アナログ世界紀行:台湾

「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのHayden Williamsが昨夏の台湾旅行を振り返りながら、その街の魅力を紹介してくれます!

案内人: Hayden Williams
ロモホーム: @haydenwilliams
SNS: Instagram, Flickr
使用カメラ: Canon AE-1
使用フィルム: LomoChrome Purple
撮影地: 台湾

Credits: haydenwilliams

この旅行は去年の夏の終わりで、台湾を訪れるのは二度目のことでした。最初の旅行は一人旅で孤独で寂しいものだったんです。今回は二週間にわたる大冒険で、彼女との二人旅行でした。僕たちは台北や台東、南東沿岸にある小さな島・蘭嶼など、台湾中を旅してまわりました。

最初に台湾を訪れたとき、「凄い!LomoChrome Purpleを持ってこればよかったなぁ」と思ったのを覚えていたんです。だから今回の旅行を計画した時には、わくわくしながらカメラにこのフィルムを入れました。同じ場所を旅行していても、今度は全く違う光(はるかに紫色の強い)でもう一度その景色を見ることができました。それに、永遠にお気に入りと呼べるような写真も撮ることができましたよ。

Credits: haydenwilliams

あなたも"アナログ世界紀行"に投稿してみませんか?興味を持った方は eunice.abique@lomography.com まで、件名を "Around the World in Analogue" にしてご連絡ください(コミュニケーションは英語のみとなります)。あなたの忘れられない旅の思い出をロモグラフィーで共有しましょう!※投稿をご希望の方は こちらのガイドライン(英文) もご確認ください。

2017-02-11 #places

Lomography Lomochrome Purple XR 100-400 (35mm)

Lomochrome Purple XR 100-400 35mmフィルムは、自然な色のトーンを今まで見たことがないような紫色のトーンにシフトさせます。驚きの写真を撮影してみたい方にお勧めのフィルムです。そのサイケデリックな写りはKodak Aerochromeフィルムのように すばらしい彩色を写し出します。

コメントはまだありません

他の記事を読む