Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

ニューヨークの喧騒の裏側には、怖い話や都市伝説といった奇妙な噂が常にあります。フォトグラファーのKealan Shillingとその友人たちは冒険を求めて、大胆にも 「地獄の門」 と呼ばれる場所まで旅に出たようです。

ロモグラフィーでは勇気あるKealan Shillingへのインタビューを行いました!
ニューヨークの「地獄の門」の正体とは?またそこで彼らのカメラが写した景色は、いったいどんなものになったのでしょうか?

こんにちは、Kealan!まず最初に「地獄の門」へ冒険に出たきっかけを教えていただけますか?

僕らはクールな体験ができそうな場所を探してたんだ。Burtonがいくつか案をあげてくれたんだけど、ニューヨークの「地獄の門」が一番ワイルドで魅力的だったんだよ。

あなたが興味を惹かれたのは「地獄の門」のどんなところでしょうか?

「地獄の門」は排水溝をつなぐトンネルで、地下深くまで続いて地獄までつながっていると言われているんだ。歴史を調べてみると本当に面白いよ。酒類が禁止されていた時代には、このトンネルは密輸のルートとして使われていたんだ。それに、オカルトや悪魔崇拝の儀式にも使われていたんだよ。

「地獄の門」については他にも様々な噂や都市伝説があるようですが、あなたは信じますか?

実は僕も「地獄の門」で幻覚をみたんだ。嘘じゃないよ。そういう話を聞いてから暗いトンネルのなかに入っていくと、誰だって不安になるはずだよ。それでもトンネルに入るときにあんまり怖くなかったのは、その日は陽気な良い天気で、友達もみんな明るい奴らだったからかな。

実際にみる「地獄の門」の印象はいかがでしたか?

インターネットでみた写真よりもずっとクールだったよ。正面玄関の近くはゾッとするほど不気味だったね。ほかのトンネルには水が通ってるんだけど、正面玄関だけは乾ききっているんだ。周辺には奇妙な静けさが漂っていて、トンネルからは冷たい風が吹いてきてた。そのなかを覗いて下まで降りていこうなんて、本当に気味が悪かったね。

一番面白かったことはなんですか?

一番印象的だったのは、トンネルのなかで人のような幻覚をみたことだね。一番楽しかったのは、午後の日差しの中でトンネルの外に座りながら仲間たちとビールを飲んで語り合ったことだよ。そういう休息はどこに行っても良いものだよね。

辿り着くまでに大変なことはありましたか?

まず、そこを見つけなくちゃいけなかったし、それから木の葉や藪で覆われた丘を下って行かなきゃならないんだ。トンネルに辿り着いたら、今度は水が流れてて滑りやすいなかを歩かされたよ。みんな一度や二度は滑って水に落ちそうになってた。大変だろう?

写真を撮るのも大変でしたか?

いいや、トンネルのなかでの撮影のためにフラッシュがあれば大丈夫だったよ。でも、車を停める場所には気をつけなくちゃいけないね。もし見つかったら不法侵入になっちゃうから。

お気に入りの写真はどれですか?

難しいな…いい写真がたくさん撮れたから。素晴らしい仲間のおかげで、最高の瞬間が撮れたんだ。

この場所は改装されるべきだと思いますか?理由もお聞かせください。

改装なんてとんでもない!同じような素晴らしい場所がいくつも改装されたり、取り壊されたり、改造されたり、閉鎖されてしまってる。最近では、少年の心に戻ってわくわくするような探検をできる場所は珍しいんだ。

まだあまり知られていませんが「地獄の門」はニューヨークのユニークなランドマークとして広まりつつあります。あなたの写真はこの場所を文化遺産として広めることに役立つと思いますか?また、この場所は文化遺産として認められるべきだと思いますか?

わからないな。確かに歴史の一部ではあるけど認められるようなタイプのものではないし、現状では安全に見物に行けるような場所じゃないからね。それに観光客のために整備されてしまったら、あの場所のミステリアスな魅力は失われてしまうだろうし、建物そのものも変わってしまうと思うよ。僕はこのままのほうがいいな。こういう場所をもっとたくさんの人に広めたい気持ちもあるけど、あまり人目に触れさせずに秘密にしておいたほうがいいとも思うから難しいね。

最後に今後の予定があれば教えてください。次の作品のために行こうとしてる場所はありますか?

ちょうど国の南のほうをドライブして、面白い冒険をしてきたところなんだ。そのなかのいくつかは Monster Children のホームページで発表する予定だよ。僕のブログ TwoDragsOfLife.com をみてもらえれば、旅の記録が全部載ってるよ。最後に、読んでくれてどうも有難う!


Kealan Shillingについてもっと知りたい方は ホームページInstagram もチェックしてみてくださいね!
※画像はすべて許可を得て掲載しています。

2016-11-16 #places Ciel Hernandez の記事

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • 柔らかい色とベトナムでの生活:vunhat.anのフィルム写真日記

    2018-01-10 #culture #people crissyrobles の記事
    柔らかい色とベトナムでの生活:vunhat.anのフィルム写真日記

    柔らかい色や日差し、日焼けた肌、ざらついたフィルムの質感の向こう側に、旅行では覗くことのできないベトナムを垣間見ることができます。

  • LomoAmigo Danielle Holbert:物語を写し出すポートレート

    2017-03-05 #gear #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    LomoAmigo Danielle Holbert:物語を写し出すポートレート

    ナッシュビルの写真家・Danielle Holbertはクリエイティブな友人たちを通じて知り合った、ミュージシャンのポートレートを専門としています。被写体のもっとも美しい本質を映し出すために協力する点で、Holbertにとってはどの作品もアーティストと被写体のコラボ作品であると語ります。

    2017-03-05
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear lomographysoholondon の記事
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

    2017-06-22
  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    2018-02-19 1
  • Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    2017-03-24 #people Ciel Hernandez の記事
    Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    私たちはまだ見ぬ美しさを求めてどこまでも旅を続けています。未知なるもののためには海を越え山を越え国境さえも越えていきます。写真家のMaxime Simocelliにとって森は驚きと神秘を発見できる場所のようです。

    2017-03-24
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

    2017-03-23
  • Simple Use Film Camera × フリーペーパー専門店「ONLY FREE PAPER」オーナー 松江健介

    2017-05-21 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × フリーペーパー専門店「ONLY FREE PAPER」オーナー 松江健介

    フリーペーパーの多様性に魅了され、また「紙」という文化の素晴らしさを伝えるため、フリーペーパー・フリーマガジン専門店『ONLY FREE PAPER』を創業した松江 健介さん。メタルバンドではボーカルも務めている彼が Simple Use Film Cameraで写す日常とは?

    2017-05-21
  • LomoAmigo:Müge YıldızがLomoKinoで撮影した映画 『Life is Flux』

    2017-03-02 #people #ビデオ nural の記事
    LomoAmigo:Müge YıldızがLomoKinoで撮影した映画 『Life is Flux』

    アーティストであり映画監督のMüge Yildizの作品は世界各地で上映されています。今回はロモグラフィーのLomoKinoを使った作品を制作した彼女に、プロジェクトとLomoKinoでの体験についてインタビュー を行いました!

    2017-03-02
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    2017-03-07 #people lomographysoholondon の記事
    David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    熱心なフォトグラファーでありアナログ愛好家であるDavid Scardは、プリピチャ、チェルノブイリへの旅行にDiana F+を連れていきました。Davidは悲惨な歴史によって有名な街を、美しくも忘れがたい風景に収めました。その貴重な体験について伺ったインタビューとともにご覧ください!

    2017-03-07
  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14