[Special Event] ハービー・山口氏がLOMO Minitar-1 レンズで撮る!

(c) Herbie Yamaguchi

『Don't be such a square ~もっと自由に...!~』
写真展

"Don't be such a square" - 日本語に直訳すると "四角くなるな"と言う意味ですが、"いい子になるな"や"型にはまるな"などの言葉に置き換えることができます。しかし、今回ハービー氏は"もっと自由に...!"というサブタイトルを付けました。写真家として今も進化し続け、色々な想いを伝え続けるハービー氏。はみ出し者だからこそ表現できる型にはまらない面白さ、個性を、なんと Lomography Minitar-1 レンズ を使って撮影いただきました。この写真展はそんなハービー氏の想いが詰まった展示となっています。

  • 使用レンズ: Lomography Minitar-1レンズ
  • 場所: 代官山 北村写真機店
  • 日時: 2016年12月13日(火)~2017年1月9日(月)
  • 営業時間: 10:00 - 22:00  ※年末年始は営業時間が変更する場合がございますので、直接ご連絡ください。
(c) Herbie Yamaguchi

"Don't be such a square" スペシャル トークショー

今回は特別に展示を記念して、トークショーを"Don't be such a square"をテーマに写真家になったきっかけや、今回の写真展に対しての想いを伺います。

  • 日時:2016年12月16日(金) 20:00 - 21:00
  • 定員: 30名
  • 料金: 1,000円
  • 受付方法:
      - お電話 03-5728-3958
      - メール 3822_Kitamura@mgw.kitamura.co.jp
      - 店頭にて受付

当日は皆さまのご来場をお待ちしています!

(c) Herbie Yamaguchi

ハービー・山口
1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。

Website: http://herbie-yamaguchi.com/
Twitter: herbieyamaguchi

協力企業: イルフォード・ジャパン株式会社

2016-12-05 #ニュース #people choko3 の記事

Lomo LC-A MINITAR-1 Art Lens

Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens (2.8/32M)はLC-Aの優れた職人魂を受け継いだ、LC-Aの神髄とも言えるアートレンズ。LC-Aカメラが可能にしたロモグラフィー10ゴールデンルールに則った撮影スタイルを、他のアナログ/デジタルカメラでお楽しみいただけます。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • LOMORIDE! 《Tokyobike Rentals Yanaka × Lomography》

    2018-04-05 refallinsasaki の記事
    LOMORIDE! 《Tokyobike Rentals Yanaka  × Lomography》

    春がやってきました。トーキョーバイクに乗って、写真を撮りに行きませんか?Tokyobike Rentals Yanakaと Lomographyが春の「LOMORIDE!」を開催致します。自転車で街を巡りながら、好きなように写真を撮りましょう!English information below.

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!

  • Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    2017-08-18 refallinsasaki の記事
    Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    ラフォーレ原宿で9月2日(土)、3日(日)に開催される『Laforet Market vol.1 “one idea” 』。なんとロモグラフィーが出店決定!会期中はロモグラフィー製品の販売や、特設フォトブース『Lomo'Instant Photo Automat』でのセルフィー撮影をお楽しみいただけます。さらにさらに、イラストレーターの foxco212 さんがインスタント写真のフレームをオリジナルにカスタマイズしてくれます!