィーンで1840年に誕生した歴史的なPetzvalレンズを復刻し、現代のカメラ仕様に蘇った Petzval 85 Art Lens 。Canon EFマウント&Nikon Fマウント。アナログカメラ、デジタルカメラ共に対応。
シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。特に、独特の渦巻くボケ効果は、写真中央の明瞭な範囲に見る者の注意を強く引きつけ、ポートレート写真に最適です。

ご購入希望の方は今すぐ オンラインショップ もしくは直営店Lomography+ へ!

2016-10-28 #people #review #lens #artlens #petzval #andrewyung Lomography の記事

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

歴史的なデザインと機能を備えた58mmロシア製プレミアムレンズ。ボケ調節リング搭載でペッツバールのぐるぐるボケを7段階でコントロールできます。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    2016-12-20 #people michellymatias の記事
    Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    ブラジルのアーティストであるMisha AssisはロモグラフィーのPetzval 85 Art Lensのエキスパートです。それは彼のロモホームを覗いてみればすぐにわかるでしょう。こちらではMishaにPetzval 85 Art Lensへの想いを熱く語っていただきました!

    2016-12-20
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    2017-02-05 #people shanti929 の記事
    BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    台湾を拠点とする写真家・BlackDog Wuはフルタイムのフォトグラファーでしたが、いまはコーヒーショップのオーナーをしています。いまでも写真を撮るのが大好きな彼は、Lomo'Instant Wideで台湾のストリートショットやポートレートを撮影してくれました!

    2017-02-05
  • Citizenのイギリスツアーを LC-A+が激写!

    2016-12-19 #gear #people Katherine Phipps の記事
    Citizenのイギリスツアーを LC-A+が激写!

    オハイオ州トレド出身のパンクバンドCitizenは、最近イギリスでのツアーライブを行いました。そのツアー中の様子をメンバーのRyland OehlersがLomo LC-A+で撮影してくれました!ツアーという旅を続ける人生とはどのようなものか、Rylandへのインタビューとともにお楽しみください!

    2016-12-19
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Soft Focus Productions × Petzval 85:『In the Mood for Love』@ニューヨーク

    2017-02-20 #gear #ニュース #people lomographynyc の記事
    Soft Focus Productions × Petzval 85:『In the Mood for Love』@ニューヨーク

    イーストコーストの地元カメラマン・Steven Gindlerが『In the Mood For Love』というイベントで、はじめてLomography Petzval 85を使ったフィルムでの撮影体験について語ってくれました!

    2017-02-20
  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

    2017-03-23
  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

    2017-11-01
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 4/17(月) 〜 21(金) 嶋本麻利沙 × fog × 37:写真展示販売&ベッドリネン・パジャマ受注販売イベント開催!

    2017-04-11 trifivy の記事
    4/17(月) 〜 21(金) 嶋本麻利沙 × fog × 37:写真展示販売&ベッドリネン・パジャマ受注販売イベント開催!

    春らしく暖かい陽気になってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?今日は新年度にぜひ足を運んでみたい、Fogのベッドリネンと37のパジャマ受注イベントのご案内です。当日は写真家・嶋本麻利沙氏にLC-A+ で撮影頂いた作品も展示されるそうです!

    2017-04-11
  • 2017年、新年の抱負は?

    2017-01-05 #ニュース Lomography の記事
    2017年、新年の抱負は?

    2017年は残り360日。今年をすばらしい年にするためには、まず新年の抱負を決めるところから始めましょう!それに、いい写真はハッピーな日々から生まれるものです。2017年のベストショットを撮るためのアイディアや、充実した年にするためのポイントをご紹介します。

    2017-01-05
  • ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    2017-01-02 #culture #people breaking_the_skys の記事
    ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    SNSと密接に結びついたデザイン芸術、織物、そして写真をすべて融合させたら何が起こるでしょう?それは魔法のような出来事です。少なくとも、Rita Cordeiroはそう呼びます。今日は彼女のInstagramから、個人的もしくはブランドのために撮影された美しい写真たちをご紹介いたします!

    2017-01-02