シンガポールのロモグラファー・Siew Xin Chee (spkbxxx) × the LC-A+

2017-02-16

シャイなロモグラファーSiew Xin Cheeが、ロモグラフィーの LC-A+Lubitel 166+ で撮影した写真をこっそり紹介してくれました!

こちらの記事では彼のインタビューと作品を大公開しちゃいます。 

名前: Siew Xin Chee
ロモホーム: spkbxxx
撮影地: シンガポール
使用カメラ: LC-A+ & Lubitel 166+

Photo by spkbxxx | Camera: LC-A+

写真を始めたきっかけはなんですか?

アナログカメラとの初めての出会いは、一緒にプーケット旅行へ行った友達がHolgaを持って来た2008年に遡ります。その写真の色と効果を見た時の驚きと感動は今でも覚えています。しかしながら、2010年にビンテージのレンジファインダーや一眼カメラ、ポラロイドカメラを集め始めるまで写真はあまり撮っていませんでした。それから、LC-A+Lubitel 166+ がコレクションに加わって、現在に至ります。

どんなトピックでの撮影を好みますか?

ほとんどは旅行やイベントのときの友達や建物の写真が多いです。

Photos by spkbxxx | Camera: LC-A+

ご自身の撮影スタイルについて説明していただけますか?

スナップ写真ですね。友達との旅行や冒険の思い出を記録しています。それに、Lomographyのカメラは従来のカメラでは撮ることのできないイメージを写してくれるんです。多重露光モードやカラーフィルターは本当に気に入っています。

フィルム写真を続ける理由はなんですか?

映画『フォレスト・ガンプ』の台詞を引用させてもらえば、「人生はチョコレートの箱のようなもので、何が入っているかはわかりません」。これはまさしく私がフィルム写真に感じている事でもあります。フィルムを現像した時の驚きが大好きです。デジタルカメラを使っていた時には意識的に好きなショットを選ばなければならず、すぐに満足してしまっていて、そのような感動はありませんでした。

Photos by spkbxxx | Camera: LC-A+

ロモグラフィーのカメラのなかでお気に入りはどれですか?理由もお聞かせください。

コレクションのなかでは、LC-A+が一番気に入っています。自分のスタイルに合っているし、すぐ取り出して撮影できるからです。昼でも夜でも設定に気を取られる必要が無いのもいいですね。

撮影したなかで気に入っているフィルム写真を教えて頂けますか?写真の説明もお願いします。

L-R Photo Titles- Angkok Town, Exit Here | Photos by spkbxxx | Camera: LC-A+

この「Angkok town」の写真の背景には、撮影前にロモグラフィーのウェブサイトで二重露光についての記事を読んでいた事があったんです。なので、2012年にカンボジアに戻る前に、友達に彼が以前に香港で撮影して現像していないフィルムを渡してくれるように頼んだんです。私はそのフィルムを使って、良い写真になることを願いながら盲目的に撮影しました。出来上がった写真にはとても満足しました。「Exit here」も、このシリーズの別の写真でとても気に入っている写真です。

今日ご紹介頂いた写真を撮影中に思い出に残るような面白い出来事はありましたか?

今すぐには思い出せないけど、どの写真もその瞬間の様子を捉えているので、旅行中その時に起こった些細な出来事を思い出させてくれます。

Photo by spkbxxx | Camera: LC-A+

ロモグラフィーのカメラでの体験はいかがでしたか?撮影におけるメリットやデメリットはありますか?

最初はフィルムを正しく装填できていないなど、初歩的なミスもよくありました。何も写っていないフィルムを受け取ったときは悲しい気持ちでしたが、やっているうちにコツやヒントを得るようになりました。それに、ロモグラフィーのサイトではいつも有益な情報や撮影へのインスピレーションをもらうことができました。本当にいい情報源だと思います。

この記事を読んでいる方へメッセージをお願いします。

外に出て心のままにシャッターを押してください。写真がどのように仕上がるかなんて考える必要はありません。それがわからないのがフィルムのいいところなんですから。

Photos by spkbxxx | Camera: Lubitel 166+

2017-02-16 #gear #people Crisselda Robles の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • 2016年8月のトレンド写真

    2016-09-01 #ニュース lomography の記事
    2016年8月のトレンド写真

    8月もロモグラフィーのコミュニティーにはたくさんの写真が投稿されました!そのなかから、ベストに選ばれた最高の写真達をご紹介いたします。あなたのお気に入りがみつかるか、是非覗いてみてください。

    2016-09-01
  • ルイ・ダゲール:写真の礎を築いた男

    2016-05-06 #ニュース #gear Lomography の記事
    ルイ・ダゲール:写真の礎を築いた男

    その多くの功績で写真史に名を残したルイ・ダゲール―そもそも写真の歴史は彼から始まりました。現在まで語り継がれている彼の軌跡をロモグラフィーが紹介いたします。

    2016-05-06
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

    2016-03-05
  • LomoAmigo: Nilipek. × La Sardina

    2017-01-14 #gear #people morlice の記事
    LomoAmigo: Nilipek. × La Sardina

    とびきりキュートな歌声と楽しいウクレレのメロディー、そしてフレンドリーでピュアなキャラクターで私たちを魅了するNilipek.。今回は彼女にLa Sardina DIYを渡して、LomoAmigoとしてオリジナルのLaSardinaと実際にこのカメラを使って撮影した写真を紹介していただきました!

    2017-01-14
  • 休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    2016-12-13 #ニュース lomographymagazine の記事
    休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    どこからともなく鈴の音が聴こえてきそうな、一年でもっとも楽しいシーズンがやって来ました!今日はみなさまに、忙しい仕事から解放されて休暇中を思いっきり楽しくクリエイティブに過ごすための5つの方法をご紹介します。ゆっくりお気に入りのコーヒーや紅茶でも飲みながら、ロモグラフィーからの愉快な提案をご覧ください!

    2016-12-13
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Andrei Tarkovsky が写した貴重な日常生活のインスタント写真

    2017-02-10 #culture #people lomographymagazine の記事
    Andrei Tarkovsky が写した貴重な日常生活のインスタント写真

    ロシアの有名な映画の巨匠がインスタント写真を好きだったことはご存知でしょうか?ここでは Andrei Tarkovsky が撮影した、繊細で美しいインスタント写真をご紹介致します。

  • "写真が趣味"の天才写真家、ジャック=アンリ・ラルティーグ

    2016-07-06 #ビデオ lomographymagazine の記事
    "写真が趣味"の天才写真家、ジャック=アンリ・ラルティーグ

    フランスで写真家として名高いアンリ・カルティエ=ブレッソンと名を連ねるのが、ジャック=アンリ・ラルティーグです。芸術や写真史の流行に流されず、己の直感で撮り続けた写真は躍動的。プロの写真家として活躍したことなくとも(活動の中心はあくまでも絵画)偉大な功績を残したアマチュア写真家を紹介したビデオをご覧ください。

    2016-07-06
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Masataka Odaka

    2016-04-27 #ニュース #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Masataka Odaka

    音への情熱はさることながら、写真にもその熱を注ぐ、サウンドデザイナー・Masataka Odakaさん。ロモグラフィーの新しいレンズで、光を追った写真を撮影してもらいました。

    2016-04-27
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 2016年9月のトレンド写真

    2016-09-30 #ニュース Lomography の記事
    2016年9月のトレンド写真

    9月もロモグラフィーのコミュニティ・ロモホームにはたくさんの写真がアップロードされました!その中でも今月のベストフォトに選ばれた写真をご紹介いたします。お気に入りを見つけてみてくださいね。

    2016-09-30
  • 【撮り比べ 】Lomo LC-A 120 & Holga N

    2017-02-09 #gear Lorraine Healy の記事
    【撮り比べ 】Lomo LC-A 120 & Holga N

    Holgaの使い方を記した著書『Tricks With A Plastic Wonder』やロモグラフィーのウェブマガジンでもすっかりお馴染みのLorraine Healy。今日はLC-A120とHolga Nで写した作品を紹介してくれました!

  • 夢で見た景色を再現: Rachel Gist × LomoChrome Film

    2016-10-27 #people lomographymagazine の記事
    夢で見た景色を再現: Rachel Gist × LomoChrome Film

    夢に出てくる現実ではありえない景色にインスピレーションを受けて、写真家であり映像作家のRachel Gistはアナログ写真によってその異世界の風景を再現しました。今回はLomoChromeフィルムで撮影された彼女の美しくもダークな作品たちをご紹介します!

    2016-10-27