《レポート》 特別企画:写真家 ハービー・山口氏と行く Lomography LC-A+撮影会 in 代官山!

2017-01-25

1月22日(日)に開催された 『ハービー・山口氏と行く Lomography LC-A+撮影会 in 代官山』 。当日はお天気にも恵まれ、昼過ぎ頃から代官山の街を LC-A+ 片手に散策しました。総勢20名のワークショップとなりましたが、皆さん楽しそうにハービー氏と撮影していました。その様子を、ちょっとだけご紹介します!

集合時間の12:30には皆さん 代官山 北村写真機店 の店内にお集まりいただき、まずはカメラの使い方から説明!参加者にはフィルム初心者の方から、常連ユーザーさんまで様々。皆さん丁寧に LOMO ISO 400 のフィルムを LC-A+ にセットしていました。LC-A+は自動露出のため、使用するフィルムとその時の環境によってシャッタースピードが変化します。そんな説明も交えながら準備完了!さぁ、撮影開始です!

ポートレイト

ちょっと視点を変えて

LC-A+は焦点距離32mmのMinitar-1レンズを搭載しています。目で見た通りの写真を撮影できるのが特長。ファインダーをのぞかず、ちょっと視点を変えただけで面白い写真が撮れます。

多重露光 = MX

さらに、LC-A+には多重露光ボタンが搭載されています。1フレームに重ねたい写真を2-3枚撮影したら不思議な多重露光ショットの出来上がり!

皆さん、いかがでしたか?今回参加できなかった方も、ワークショップの様子をお楽しみいただけたでしょうか?また、この度 《ハービー・山口氏と行く Lomography LC-A+撮影会 in 代官山》にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!次の機会も、ぜひご参加ください!

今回ワークショップに参加された皆さんのフィルムは、ハービー・山口さんに一枚ずつ選定されます!さらにそれぞれの《一枚》はIlfordのインクジェットペーパーに印刷され、今週末の1月28日(土)、29日(日)に代官山 北村写真機店にて展示されます。お時間がある方は、ぜひ遊びに行ってみてください!


ハービー・山口
1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、 デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。


Lomography Art Lens フェア開催中

■ 開催概要:代官山 T-SITE内にある 代官山 北村写真機店 では『ロモグラフィー アートレンズフェア』を開催中!話題の Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens から、発売から絶大なる人気を誇る Petzval 85 Art Lens まで、 全6種類ものアートレンズ が一度にご覧いただけるスペースとなります。
■ 開催日:1月11日(水)~1月29日(日)
■ 場所:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
■ 開館時間:10:00-22:00
■ お問い合わせ:03-5728-3958 

2017-01-25 #culture #ニュース #tokyo-lomography-lomographer-lca-lomo-daikanyama-workshop-herbie choko3 の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

コメントはまだありません

他の記事を読む