[LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーのKenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。


Photographer: Ken_youthtokyo
Web www.youthoftokyo.com/
SNS: Instagram
Lens: Petzval 58 Bokeh Control

model: BARK in STYLe Ellen

Kenさん、はじめまして。まずは簡単にロモグラフィーのコミュニティーへ自己紹介をお願いします!
こんにちは。Kenです。 Ken_youthtokyo という名前でフォトグラファーをしています。

謎に包まれているKenさんですが、音楽のお仕事をしながら写真のお仕事もしているとか?写真を始めたきっかけは?
それは最近すごく言われます笑。謎は謎のままで置いておくとして、写真を本格的に始めたのは1年ほど前です。音楽の提供をしていたアーティストのライブなどで撮り始めたのがきっかけです。今は写真にフォーカスしていて今後はフルタイムでやっていきたいと思っています。

今回撮影いただいた Petzval 58 Bokeh Control Lens。ファーストインプレッションを一言で表すと?
なんだこれ!と思いました!なんといっても見た目が豪華でかっこいいですから。すぐに撮ってみたいと思い、説明書を読んでる時間はなかったです笑。

普段はどんなカメラを使っていますか?また、この撮影では何のカメラを使われましたか?
普段の撮影は Canonの5Dmk IIIです。この撮影でも同じくこのカメラで撮影しています。

ロモグラフィーのレンズを使うの初めてだったと思いますが、撮影の際に苦労したことや、楽しかったことがあれば教えてください。
そうですね、まずは使い方です。どのレンズにも言えることだと思いますが、そのレンズを理解してどう使うかを考えなければいけないので、
その点このレンズは苦労しました笑。ただ逆にそれがこのレンズの面白い所でもありました。いろいろ考えながら面白いものが撮れるので、とても楽しかったです。

どれも素敵な写真ばかり。お気に入りの一枚は?
一枚を選ぶのは難しいですが、この白黒写真の雰囲気とレンズのボケの感じが好きです。

model: eminata

この一枚にBGMを付けるとしたらどんな曲?
Chilly Gonzales – (Not A) Musical Genius

model: Alyona

最近なにか面白いお仕事の依頼はありましたか?
以前こちらの記事でも登場している、 植野堀 誠 くんのアパレルブランド Seven Sins の撮影をさせていただきました。普段はスタジオの撮影は少ないので、この時は豪華なスタジオで撮影できてとてもいい経験になりました。また、Petzval 58 Bokeh Control Lensも撮影で使用させていただきました。

いつも撮影をする時に、心掛けていることはありますか?
まずは楽しむ事ですね、それとオリジナリティです。アウトプットできるものは、今までに自分が見てきたものの積み重ねでしかないと思っています。いかに色々なものをインプットして、その後どんな新しいものを作り出せるかを考えています。インプットするものは写真とは限りません。アートや映画、音楽、自分の好きなあらゆるものから影響を受けていると思います。そして最後に、本当にこれでいいのかと自分に問うことも大切にしています。

Kenさんにとって「写真」とは何ですか?「音楽」とは何ですか?
簡単そうで難しい質問ですよね 笑。そう言われていつも考えますが、答えが出ません。というよりも適当な言葉が見つからないと言った方がいいかもしれません。ただ写真と音楽は、僕の生活に欠かすことは出来ないものです。

明日、世界中どこでも好きなところで撮影していいと言われたらどこに行きたいですか?
撮影したい場所はたくさんありますが、一箇所選ぶなら南アフリカのケープタウンに行ってみたいなと思います。

最後に、今後の活動について教えてください!

今ちょうど映像にもにチャレンジしていて、僕が撮影、編集した動画が少しだけ Youtube にもアップされているので、是非そちらもチェックしてみてください。

Special Thanks
eminata
植野堀 誠
Alyona
BARK in STYLe Ellen


歴史的なデザインと機能を備えた New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens はボケ調節リングを備え、Petzval固有のぐるぐるボケの渦巻き加減を7段階で調節できます!絞り解放値f/1.9、焦点距離58mmのレンズでポートレイトにも、景観写真にも、ジャンプする猫のような被写体にも最適なオールラウンドレンズです。

2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

歴史的なデザインと機能を備えた58mmロシア製プレミアムレンズ。ボケ調節リング搭載でペッツバールのぐるぐるボケを7段階でコントロールできます。

クラウドファンディング実施中!

60年代に伝説的な人気を誇ったアナログカメラ Diana。2018年、正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!Diana Instant Squareのクラウドファンディングプロジェクトは7/25(水) 23:59まで MotionGalleryにて実施中!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんな Dianaの写りを、撮ってすぐに楽しめる一台!

他の記事を読む

  • フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    2018-06-28 refallinsasaki の記事
    フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    普段は広告やポートレイトを主に撮影しているフォトグラファーの アチトシヒロさん。今回は個人の作品をアーティスティックに仕上げたいということで、Neptune Convertible Art Lens Systemを使って撮影していただきました。

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    2018-01-12 refallinsasaki の記事
    Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    今回で Lomography Magazineには2回目の登場となる写真家の あしだち なお さん。 今回はロモグラフィーの Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを片手に北千住・南千住の街を散策。どこか懐かしい街並みと、ぐるぐるボケが美しいポートレートをお楽しみください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 【動画】Lomo'Instant Square試作品が到着!

    2017-09-12 refallinsasaki の記事
    【動画】Lomo'Instant Square試作品が到着!

    日本に届いた Lomo'Instant Square の試作品をスタッフが Facebook Liveでご紹介しました。たくさんの方々に動画をご覧いただき、また応援メッセージをいただき、とても楽しいライブ配信となりました!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    2017-12-27 #places cheeo の記事
    Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    写真家 Matthieu Bühler's が東京で撮影した『Neon Dreams』シリーズ。東京のいたるところにある、ネオンが彩る独特の色合いと描写をお楽しみください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • 見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    2018-04-11 sragomo の記事
    見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    モントリオールを拠点として活動するフォトグラファーの Dimitri Guedes。彼が何からインスピレーションを得るのか、そしてどのように「平凡さ」を避けて作品作りをしているのか聞いてみました。