シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

2017-05-07

情熱を共有するライフスタイルは、自身の家族への愛情がきっかけで写真家への道を進み始めたJen Panのアーティスト魂に火をつけます。かつては家族のものであった写真は、いまや変わり続ける世界のなかで決して変わらない親の子供への愛情を満足させるビジネスとなりました。

このインタビューでは、JenとPetzval 85 Art Lensの気まぐれな結びつきによって生まれた素晴らしい作品をお楽しみください!

© Jen Pan | Jen Pan Photography

まずはじめに簡単な自己紹介をお願いできますか?

Jen Panとう名前で普段はJenと呼ばれています。赤ん坊や家族に特化したシンガポールの写真家です。子供が何を考え、感じているのか完璧に知ることはできませんが、彼らは壁を持たないので写真には真実が写るんです。

写真を始めたきっかけはなんですか?

自分の子供の写真を撮り始めて、子供たちの無垢で天使のような表情を写すことに夢中になったんです。写真はその瞬間の想い出や感情を残してくれて、子供が成長した後でも見返すことができます。子供がどんどん成長してあっという間に腕に抱かれていた小さな赤ん坊ではなくなってしまうことに気が付くと、このような記録写真はとても大切なものになります。時間は巻き戻すことができないので、当時の無邪気な笑顔は写真でしか振り返ることができないことに子供が成長してから気づいたのでは遅すぎるんです。

私はそのように信じているので、自分の持つ情熱と技術を同じ想いを持つ人のために活用したいと考えています。

© Jen Pan | Jen Pan Photography

ご自身の写真家としてのスタイルについて説明していただけますか?

赤ん坊や家族を撮影するカメラマンとして、リアルな瞬間を追い求めています。常に写真家としてではなく、ストーリーテラーとして彼らの家族同士の絆を記録しているんです。写真家のなかには私たちの作品を芸術的で超現実的だという人もいれば、感情的で純粋なものだという人もいます。個人的には、見た目だけでも感情だけでもなく、その両方が入り交ざったものだと思います。どちらも同様に大切な要素で、そのバランスをうまくとることで素晴らしい物語が生まれるのです。

作品に影響を与えたモノ/人物を教えてください。

映画、想像力、子供たちが描いた絵。1800年代の古典絵画に影響を受けた頃もありました。自分とは違うジャンルのものにインスピレーションを求めることが多いですね。

写真家としての信念はありますか?

常に語り続けることです。美しい背景の前で被写体がカメラに向かって微笑んでいるイメージでは、10年後にクライアントや被写体が見返しても何も感じないでしょう。なので、私はそのような「私をみて」と言わんばかりの写真はなるべく撮らないようにしています。

良い写真を定義するとき、これまでは細部まで構成が行き届いた、端から端まで鮮明なイメージを撮ることがトレンドとされていました。ですが、個人的には動きと感情を使って物語を語る、写真の基本にフォーカスするほうが好きなんです。その点ではPetzval 85は素晴らしい働きをしてくれました。

© Jen Pan | Jen Pan Photography

ご自身の作品の中で成功したものやお気に入りのプロジェクトはありますか?

成功したプロジェクトの一つは、母乳育児への意識を高めるために制作した写真シリーズです。この コンテンツは、さまざまな環境において十分なサポートがないことで多くのストレスに直面し苦労している母親たちを励まし支えるためのものです。

最近では Straits Times, New Paper (表紙)、ZaoBao、 WanBaoAsiaOneChannel 8Live Interview on Channel News Asia 等で特集されて、国際的なものでは CosmopolitanDailyMail UKHuffington 、 CCTV 、 YahooMetro UK 、 Flipboard 、 TelegraphHerWorldPopSugar など多くのメディアで取り上げて頂いています。

お客様は世界中の子供を持つ親の皆様でおよそ1000万人に達しました。FB投稿には10万以上のいいねやシェアを頂いています。

© Jen Pan | Jen Pan Photography

デジタルとアナログはどちらを好みますか?違いはあるでしょうか?

どちらも使いますが、特に撮影に対する違いはありません。どちらもそれぞれの美しさがあるので、普段は被写体や自分の作りたいイメージに合わせて選んでいます。新しいFujifilmの中判ミラーレスカメラには期待しています。すべてのレンズが使えるようになったら、あのカメラに移行するかもしれませんね。

Petzvalレンズでの体験についてお聞かせください。面白かったことや難しかったことはありますか?

私が直面した課題の1つは、仕事での撮影にマニュアルフォーカスレンズを使用することでした。 私の被写体のほとんどは幼い子供で、彼らはじっと止まっていることができません! だから、彼らが素早く動いてしまうと感情を捉えることに集中してフォーカスを合わせることができませんでした。 ですが、うまく撮影できたときにはお客様にも他のイメージとの違いが一目でわかるほど非常にユニークな作品を撮ることができました。 芸術的、シュール、そして幻想的。これが 私がPetzval 85レンズで初めて撮影した体験から思い浮かぶ3つの単語です。

Petzval 85で撮影したもののなかでお気に入りの写真はどれですか?理由もお聞かせください。

© Jen Pan | Jen Pan Photography

芝生が美しいボケを描いて重力に逆らって突き進んでいるようにも見えるのに、観客の目を被写体に惹きつけてしまうところがとても気に入っています。

Petzval 85 Art Lensで一番気に入っている点は?

被写体の後ろの美しい円形のボケがとても気に入っています。私のプライベートな作品の多くは気まぐれな想像に基づいているので、このレンズの描く雰囲気は私が探し求めていたものにぴったりでした。Petzval 85で撮影したイメージは私の物語をよりよく伝え、観客を私の世界に惹き込んでくれる、夢みたいな力を持っているように思います。

Petzval 85 Art Lensはどのようなプロジェクトに適していると思いますか?

他のレンズや画像編集では再現できない、シュールでユニークなイメージを写したい方にお勧めのレンズです。レンズのコツを掴めば、非常に個性的な作品を作ることができますよ。いま依頼されているプロジェクトでも、Petzvalで小さなシリーズ作品を撮影してみたいと考えています。

© Jen Pan | Jen Pan Photography

初めてこのレンズを使う方へアドバイスをお願い致します。

慣れるまでは大変かもしれませんが、容量を掴めばとても使いやすいレンズです。昔からよく言うように、「習うより慣れろ」ですよ。 マニュアルレンズ初心者の方には動きの速い被写体で85mmのフルマニュアルフォーカスを使うのは非常に難しいと思うので、まずは動かない被写体で練習することをお勧めします。

Petzval 85 Art Lensを使いこなすためのコツはありますか?

フラットな光ではなく、光と影がある場所のほうがレンズの特徴がうまく現れます。より効果的にボケを生むことができるはずですよ。

今後の予定はなにかありますか?

2017年は私たちは別の課題に取り組む予定です。それは、シンガポールの母親が直面している妊娠後のうつ病に関することです。 是非そちらのプロジェクトもチェックしてみてください!

© Jen Pan | Jen Pan Photography

2017-05-07 #gear #people Crisselda Robles の記事

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

New Petzval 85 Art Lens

シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29
  • Jovian Lim:Petzval85で写すシンガポールの植物たち

    2017-01-15 crissyrobles の記事
    Jovian Lim:Petzval85で写すシンガポールの植物たち

    自分の写真はリアリズムとロマンチックさの中間にあると表現するJovian Lim。シンガポールを拠点として活躍する写真家の彼は、今回Petzval 85 Art Lensで神々しい植物たちの姿を写しました。

    2017-01-15
  • 幻想的なリアリズム:Agata Gąsekによるポートレート

    2017-05-14 #people Ciel Hernandez の記事
    幻想的なリアリズム:Agata Gąsekによるポートレート

    美しさはそれを観る人の目に左右されます。ポーランドのアナログ写真家・Agata Gąsekはカメラの前に立つ人を描くとき、現実と少しの気まぐれを融合させたポートレートを写します。

    2017-05-14
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • Guillaume Gaubert:女性の美しさを捉えたポートレート (NSFW)

    2017-01-22 #people Ivana Džamić の記事
    Guillaume Gaubert:女性の美しさを捉えたポートレート (NSFW)

    フランス人の写真家Guillaume Gaubertの得意なことは、美しいものを見つけること。数年前に写真撮影に興味を持つようになり、その後本格的に写真の世界へ入ることを決めました。現在は主に女性のポートレートを撮影していて、それが彼にとっての永遠のインスピレーションの源だと語ります。

    2017-01-22
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people lomographysoholondon の記事
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

    2017-05-26
  • LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    2017-05-23 #people biondapiccola の記事
    LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    Anna Di Prosperoはその類まれなる才能で職業としての写真家の道を切り拓きました。日常を切り取る写真家・AnnaがLa Sardina DIYで楽しく撮影した写真をインタビューとともにお楽しみください!

    2017-05-23
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    2017-01-02 #culture #people breaking_the_skys の記事
    ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    SNSと密接に結びついたデザイン芸術、織物、そして写真をすべて融合させたら何が起こるでしょう?それは魔法のような出来事です。少なくとも、Rita Cordeiroはそう呼びます。今日は彼女のInstagramから、個人的もしくはブランドのために撮影された美しい写真たちをご紹介いたします!

    2017-01-02
  • CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事
    CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

    2017-03-16
  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20