Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

2016-12-01

子供の頃に屋根裏部屋や古い箪笥をこっそり覗いて、祖母や曾祖父、もしかしたら先祖の古い家族の写真を見つけた人もいるのではないでしょうか?その古い写真のなかには、不気味だったり不思議な白黒写真もあったかもしれません。

そんな写真を見て、純粋で好奇心旺盛な子供達は「これは心霊写真に違いない」と語り合うでしょう。面白がって、まるでそれが本物の幽霊であるかのように語り継いでいきます。その「心霊写真」にトリックがあるとも知らずに。

幽霊の存在を否定してガッカリさせようとしているのではありません。ただ「心霊写真」と呼ばれる写真はその昔、William Mumlerという名の男性によって実際にビジネスとして始められたものだったのです。

An image of Moses A. Dow, Editor of Waverley Magazine, with the spirit of Mabel Warren. from Wikimedia Commons

心霊写真とその歴史

19世紀後期、まだ写真は発明されたばかりで写真家の多くは立体写真と二重露光による実験撮影を行っていました。そのなかには、この技術を利益のために利用することを思いついた者もいます。「心霊写真」の先駆者といわれる、アメリカの写真家 William Mumler もその一人です。彼は有名な人や他界した親族の幻影を写すポートレートを撮影しました。肉眼では見ることのできない「霊魂」をカメラ(とりわけ「彼」のカメラ)なら写すことができると語り、お客さんを説得したようです。

彼のもっとも有名な写真の一つがこちらのAbraham Lincolnの「幽霊」と、その妻・Mary Todd Lincolnのポートレートです。

Picture of the ghost of Abraham Lincoln with Mary Lincoln by William H. Mumler from Wikimedia Commons

南北戦争により多くの命が失われた当時のアメリカでは、超自然的なものでも今は亡き愛する人と繋がる方法を誰もが探し求めていました。そのため、「心霊写真」はビジネスとしてブームを起こしたのです。 BBC はこのように言及しています。

Mumlerの死人(主に親族)をフィルムに写す撮影方法は瞬く間に人気となった。はじめ専門家たちはMumlerの心霊写真のトリックを見破ることができなかった。それがアマチュア写真家をプロに変貌させてしまったのだ。南北戦争で亡くなった多くの命と、愛する人たちとどうにか繋がりたいと願う強い想いを利用した、金儲けのためのビジネスによって。

当然、Mumlerのプロとしての技術にはすぐに批判の声が挙がるようになりました。彼はその後、Abraham LincolnとP.T. Barnumを写した心霊写真について詐欺罪で訴えられています。BarnumがMumlerに不利な証言をしたことにより、「心霊写真」の先駆者は失脚していったのです。

現代における「心霊写真」とはなにか?

現代では写真はずっと身近な技術になり、その仕組みも今では常識と呼べるほどに浸透しました。本気で「心霊写真」を信じている人も少なくなってしまったでしょう。それでも、信じる人々にとって心霊写真はどのような意味を持つのでしょうか?

from Wikimedia Commons

子供の頃のことを思い返してみてください。空想の物語やキャラクターを作って遊んだことはありませんか?想像力はどこまでも自由で、好きなように何でも本当だと信じることができました。大人になると目に見えるものしか信じられなくなり、空想することはできなくなります。

そしてもう昔のように「心霊写真」を本物だと一緒に騒ぎたてる仲間はおらず、それらは撮影方法による「なにかの間違い」や「偽造」、「偶然」と一蹴されてしまいます。しかし一方で、心霊写真にはMumlerすら重要視していなかったであろう、価値がありました。それは、写真を見た人の想像力を呼び覚ます力でした。

Mumlerは、人間はその生死に関わらず大切な誰かと常に繋がっていたいと願う性質があると気が付きました。もしも「心霊写真」を見つけたら、被写体と撮影者のストーリー、もしくはあなたと「心霊写真」とのストーリーに思いを馳せてみてはいかがでしょう?


あなたは心霊写真をどう考えますか?撮影や現像のときの誤操作、芸術家が創作した偽物、それとも…??コメント欄であなたの意見をきかせてください!

※掲載画像はパブリックドメインからの引用です。

2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Guillaume Gaubert:女性の美しさを捉えたポートレート (NSFW)

    2017-01-22 #people Ivana Džamić の記事
    Guillaume Gaubert:女性の美しさを捉えたポートレート (NSFW)

    フランス人の写真家Guillaume Gaubertの得意なことは、美しいものを見つけること。数年前に写真撮影に興味を持つようになり、その後本格的に写真の世界へ入ることを決めました。現在は主に女性のポートレートを撮影していて、それが彼にとっての永遠のインスピレーションの源だと語ります。

    2017-01-22
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • カラフルなビンテージ写真:1980年代の東京

    2016-11-05 #culture #places lomographymagazine の記事
    カラフルなビンテージ写真:1980年代の東京

    1980年代の東京ではすでにカラーフィルムが主流となり、色とりどりのポップな写真が溢れていました。こちらではそんな輝かしいビンテージ時代のカラフルな写真たちをご紹介いたします。

    2016-11-05
  • 東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    2017-04-11 #culture #places lomographymagazine の記事
    東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    60年代、70年代の東京は戦後の歴史上もっとも成長が著しい時代であったことから、「黄金時代」ともよばれています。今日はそんな輝かしい時代を蘇らせてくれる写真たちをご紹介致します!

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《特別企画》 写真家 ハービー・山口氏と行く Lomography LC-A+撮影会

    2017-01-12 choko3 の記事
    《特別企画》 写真家 ハービー・山口氏と行く Lomography LC-A+撮影会

    写真家ハービー・山口氏を特別にむかえLomography を代表するフィルムコンパクトカメラ、LC-A+を使用した撮影会が1月22日(日)に代官山 北村写真機店で開催されます!撮影会後には、なんとハービー・山口氏が皆様が撮影した写真の中から各一枚を選定し、特別なファインアート紙にプリント!現在代官山 北村写真機店にて開催中のLomography Art Lensフェアの会場にて展示されます。さらにさらに、その中からハービー・山口賞も!このスペシャルな機会をお見逃しなく!

    2017-01-12
  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear lomographymagazine の記事
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • あなたの「インスタント写真」の写真をシェアしよう!:Lomo’Instant Wide

    2016-12-04 #tutorials #ビデオ Lomography の記事
    あなたの「インスタント写真」の写真をシェアしよう!:Lomo’Instant Wide

    Lomo'Instant Wideでベストショットが撮れたら、もちろん誰かに自慢したくなりますよね。そんなときは「インスタント写真」の写真を撮ってシェアしましょう!ここでは様々なインスタント写真の見せ方をご紹介します。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    2017-03-02 #tutorials lomographymagazine の記事
    光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    夜の写真をカラフルでエキサイティングなものにしてみたくありませんか?ライトペインティングに挑戦してみましょう!必要なのはライティング道具とカメラを固定する場所(三脚があれば◎)、それにバルブモードのあるカメラだけ。今すぐ光の絵画を始めよう!

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

    2017-08-21
  • ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    2017-01-02 #culture #people breaking_the_skys の記事
    ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    SNSと密接に結びついたデザイン芸術、織物、そして写真をすべて融合させたら何が起こるでしょう?それは魔法のような出来事です。少なくとも、Rita Cordeiroはそう呼びます。今日は彼女のInstagramから、個人的もしくはブランドのために撮影された美しい写真たちをご紹介いたします!