好奇心から愛へ: ロモグラファー・Peiqi LohによるLomoChrome Purple Filmでのアナログ写真体験

好奇心は愛に変わることもあります。シンガポールのロモグラファー・Peiqi Lohの場合、好奇心は彼女をアナログジャンキーに変えました。

現在ではアナログ写真を続けて約10年を迎えた彼女が、 LomoChrome Purple Film によるロモグラフィックな冒険を共有してくれました!

  • 名前: Peiqi Loh
  • ロモホーム: @chayneh
  • 国: シンガポール
  • 使用フィルム: LomoChrome Purple
  • 使用カメラ: LC-A+ & Superheadz Wide Angle
Credits: chayneh

早速ですが、写真をはじめたきっかけを教えていただけますか?

9年前、オンラインショッピングをしているときに、マルチレンズカメラのセールがやってたんです。そのときまで全く写真に興味はありませんでしたし、いまだにアナログカメラを使っている人がいることすら知りませんでした。好奇心からネットでフィルム写真のことを調べてみて、ビビッドな青空と牛を写した写真に目が釘つけになりました。それがきっかけでフィルム写真を始めて、以来ずっと続けています。

普段はどのようなものを撮影していますか?

古い場所でも新しい場所でも、外に出かけていろんな場所を探検するのが好きです。なので、カメラを持って出かけるときはいつでも、その場所の特徴を写真に収めるようにしています。風景や人、ときには建物や花だけに焦点をあてて撮影しますが、どの写真も私にとってはその場所の物語を持ってるんです。

ご自身の写真スタイルについて説明していただけますか?

自由ですね。特定のスタイルといえるものはなくて、その瞬間を場所やタイミングに縛られずに撮影しています。

Credits: chayneh
Credits: chayneh

なぜフィルム写真を続けているのか、理由を詳しくお聞かせいただけますか?

フィルム写真は良い意味で制限があるんです。たとえば、フィルムでは良い写真を撮るために36回の限られたチャンスしかありません。デジタルでは私はその5倍も撮影してしまいます。たった一度のチャンスしかなく、どの写真も成功するか失敗するかわからないために、フィルムではいつも素早く設定とアングルを決めなければなりません。現像後の写真が良いものになるように結果を想像しながら撮影することが、私にとってのフィルムカメラの醍醐味なんです。

LomoChrome Purple Filmを利用する理由はなんですか?

私は不思議な色合いの写真が好きなんです。LomoChrome Purpleは作品にシュールでミステリアスな雰囲気を与えてくれるんです。まるで奇妙な映画のワンシーンみたいに。特に風景写真で、私が好きな被写体でもある花や葉を写したときの紫色が気に入っています。

LomoChrome Purple Filmで撮影した写真でお気に入りのものはありますか?

Credits: chayneh
Credits: chayneh

これは最近、日本へショートトリップに出かけたときのものです。私はそこで古い街並みや建物の美しさに魅了されました。この場所は歴史ある街で、どこもかしこもフォトジェニックな風景でした。写真を見返しているとあのときに引き戻されて、冷たい空気と感動が蘇ってきます。

Credits: chayneh

ここはおそらく私が今まで訪れたなかで一番せわしない街でしょう。その慌しさを写さずにはいられませんでした。

Credits: chayneh

私と兄弟は去年ようやく学校を卒業したのですが、そのときに楽しい非公式の写真を撮影しました。みてわかるように、この写真には3人の卒業生が写っています。私は母にプラスチックカメラを渡して、「これは素晴らしい写真になるぞ」と思いました。そして、その通りになったんです!完璧な写真とは言えませんが、母の指が写真に入ってしまったのは作品にコミカルな印象を与えてくれました。母親はいつでも母親ですね。

Credits: chayneh

この素敵なSamanea samanの木は私のイスタナ庭園のお気に入りの一つです。この場所で何枚か撮影して、私はその結果に驚かされました。素晴らしい紫色に染まった葉と木の形は、どんな写真にもぴったりの完璧な背景だったんです。

LomoChrome Filmでの撮影の感想をお聞かせください。

LomoChrome Purpleはいつだって私を驚かせてくれます。このフィルムの良い点はショットごとに紫の強さが異なるので、現像するまで結果が決してわからないところです。それに、カラーの特殊さから不思議に思えますが誰にでも扱いやすいフィルムだと思います。ですが、一定の光量を満たした場所で撮影しなければ、写真全体が暗い紫に覆われてしまうので注意が必要です。

最後に読者の皆様に一言お願い致します!

実験を楽しみながら、ランダムに色んなものを撮影してみてください。撮影の時には失敗したと思っていたものが、現像してみるとベストショットだったなんてこともありますよ!


2017-01-04 #gear #people Crisselda Robles の記事

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

他の記事を読む

  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20
  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

    2017-05-25
  • David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    2017-03-07 #people lomographysoholondon の記事
    David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    熱心なフォトグラファーでありアナログ愛好家であるDavid Scardは、プリピチャ、チェルノブイリへの旅行にDiana F+を連れていきました。Davidは悲惨な歴史によって有名な街を、美しくも忘れがたい風景に収めました。その貴重な体験について伺ったインタビューとともにご覧ください!

    2017-03-07
  • Simple Use Film Camera × 写真家 角田勇太

    2017-05-19 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × 写真家 角田勇太

    ファッションや音楽業界を中心に活躍する若手写真家 角田勇太さん。独自の感性と表現力で様々な作品を手掛ける彼とロモグラフィーのSimple Use Film Camera LomoChrome Purpleが出会ったとき、果たしてどんな化学反応が起こるのでしょうか!?どうぞご覧ください!

    2017-05-19
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

    2017-06-07
  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:地上の楽園を見つけよう

    2017-04-02 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:地上の楽園を見つけよう

    機能満載のLomo'Instant Automat Glassなら可能性は無限大!あなただけのユニークな美しさを求めて、天地もひっくり返してインスタント写真の新しい時代へ冒険に出かけよう!

    2017-04-02
  • 家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    2017-05-09 #people lomographymagazine の記事
    家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    アメリカのフォトジャーナリストNancy Borowickは両親がステージ5の癌と診断されて以来、家族の想い出を写真に残し続けています。「この瞬間を永遠に刻む」という写真本来の目的のもとで、写真家としてではなく家族として彼女は両親にレンズを向けます。

    2017-05-09
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース lomographysoholondon の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

    2017-08-23
  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

    2017-02-28
  • LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    2017-03-10 #people refallinsasaki の記事
    LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    ドローイングや刺繍、そして写真などさまざまな表現活動をしているアーティスト Saiko Otakeさん。昨年はロンドンやシンガポールで個展を開き、大忙しの一年でした。そんな彼女にロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで3ヶ月に渡り撮影していただきました。Saikoさんの写すビビッドなイメージは、どこか無機質で不思議な世界。ロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで撮影した、東京や宇和島、そしてシンガポールの写真をインタビューとともにお楽しみください。

    2017-03-10