[Special Event] ハービー・山口氏がLOMO Minitar-1 レンズで撮る!

2016-12-05
(c) Herbie Yamaguchi

『Don't be such a square ~もっと自由に...!~』
写真展

"Don't be such a square" - 日本語に直訳すると "四角くなるな"と言う意味ですが、"いい子になるな"や"型にはまるな"などの言葉に置き換えることができます。しかし、今回ハービー氏は"もっと自由に...!"というサブタイトルを付けました。写真家として今も進化し続け、色々な想いを伝え続けるハービー氏。はみ出し者だからこそ表現できる型にはまらない面白さ、個性を、なんと Lomography Minitar-1 レンズ を使って撮影いただきました。この写真展はそんなハービー氏の想いが詰まった展示となっています。

  • 使用レンズ: Lomography Minitar-1レンズ
  • 場所: 代官山 北村写真機店
  • 日時: 2016年12月13日(火)~2017年1月9日(月)
  • 営業時間: 10:00 - 22:00  ※年末年始は営業時間が変更する場合がございますので、直接ご連絡ください。
(c) Herbie Yamaguchi

"Don't be such a square" スペシャル トークショー

今回は特別に展示を記念して、トークショーを"Don't be such a square"をテーマに写真家になったきっかけや、今回の写真展に対しての想いを伺います。

  • 日時:2016年12月16日(金) 20:00 - 21:00
  • 定員: 30名
  • 料金: 1,000円
  • 受付方法:
      - お電話 03-5728-3958
      - メール 3822_Kitamura@mgw.kitamura.co.jp
      - 店頭にて受付

当日は皆さまのご来場をお待ちしています!

(c) Herbie Yamaguchi

ハービー・山口
1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。

Website: http://herbie-yamaguchi.com/
Twitter: herbieyamaguchi

協力企業: イルフォード・ジャパン株式会社

2016-12-05 #ニュース #people choko3 の記事

Lomo LC-A MINITAR-1 Art Lens

Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens (2.8/32M)はLC-Aの優れた職人魂を受け継いだ、LC-Aの神髄とも言えるアートレンズ。LC-Aカメラが可能にしたロモグラフィー10ゴールデンルールに則った撮影スタイルを、他のアナログ/デジタルカメラでお楽しみいただけます。

コメントはまだありません

他の記事を読む