【フィルムユーザー必見】暗室がなくても簡単に現像できる LAB-BOXがKickstarterに登場!

もうフィルムの現像に暗室はいらない!?誰でも簡単にフィルムを現像できる LAB-BOX がKickstarterに登場!ars-imago international. が発表したこの魔法の箱。アナログ写真好きには大ニュースです。
(※詳細はKickstarterページでご確認ください。ページはすべて英文です。)

LAB-BOX があれば、明るい部屋の中でも、陽のあたる公園でもフィルムの現像が可能。パーツを変えることで、135と120フォーマット両方のフィルムに対応することができます。白黒現像、カラーネガC41現像の際にお使いいただけます。

フィルムを LAB-BOXの中にセットして蓋を閉め、サイドのノブを回して中のフィルムを出し切ります。最後まで回したら、現像液を注ぎます。毎分10秒ほど液を撹拌させて、最後に現像液を出したら完了です!詳しい使い方は下の動画(英文)でチェックしてみてくださいね。

2/22現在、Kickstarter での支援者はすでに1300人を超えており、目標額の7万ユーロは達成済みです。2017年9月発送予定のリターンは79ユーロから。日本への発送も可能なので 要チェックです!


記事内の画像・動画はKickstarterページからの引用です。

2017-02-22 #ビデオ refallinsasaki の記事

他の記事を読む