[レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

2016-12-05

Lomo'Instant Automat が手元に届くのが待ちきれない方!フィルムの準備はもうOKでしょうか?まだ用意していないという方は、カラーフィルムもいいですが、 Fujifilm Instax Mini Monochrome で白黒インスタント写真に挑戦してみませんか?
今回は、直営店スタッフが話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、実験してみました!
通常のモノクロフィルムと同様に、カラーフィルター効果は得られるのでしょうか!?早速、結果をみてみましょう!

こんにちは、直営店スタッフの sikakuipanda です。
今回は、話題のモノクロチェキフィルム「 Instax Mini Monochrome 」とカラーフィルターを使って写りにどんな変化が起こるのか試してきました!

ところで、なんでモノクロ写真にカラーフィルター?って思ったそこのあなた!
一般的なモノクロフィルムではカラーフィルターを使うことで劇的な変化を起こすことができるんですよ!
たとえば、普通に撮るよりもコントラストをはっきりさせたり、特定の色にコントラストをつけてポートレイトを素敵にしたり、モノクロ写真こそカラーフィルターで劇的変化をつけることができちゃうんです。
(モノクロフィルムとカラーフィルターの関係をより詳しく知りたい方は こちらの過去記事 もご覧ください。)

では、本題に入ってみましょう!
まずは、使ったカメラとアイテムを説明します。


仕様機材はこんな感じで…

カメラは
Lomo'Instant Automat
【世界で最もスマートなインスタントカメラ】気軽にインスタント写真が楽しめるシャッタースピード、絞り、そしてフラッシュを自動的にON/OFF調節してくれる手の平サイズのインスタントカメラ!昼夜どんな状況でも、最適な露出でクリエイティブでアートのような傑作を撮ることができる素敵なカメラです。

アクセサリーは
・黄色フィルター(Y2)、オレンジフィルター(O2)、赤色フィルター(R1)
モノクロ写真のコントラストをフィルム以外で調整する便利なアイテム。黄色→オレンジ→赤色の順でコントラストが強くなっていきます。
今回はメーカーを揃えられずバラバラになってしまいましたが、性能が違うこともあるのでできれば揃えた方がいいようですよ。

・緑色フィルター(PO1)
緑色は赤色にコントラストをつけることで人の肌などにも程よくコントラストがつくので、モノクロポートレートの際によく使われます。
他に、黄緑色もありますが今回は入手できなかったので緑色のみ実験しました。

・ステップアップリング(43mm→49mm)
Lomo’Instant Automatのレンズフィルター径は43mmですが同径のフィルターを入手しづらかったので、ステップアップリングを使って安価で入手しやすいフィルターサイズに変換しました。

それでは早速実験の結果を見てみましょう。
期待通りの効果は得られているでしょうか!?


実験結果はこちら!

黄色フィルターから、比較してみていきましょう。
ちなみに撮影状況は全て屋外の晴天順光での撮影です!

黄色フィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:黄色フィルター(Y1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

うっすらと違いが出ましたね!
なんとなく、コントラストが強くなった気がしませんか?
後ろの木もフィルター無しと比較するとより浮き立ってみえます。


オレンジフィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:オレンジフィルター(O2)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

なかなか違いが出てきましたね。
コントラストの強いパキッとした印象になりました。ただ光量不足が目立ってきましたね…。


赤色フィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:赤色フィルター(R1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

フィルター有りと無しでは一目瞭然の結果に!ですが、全体的にべちゃっとした印象に…。
原因としては盛大に起きてしまった光量不足も考えられますが、
赤色フィルターを使う際には少し気をつけないといけないようです。


緑色フィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:緑色フィルター(PO1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

これはなかなかいい感じですね!程よく写真にメリハリが出てパリッとした印象に!
肌の感じもピシッと決まってみえます。緑色おそるべし!


その他の作例もどうぞご覧ください。

左から:

  • 黄色フィルター(Y1)、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
  • フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
  • 緑色フィルター(PO1)、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
  • 黄色フィルター(Y1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

みなさん今回の実験は如何だったでしょうか?
インスタントフィルムでもしっかりとカラーフィルターを使うことで効果を得ることができましたね!ただ、レンズフィルターを装着すると若干緑っぽい写りになってしまう様です…何か解消するためのアイデアをお持ちのモノクロマスターなロモグラファーの方がおりましたら、是非コメント欄にアイデアをお願いします!

また、今回はレンズフィルターを使って試しましたが、ロモグラフィーのカメラでお馴染みのカラーフラッシュ用フィルターを下の写真の様にレンズ前につけることでも同じ様な効果が得られます!みなさんもレッツチャレンジ!

それと最後に大事なヒントを!色の濃いフィルターを使うときは、カメラ前面の露出を計っているところ(ロモグラフィーのインスタントカメラではフラッシュの横にある黒い小さな穴が該当)にもフィルターと同じ色を被せてください。そうしないと露光不足になってしまい、今回の実験の様にアンダーめの写真になってしまうので皆さんは気をつけて!

2016-12-05 #gear #culture #ニュース #monochrome #instax #b-w #lia #lomoinstantautomat sikakuipanda の記事

他の記事を読む

  • 【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    2016-11-09 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    直営店スタッフがDiana F+ Lensシリーズをテストしてみました! ドリーミーな写りで有名なDiana F+のレンズは、デジタルカメラに装着するとどのような写真を生み出してくれるのでしょうか? レンズの特徴を活かしたテクニックもあわせてご紹介します!

    2016-11-09 1
  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    2017-06-03 #gear lomographygallerystorehk の記事
    待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    先日、新バージョンの販売をスタートしたLomoChrome Purple Filmですが「結局旧バージョンとどのくらい違うの??」と気になっている方も多いのではないでしょうか?今日はロモグラファー@arthursopticがLomoChrome Purple Filmの新旧バージョンを徹底的に比較してくれました!

  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノーボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 4/17(月) 〜 21(金) 嶋本麻利沙 × fog × 37:写真展示販売&ベッドリネン・パジャマ受注販売イベント開催!

    2017-04-11 trifivy の記事
    4/17(月) 〜 21(金) 嶋本麻利沙 × fog × 37:写真展示販売&ベッドリネン・パジャマ受注販売イベント開催!

    春らしく暖かい陽気になってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?今日は新年度にぜひ足を運んでみたい、Fogのベッドリネンと37のパジャマ受注イベントのご案内です。当日は写真家・嶋本麻利沙氏にLC-A+ で撮影頂いた作品も展示されるそうです!

  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

    2016-11-16
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事
    CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

    2017-03-16
  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    2017-06-01 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『とっておきの場所』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ロモグラファーによるクラシックなモノクロストリート写真

    2017-04-14 #tutorials lomographymagazine の記事
    ロモグラファーによるクラシックなモノクロストリート写真

    この春はどんな風景もクラシックでレトロな雰囲気に写してくれるモノクロフィルム挑戦してみませんか?ロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた作品から、モノクロ写真のヒントを学んでみましょう!