Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

AllionZのメンバーである Andrew Yung は友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、 Petzval 85 で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

名前:Andrew Yung
出身:香港
使用カメラ: Nikon D800
使用レンズ:Petzval 85 Art Lens

まずは簡単に自己紹介をお願いします。

こんにちは。僕はAndrewといって AllionZ という香港の写真クラブのメンバーです。5年間イギリスに留学していたことがあって、それがきっかけでバックパッカーになりました。もう53か国くらい旅をしています。最近ではよく香港やアジアの山の写真を撮影します。日本の富士山、台湾の玉山(Yushan )、ベトナムのFansipanなどに登りました。将来は旅を続けながら、同時に山登りもできたらいいなと考えています。

写真を始めたきっかけはなんですか?

イギリスに留学していた2006年頃、初めて友人とヨーロッパでバックパッカーをしたんです。最初はコンパクトデジタルカメラを持ち歩いていました。自分の写真の構成に自信が持てるようになってから、より本格的な一眼レフカメラにシフトして、写真に力を注ぐようになったんです。

自然を撮影することが好きな理由は?

もともと散歩が好きなんです。イギリスにいた頃は週末や祝日はいつも新しい場所に行っていました。香港では滅多にそんな冒険には出かけませんでした。だけど後になって、香港でも山登りやハイキングをしている時には、イギリスで色んな場所を訪れていたときと同じような感覚になれることに気が付きました。いつも僕がまだ知らない香港の新しい一面に出逢えるんです。実際、どの山のハイキングコースも新しい感情を呼び起こしてくれます。天気や季節が違えばまた異なった印象になります。こういった新鮮さのおかげで、僕はもっと香港を好きになれるんです。

Petzval 85 Art Lens の第一印象はいかがでしたか?

実はポートレートは滅多に撮らないし、85㎜のレンズもあまり使わないんです。しかもマニュアルレンズなんて。だからこれは、僕にとっては大きな挑戦でした。

Petzval 85 Art Lens で気に入っている点は?

目を惹く真鍮のデザインが一番気に入っています。それともちろん、綺麗なぐるぐるボケの効果も!

Petzvalレンズで撮影した紅葉は魔法にかかったような美しさですね。

Petzval 85 Art Lensの魅力を最大限に惹き出すためには、それぞれ適した被写体と背景が必要だと考えたんです。なので、赤く染まった葉っぱを撮影する時には違う色の葉が背景にくるようにしました。ですが、被写体と背景の両方に紅葉を使った写真も予想に反して良い仕上がりになりました。

もう一度Petzvalレンズで撮影するとしたら?

春の桜や、雪で白くなった冬の森など、違う季節を撮影してみたいですね。

Petzvalレンズで撮影するときのアドバイスをお願いします!

Petzval 85 Art Lensで背景のぐるぐるボケ効果をうまく出すためには、決して絞り値を大きくしないことです。マニュアルフォーカスに慣れていない人は、より正確に焦点距離を合わせるためにデジタル一眼レフの液晶ビュー(EVF)を利用するのが良いと思います。

いかがでしたか?Andrew Yungについてより詳しく知りたい方は Instagram もしくは 公式ホームページ もチェックしてみてください!


オーストリア・ウィーンで1840年に誕生した歴史的なPetzvalレンズを復刻し、現代のカメラ仕様に蘇った Petzval 85 Art Lens 。Canon EFマウント&Nikon Fマウント。アナログカメラ、デジタルカメラ共に対応。
シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。特に、独特の渦巻くボケ効果は、写真中央の明瞭な範囲に見る者の注意を強く引きつけ、ポートレート写真に最適です。

ご購入希望の方は今すぐ オンラインショップ もしくは直営店Lomography+ へ!

2016-10-28 #people #review #lens #artlens #petzval #andrewyung

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

歴史的なデザインと機能を備えた58mmロシア製プレミアムレンズ。ボケ調節リング搭載でペッツバールのぐるぐるボケを7段階でコントロールできます。

クラウドファンディング実施中!

60年代に伝説的な人気を誇ったアナログカメラ Diana。2018年、正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!Diana Instant Squareのクラウドファンディングプロジェクトは7/25(水) 23:59まで MotionGalleryにて実施中!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんな Dianaの写りを、撮ってすぐに楽しめる一台!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 詩的な東京旅行:Franz Navarrete

    2018-02-03 #gear #people crissyrobles の記事
    詩的な東京旅行:Franz Navarrete

    シンガポールを拠点として活動する Franz Navarrete は、先日 Simple Use Film Camera Black and White を持って東京を訪れました。白黒フィルムで写す雨の東京は、私たちがいつも見ている騒がしい東京とは少し違うようです。

  • 2017年のトレンド写真【インターナショナル版】

    2018-01-07 #ニュース
    2017年のトレンド写真【インターナショナル版】

    先日、 日本版の2017年ロモホーム大賞 を発表しましたが、世界ではどんな写真がロモホームに投稿されたのでしょう?様々な国のロモグラファーが昨年撮影したベストショットを覗いてみましょう。

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    2017-08-03 #places Ivana Džamić の記事
    キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    若き写真家 Enzo Iriarteはまだまだ成長中。今回キューバを訪れた Enzoは、ビビッドな街並みと夏の太陽がまぶしい作品を撮影しました。夏服を着て思わずビーチへと行きたくなるようなショットをご覧ください!

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。