LomoAmigo: Ömer Serkan Bakır × Petzval 58

2017-01-10

フォトグラファーでありジャーナリストであるÖmer Serkan BakırがLomographyの New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens で撮影した写真を大公開!「若いフォトグラファーは一度はアナログカメラで撮影してみるべき」と語る、彼の作品をインタビューとともにお楽しみください。

こんにちは、Ömer Serkan!簡単な自己紹介をお願いできますか?

自己紹介を頼まれるといつも、何から話すべきか迷ってしまうんです。まず最初に、カメラと私の出会いについてお話しさせてください。はじめてカメラを手にしたのは6歳か7歳くらいのときで、何に使うものかわかりませんでした。カメラはAgfaのブランドのものだったと思います。最初はおもちゃだと思っていましたがとてもデリケートなものだと感じていて、慎重に開いたり閉じたりしながらダイアフラムスナップショットの仕組みを調べていたのを覚えています。それからしばらく経って、兄と共同の一眼レフカメラを手に入れたんです。とにかく、高校生くらいまでは写真に興味を持っていたんです。そして大学はイスタンブール大学のコントロールシステムテクノロジー学部に進学しました。しかし進学してみると、技術的なものにはあまり惹かれないことに気が付いたんです。その学部を卒業すると、私は今度はマルマラ大学の美術学部写真学科に進みました。私の意見では、写真のもっとも楽しくて少し厄介な部分は暗室での冒険も含めたアナログな時間だと考えます。マルマラ大学ではほとんどすべての宿題やプロジェクトがモノクロによるものでした。そのため、私は家にも仕事場にも暗室を持っていたんです。朝まで暗室に籠もって作業した経験は、私にいろんなことを教えてくれたと思います。自分はフィルムもデジタルも経験する事のできた幸運な人間だと感じています。

長年、写真活動をされていますね。写真に興味を持つようになったのはいつ頃からですか?

子供のころから写真を撮っていた経験が強く影響していると思います。ですが、本当に写真にのめり込むようになったのは Fotoğraf Dergisi で働くようになってからでした。その頃に私が出会ったような写真家たちと同じ環境で過ごし、一緒に出掛け、写真を選ぶことは全ての写真家にとっての夢だと思いますよ。

以前はフィルムによる作品も多かったですが、最近ではデジタルをメインに制作していますね。アナログやデジタルはあなたにとってどのような意味をもっていますか?

私はカメラをアナログから始めることが非常に重要だと考えています。現代では36枚撮りの意味や、一枚一枚の写真の重要性のわからない写真家も多くいます。写真を始める初期の段階に注意深く、慎重に撮影する事を学ぶためには、写真家を志す人はまずアナログカメラから始めるというルールをつくりたいくらいです。もちろん、現代ではそれが難しいことは分かっていますが、
若いフォトグラファーは少なくとも一度はフィルム写真を撮るべきです。彼らにも現像されるまで結果が分からないワクワク感や忍耐強さ、そして幸福感を体験してもらいたいのです。

今回は New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens で撮影していただきました。感想をお聞かせいただけますか?

これまで数えきれないほどのレンズを使ってきましたが、Petzval 58 Bokeh Control Art Lensほど興味深いレンズはありませんでした。Petzvalの名前のついた光学レンズがあることはとても感動的です。私のように眼鏡をかけている人には少しピントあわせが難しいですが、すべて大満足の撮影でした。

Petzval Lensで一番気に入っているものはありますか?

私は交換可能な絞りプレートやボケ調節リングが気に入りました。この2つの機能を組み合わせて、何百もの異なるイメージを撮影する事が出来るんです。なんでもないものの写真を長い時間撮影して、予測できなかったような結果を得ることだってできますよ。

Petzval Lensで撮影した写真でお気に入りのものはどれですか?写真の説明もお願いします。

Petzval Lensではイスタンブールでたくさん写真を撮ったんです。それからサパンジャに3~4日間の小旅行に行きました。私がサパンジャ湖のほとりに放置されたボートの写真を撮っていると、レンズに興味をもった若い写真家たちに声をかけられたんです。私たちはしばらくレンズやその特徴について話をしていました。サパンジャに戻ると、ランチを食べたレストランのウェイターがレンズについて質問してきました。彼もこんなレンズを見たのは初めてだと驚いていて、たくさん面白い質問をしてくれました。写真については初心者であるようだったので、とても印象的でした。

はじめてPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使う人へのアドバイスはありますか?

Petzval 58 Art Lensをはじめて使う人は、スピーディーに撮影するのは難しいことを念頭に置いたほうがいいと思います。おそらく、最初は落ち着いてレンズの調節を行い、撮影を楽しむ時間が必要でしょう。レンズの使い方は難しくはありません。ですが、滑り落とさないように絞りプレートを入れたり、適切な露出を設定したり、理想のボケになるようにボケ調節リングを調節したりするには、少し慣れが必要です。また、あまり目立ちたくないのであれば真鍮カラーはやめたほうがいいかもしれません。注目を浴びるのが好きな人にはぴったりのカラーですよ。


Ömer Serkan Bakırについてもっと詳しく知りたい方は、彼のホームページInstragram もチェックしてみてくださいね。彼の New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens のレビューは こちらの記事 (外部サイト、英語)でもご覧頂けます。

2017-01-10 #people nural の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Marta Bevacqua

    2016-03-25 #people Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Marta Bevacqua

    フランス・パリで活躍するイタリア人フォトグラファーMarta Bevacqua。彼女が今回挑戦したのはNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensでの撮影。ぐるぐるボケの出方を調節できる真鍮製のレンズは、彼女の作品にどういった影響を与えたのでしょうか?インタビューしてお話しを伺いました。

    2016-03-25
  • [LomoAmigo]Petzval 85 Art Lens: Yusaku Aoki

    2016-06-17 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo]Petzval 85 Art Lens: Yusaku Aoki

    Yusaku Aoki さんは川の流れに身を任せるように、各国で撮影をされているフォトグラファーです。ポートレイトを主に撮影されているので、今回はLomography New Petzval 85 Art Lensで撮影して頂きました。インタビューへの軽やかな返答と濃厚な写真、そのコントラストをお楽しみ下さい。

    2016-06-17
  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval58で描く穏やかな日常 Amigo: Stacey Lin

    2016-10-14 #people Azin Teimoori の記事
    Petzval58で描く穏やかな日常 Amigo: Stacey Lin

    家族や友人との日常的な風景、もこもこで可愛らしいワンちゃん、Stacey Linの優しくて穏やかな写真はいつも私たちを魅了します。今回はロモグラフィーのNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensで彼女が撮影した風景とインタビューを大公開いたします!

    2016-10-14
  • Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象: Jimmy Cheng

    2016-12-26 #people #ビデオ lomographysoholondon の記事
    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象: Jimmy Cheng

    今回ロモグラフィーでは、Petzval 85を所有し、Jupiter +3やRussarでも撮影経験のあるJimmy ChengにDaguerreotype Achromat Art Lensでの撮影を依頼しました。このレンズを使って彼がリッチモンドパークで撮影した写真をインタビューとともにお届けします!

    2016-12-26
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    2016-12-20 #people michellymatias の記事
    Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    ブラジルのアーティストであるMisha AssisはロモグラフィーのPetzval 85 Art Lensのエキスパートです。それは彼のロモホームを覗いてみればすぐにわかるでしょう。こちらではMishaにPetzval 85 Art Lensへの想いを熱く語っていただきました!

    2016-12-20
  • LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2016-06-20 #people lomographysoholondon の記事
    LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2015-2016年の夏(北半球では冬)、ステファン・ダウリングは生まれ故郷であるニュージーランドを再訪しました。滞在期間中、彼は最も信頼し愛用しているクラシカルなコンパクトカメラ・LC-Aを持ち歩いて気ままに撮影をしたそうです。滞在時の楽しい思い出と共に、LC-Aで撮影された写真をお楽しみください。

    2016-06-20
  • Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    2016-10-28 #people Lomography の記事
    Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    香港の撮影クラブ・AllionZのメンバーであるAndrew Yungは友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、Petzval 85で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

    2016-10-28
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigo: Wangs Lok、Petzval 85 Art Lensで写す。

    2016-03-09 #people Phyllis Chan の記事
    LomoAmigo: Wangs Lok、Petzval 85 Art Lensで写す。

    Wangs Lokはアウトドア好きな香港のフォトグラファー。 Canon 6DにLomography Petzval 85 Art Lensを装着し、都市の中にある自然を写し出しました。写真に対する彼の言葉と共にお楽しみください。

    2016-03-09
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

    2016-05-05
  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09