実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

2017-02-04

「夢のような景色」という言葉から、どんな風景を想像しますか?それは Dustin Adamsの写真にふさわしい表現だと言えるでしょう。スケートボードがきっかけでカメラを始めて以来、彼は素晴らしい写真を撮り続けています。実験的な撮影によって彼は作品の技術を高め、さらにユニークなものを作り出すことができるようになりました。こちらのインタビューでは、Dustinが実験的で幻想的な風景を写した作品の制作プロセスや、ときにはルールを破ることの必要性について話してくれました!

© Dustin Adams

こんにちは、Dustin!まず、写真を始めたきっかけについて教えていただけますか?

僕が写真を始めたきっかけはスケートボードでした。まわりのスケーターの中には才能あるアーティストがたくさんいて、雑誌や彼らのスケートボードに描かれた作品を見て影響を受けました。兄も高校でモノクロ写真の授業をとっていて、彼が授業から持ち帰るプリントにはいつもワクワクさせられました。

© Dustin Adams

初めてのカメラはなんでしたか?また、それはあなたの写真活動にどのような影響を与えましたか?

僕の初めてのカメラはCanon Rebelでした。当時のことはあまりよく覚えていません。上手ではなかったし、あまり影響は受けなかったと思います。でも、いいスタートでした。

アナログ写真に惹きつけられるのはなぜですか?フィルムでの撮影にあなたを駆り立てるものはなんでしょうか?

アナログ写真のプロセスにはいつも魅了されていました。フィルムが時代遅れになればなるほど、僕はそれをより特別なものに感じます。デジタル写真には面白味がありません。デジタルだといい作品が撮れないわけではありませんが、アナログ写真のプロセスのほうがより気持ちを込めることができるんです。僕がフィルムでやっていることはデジタルでは決してできません。デジタルで僕の作品みたいな写真に加工して、おそらくもっと良く見えるものをつくることもできるでしょう。だけど、その制作プロセスは違うはずです。それに、単純にフィルムのほうが光や粒子などの全体の要素が良く見えるんです。

© Dustin Adams

このような実験的な写真についてのアイディアはどこから生まれたんでしょうか?

仲の良い友人がライトリークの写った写真を見せてくれたんです。写真自体はつまらないものだったけど、僕はそのライトリークになぜか惹きつけられました。それはイメージにノスタルジックで、まるで夢のなかのような印象を与えていたんです。その感動はしばらく消えませんでした。それほどに一つのイメージに影響されたのは初めてのことです。ほぼ同時期に、Wolfgang Tillmanのライトペインティングに夢中になっていたんです。それでネガフィルムに直接絵を描けることに気づいて、友人の見せてくれた写真をもう一度作り直してみようと思いついたんです。

© Dustin Adams

制作のヒントはどこから得ますか?

自分の奥深いところにあるなにかですね。いま僕は、生活のために日本食レストランで料理をつくる仕事をしています。その仕事は大嫌いだけど、働きながら頭の中ではどこか別の場所に行くのが大得意なんです。理想の景色を視覚化して、自分のなかに既にあるアイディアをより深く掘り起こしていくんです。これがレストランのキッチンで働くここ数年の間に、僕が身に着けたエスケープの方法です。読み返してみると少し可笑しな感じもするけど、本当のことですよ。

© Dustin Adams

実験的な写真はあなたのスタイルの確立させるのに役立ちましたか?

もしも実験的な写真に挑戦していなかったら、僕の写真は今ほど気に入ってもらえていないかもしれません。いまの撮影方法を始めるまで、僕の作品は本当につまらないものだったんです。今でも自分の作品は退屈で迫力がないと感じますが、少なくとも、僕は実験的な写真によって自分のスタイルを確立できたと感じています。

どんな写真家があなたの作品やクリエイティブな考え方に影響を与えましたか?

いろんなメディアに挑戦しているルールに縛られないアーティストならだれでも。それに、ルールを守って写真をマスターしたアーティストも。最近はインターネットを通して影響力のある作品をたくさんみています。自分の作品も含めて、どんな理由でもパーフェクトだと思ったり、他と違うと感じたりする作品はすべて影響力を持っていると思います。

© Dustin Adams

あなたは素敵な風景写真もたくさん撮影されていますね。今まで訪れた場所で一番思い出に残っているのはどこでしょうか?

いつも思い浮かぶ場所は2つあって、アイスランドとナイアガラの滝です。アイスランドは明らかにレベルが違いますが、ナイアガラの滝も本当に美しいんです。それぞれの場所において、僕は人生のなかで全く異なる視線に立っていました。おそらく一方は一番高い場所で、もう一方は一番低い場所だったと思います。どちらの旅行でもオート機能を使っていましたが、自分が何を撮っているのかあまり考えていませんでした。ですが、どちらの場所も素晴らしく美しくて理想的だったので、今までに行った他のどこよりもたくさん良い写真を撮影することができました。アイスランドは写真家にとって夢のような風景でした。人間によって完全に自然が破壊されてしまう前に、一度足を運んでみることを強くお勧めします。

© Dustin Adams

今後、あなたの幻想的な作品をさらに観る機会はありますか?

最近はホームページで販売する実験的フィルムの制作に忙しくて撮影は少し休んでいたんだけど、そちらもだんだん片付いてきたので、そろそろ前のリズムに戻るつもりです。このインタビューのために何本かフィルムを使って撮影して、新しい作品を発表することができてとても良かったのっで、2017年はもっとフィルムを使って撮影していければいいなと考えています。


写真はすべてDustin Adamsの許可を得て掲載しています。彼の作品をもっと観たい方は、 Instagram をフォローするか、 ホームページ をチェックしてみてくださいね!

2017-02-04 #people Ivana Džamić の記事

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

    2017-05-27
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

    2017-10-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture lomographymagazine の記事
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • 家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    2017-05-09 #people lomographymagazine の記事
    家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    アメリカのフォトジャーナリストNancy Borowickは両親がステージ5の癌と診断されて以来、家族の想い出を写真に残し続けています。「この瞬間を永遠に刻む」という写真本来の目的のもとで、写真家としてではなく家族として彼女は両親にレンズを向けます。

    2017-05-09
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    2017-01-02 #culture #people breaking_the_skys の記事
    ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    SNSと密接に結びついたデザイン芸術、織物、そして写真をすべて融合させたら何が起こるでしょう?それは魔法のような出来事です。少なくとも、Rita Cordeiroはそう呼びます。今日は彼女のInstagramから、個人的もしくはブランドのために撮影された美しい写真たちをご紹介いたします!

    2017-01-02
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • 見慣れた風景をカメラのレンズを通して全く違う視点で見てみよう!

    2017-04-18 #gear Lorraine Healy の記事
    見慣れた風景をカメラのレンズを通して全く違う視点で見てみよう!

    ホルガの使い方を書いた著書『Tricks With A Plastic Wonder』でも有名なLorraine Healyはロモグラフィーのカメラの大ファン!今回はふるさとのブエノスアイレスをいつもとは違う視点から撮影してくれました!見慣れた景色を魅力的に写す秘訣とは?

    2017-04-18