LomoAmigo: Müjgan Afra Özceylan × Diana F+

LomoAmigoのAfra Özceylanは子供の頃から写真が人生の一部であったと話します。こちらのインタビューでは彼女が写真を始めた経緯やDiana F+、Canon A1で撮影した作品をご紹介致します!

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

名前: Müjgan Afra Özceylan
国: トルコ
職業: 学生 / 写真家

こんにちは、Müjgan!あなた自身のことや活動について詳しく聞かせていただけますか?

みなさん、こんにちは!私は20歳で、現在はイスタンブールに住んでいます。法学部の学生ですが、ファッションブランドからの依頼を受けてビジュアルコンテンツの制作も行っています。Kuzguncuk(クズグンジュック)にある綺麗なオフィスで働いているんです。フリーランスのカメラマンとしても活動していて、ドバイ、パリ、ロサンゼルスのような世界各国の雑誌から依頼を受けています。はじめは趣味で写真を始めましたが、今ではインスタグラムのおかげでカメラマンとして活動させていただけるようになりました。

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

どのように写真を撮り始めましたか?初めて撮影した写真を覚えていますか?

写真は幼いころから私の生活の一部だったんです。父のアナログカメラのコレクションが子供たちにとって魅力的だったんだと思います。私の兄はカメラを分解していました。私はある日、レンズを壊してしまって、父に謝罪するために絵を描いたのを覚えています。初めて写真を撮ったのはおそらく5~6歳頃のことで、家族旅行で自分たちの写真を撮ったものだと思います。もしかしたら、70パーセントくらいは空しか映ってなかったかも。雲や複雑に絡み合う木の枝がより魅力的だったんだと思います。

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

アナログカメラを使うのが好きなようですが、フィルムを好む理由はありますか?

子供の頃に調整したカメラは今でも部屋の片隅に転がっています。実をいうと、はじめは写真の基本を学ぶためだけにフィルムカメラを使ってみたんです。ですが、いざ撮影された写真に心を打たれて、その夏に行ったKaradeniz(カラデニズ)への旅行ではアナログカメラしか使いませんでした。好きな場所で立ち止まって撮影しましたが、写真の仕上がりをその場で見ることはできません。イスタンブールに戻るころには5本のフィルムを使い切っていました。そして、現像された写真をみて恋に落ちたんです。その色合いや質感に私は深く感銘を受けました。ビューファインダーを覗いているときでさえ、現実とはまったく異なる、おとぎの世界にいるような気持ちになるんです。

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

Diana F+での撮影はいかがでしたか?

アナログカメラは普段から利用していますが、それでもDiana F+での撮影体験は大変興味深いものでした。ロモグラフィーの世界観はとても面白いし、これまでに経験したことの無いものだったんです。印象的なカラーやビネット効果、写真に写り込む光の具合は、他のフィルムカメラにはない魅力的な特徴だと思います。

Diana F+を3語で表すとしたらどんな言葉になるでしょう?

印象的、LIGHT("軽い"、”光”)、直感的

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

ご自身の写真のなかでお気に入りの一枚はどれですか?理由もお聞かせください。

Burgazada(ブルガズアダ)で撮影した写真が一番だと思います。木の枝と馬の影が重なりあった、陰影が印象的な写真です。これは私にとって、平和と無秩序、生と死のような、異なった感情を同時に呼び起こさせる写真なんです。

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

自分の作品にサウンドトラックをつけるとしたら、どんな曲を選びますか?

きっと毎週のように曲が変わってしまうと思います。今は以下のような曲ですね。

Fade into you - Mazzy Star

Hiding Tonight - Alex Turner
Sunny Road - Emiliana Torrini
Mexico - The Staves
The Morning After - Meg Myers

なにか新しいプロジェクトの予定はありますか?

旅行のプロジェクトをいくつか企画しています。私は旅行での単体の写真は撮らないんです。いつも2つ以上を同時進行で進めています。また、モノクロフィルムでのプロジェクトも予定しています。イスタンブールをモノクロで撮影するとどんなふうになるのか、挑戦してみてみるつもりです。

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

これからDiana F+での撮影に挑戦しようとする方へ、なにかアドバイスはありますか?

いちばんのオススメは、アドバイスを聞かないことですね。ロモグラフィーはすごく自由な世界なんです。街へ出て、カメラに驚きながらポーズをとってくれる人たちのと交流、写真が現像されるのを待つワクワク感を楽しんでください。それが一番大切なことです!

Photos taken by Müjgan Afra Özceylan

Müjgan、素敵なインタビューをありがとうございました!


今回ご紹介した Diana F+ はロモグラフィーの大人気商品の一つです!お求めの方は オンラインストア もしくは 直営店 まで!

2017-01-08 #people #ビデオ haleozdemir の記事

関連商品

Lomography Diana F+

Lomography Diana F+

時代を超越したドラマティックな写真を120mmフィルムのDiana F+で。素晴らしいソフトな写りに加え、レンズやインスタントバックをカスタマイズしてエフェクトや自由度も充分うみだします。

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • 荒木経惟が見た首都・東京 (NSFW)

    2018-01-09 #ニュース
    荒木経惟が見た首都・東京 (NSFW)

    写真家 荒木経惟が描いた白黒写真の中でギラギラと光る首都東京。この挑発的でエロティックな作品は、彼がまだ若かった頃の東京の姿です。

  • カラフルでポップ、ちょっぴり皮肉めいたイメージたち:LomoAmigo Olivia Locher

    2017-05-03 #gear #people katphip の記事
    カラフルでポップ、ちょっぴり皮肉めいたイメージたち:LomoAmigo Olivia Locher

    ファインアーティストのOlivia Locherはロモグラフィーのカメラの大ファン。彼女が写真を始めた頃から使っていて、遊び心溢れる実験的な作風にはロモグラフィーのカメラも一役買っています。今回は彼女がLomo'Instant Automatを使って撮影した作品をご紹介致します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    2017-05-06 #ニュース
    Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    Tristan Aitchisonはイギリスを拠点とする映画監督、写真家です。今回、彼はスコットランド高地の最北を横断する500マイルの旅をLC-Wideで記録してくれました!この美しい場所で彼が出会った丘やビーチ、風景を写真を通じて一緒に発見しましょう!

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    2017-06-27 #ニュース #people
    Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    Alex Totaro がSNSに投稿した Lomo'Instant Automat Glass の写真を発見した私たちロモグラフィーは、カメラの第一印象とともに撮影のコツについて彼にインタビューしました!彼がロンドンのバービカン・センターやイギリス各地で撮影した写真をご紹介します。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo'Instant Wideでウェディング撮影!

    2017-06-10 trifivy の記事
    Lomo'Instant Wideでウェディング撮影!

    6月は雨の季節?いいえ、ジューンブライドの季節です!今回は我らがロモグラフィージャパンのスタッフ@keitauni94がLomo'Instant Wideで撮影したウェディング写真をご紹介致します!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。