Citizenのイギリスツアーを LC-A+が激写!

2009年以来、ツアーで一緒にいることにより Citizen のメンバーには強い絆が生まれました。近年、このバンドはツアーでアメリカ中を横断しながら、自分たちの好きな音楽をやりながら三大陸を跨いで旅を続けています。ロモグラフィーではこのバンドのギタリストであるRyland Oehlersに Lomo LC-A+ を渡し、Citizenのイギリスツアーの様子を撮影していただきました!

ここではRylandがLomo LC-A+で撮影してくれた、ツアー中の旅行風景と個性的なバンドメンバーたちの写真をご紹介致します。

ツアーをしていると、一つの場所に留まっていることは少ないですよね。常に移動を続けていることについてどう思われますか?

本当にありがたい経験だと思うよ。自分のバンドはアメリカや他の国々をツアーで回れるくらい知名度があると実感できるし、音楽という自分の好きなことをできるしね。バンドをやっていなければ、こんなに世界のいろんな国をみることはできなかっただろうな。だから本当に素晴らしい経験だと感じてるよ。

今回のツアーはイギリスでしたね。国によって観客に違いはありましたか?

大きな違いがあったとは思わないな。ファッションは多少違っていたし、アメリカ国内ほどバンドの知名度はなかったけど、沢山のお客さんが来てくれたしアメリカと同じくらい良い反応を返してくれたよ。

ヨーロッパで気に入ったところはありますか?

ツアー中は素敵なものにたくさん出逢ったよ。カーディフ城は本当に素晴らしいね。イギリスで初めてみたお城だったんだ。ストーンヘンジにも初めて行ったよ。それに、ナンドスのピリピリチキンでもシャウトしたんだよ!

バンドメンバーとは2009年以来の付き合いかと思いますが、写真をみるととても仲がよさそうですね。自分たちだけでツアーを続けるなかで関係の変化はありましたか?

基本的には同じ4人と24時間ずっと何週間も、時には何か月も一緒にいるので、互いのことをよく知るようになったよ。それは素晴らしいことで、彼らは今では他の誰とも違う親友だよ。僕らは特別なチームなんだ。

ツアーに出るとたくさんの場所やものに出逢うかと思います。まだ行ったことの無い場所で行ってみたい場所はありますか?

年内には日本で初めての公演を予定してるんだ。それに、日本は僕がずっと行きたかった場所なんだよ。それにハワイでもショーをやって、そのあと景色を満喫するために何日間か滞在する予定なんだ。素晴らしい旅行になるはずだよ。

普段はツアー中どのくらい写真を撮りますか?LC-A+によって写真の撮り方に変化はありましたか?

写真はたくさん撮ろうとしてるけど、まだまだ足りないと思うこともあるよ。LC-A+を受け取ったとき、撮れるだけたくさんの写真を撮ろうと自分に言い聞かせてそれを実行したんだ。このカメラはシンプルで簡単に撮影できるから、その点で僕の写真の撮り方を変えてくれたよ。自分で設定しなくちゃいけないのはフォーカスと多重露光だけだね。だから、なんでもすぐに撮りたいように撮れるんだ。僕にとってフィルムは、イメージじゃなくて瞬間そのものを写し取ってくれるものだよ。そして、LC-A+はその瞬間を美しく残してくれるんだ。

あなたのショーではステージを写真に撮っている観客もいますよね。音楽と写真の結びつきについてどう考えますか?

音楽と写真は興味深く結びついていると思うな。観客は彼らが聴いているものを観たいと思うし、バンドは彼らの音楽の一部となるビジュアル表現や、彼らがどう見られたいかを示すために写真を使うんだ。写真の果たす役割の大きさを表した良い例がNirvanaの『Nevermind』だよ。Nirvanaを知らない人でも『Nevermind』のカバー写真を見たらわかるはずだよ。それが音楽でも写真が重要な理由だよ。


あなたも写真を撮ってみたくなりましたか?Lomo LC-A+は オンラインストア もしくは 直営店 にて大好評販売中です!

Citizen がいま世界のどこを旅しているのか知るためには 彼らのホームページ もしくは FacebookInstagramTwitter などのSNSもチェックしてみてください!

Photographs by Ryland Oehlers

2016-12-19 #gear #people Katherine Phipps の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

クラウドファンディング実施中!

60年代に伝説的な人気を誇ったアナログカメラ Diana。2018年、正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!Diana Instant Squareのクラウドファンディングプロジェクトは7/25(水) 23:59まで MotionGalleryにて実施中!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんな Dianaの写りを、撮ってすぐに楽しめる一台!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • PJ Harvey: ツアー舞台裏を LC-A+が激写!

    2017-09-08 #ニュース #people
    PJ Harvey: ツアー舞台裏を LC-A+が激写!

    イギリスのミュージシャン PJ Harvey はロモグラフィーの LC-A+ を持ってアジアとオーストラリアにツアーへと向かいました。今回、来日公演も開催した彼女は、日本の風景やステージ裏を激写!LC-A+で切り取った PJ Harveyの世界をご覧あれ。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 【動画】Lomo'Instant Square試作品が到着!

    2017-09-12 refallinsasaki の記事
    【動画】Lomo'Instant Square試作品が到着!

    日本に届いた Lomo'Instant Square の試作品をスタッフが Facebook Liveでご紹介しました。たくさんの方々に動画をご覧いただき、また応援メッセージをいただき、とても楽しいライブ配信となりました!

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!