色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

Arthur Pang (@arthursoptic) は香港で生まれ育った写真家です。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だといいます。今回は彼に Lomography Color Negative F²/400 でありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!色の力を再認識させられる写真ばかりです。

Credits: arthursoptic

フィルムは絶滅したかって?もちろんその答えはNO!若者のあいだでフィルム人気が復活しているおかげで、このデジタル社会にもフィルムの需要が増えてきています。試してみたいフィルムがどんどん増えるのは素晴らしいことす。今日ご紹介するのはロモグラフィーから限定販売されている Lomography F²/400フィルム。どんな写りになるのか実際にみてみましょう!

このフィルムで注目すべきはその美しい発色。コントラストが強く、ビビッドで鮮やかなな写りです。もちろん鮮明さは言うまでもありません。

Credits: arthursoptic

上の写真からもわかるように、このフィルムはまるでHDRのように色のディテールまで写し出してくれます。もう一つ覚えておくべきことは、光に飢えているフィルムだということです。感度320くらいの設定で撮影して、1/3程度多めに露光することをオススメします。露出不足の場合には暗い部分にざらつきが出てしまうでしょう。このフィルムの特徴をよく知っておくことで、その質感をクリエイティブな作品に生かすこともできますよ。

Credits: arthursoptic

フィルムを手にした時、何を撮るかまったく決めていませんでした。とりあえず、自分のお気に入りの場所に行って撮影してみたんです。まず色とりどりの照明があって、様々な方向から光が差し込むマーケットへ向かいました。この難しい環境の中でも、フィルムは簡単にビビッドなトーンでコントラストの強いイメージを写してくれました。カラーシフトによって特定の色が抑制され、その他の色は強調されています。

Credits: arthursoptic

このフィルムはビビッドでシュールな世界へと案内してくれます。目に写ったどんな色でも、このフィルムで撮影すれば素晴らしい結果になるでしょう。夏に使えば明るい太陽の日差しが素晴らしい効果を生んでくれるに違いありません!

今回は日差しの強くない冬の撮影でしたが、コントラストにはなんの問題もありませんでした。もし冬にこのフィルムを使うのであっても光量についてはあまり気にする必要はないでしょう。ポイントとしては、面白い色の組み合わせを探すといいと思います。対象的な色を一緒に写すと、赤、黄色、青をフィルムが強調してくれて印象的な写りになりますよ。

Credits: arthursoptic

このフィルムは赤色がお気に入りみたいです!


いかがでしたか?
Arthurの写真をもっと観たい方は 彼のロモホームInstagram もチェックしてみましょう。


大好評につき即完売してしまった Lomography Color Negative F²/400 。現在オンラインショップで再販中!在庫限りとなりますので、このチャンスにぜひお買い求めください。
※ オンラインショップ でのご購入はお一人様10本までとなります。前回ご購入いただいた方は購入をご遠慮ください。複数回ご注文の場合にはキャンセルさせて頂く場合がございます。また発送は3/13(月)からを予定しております。何卒ご了承ください。

直営店Lomography+ での販売は 3/11(土)開始予定です。お一人様5本までとなります。

Lomography Color Negative F²/400のより詳細な特徴は こちら のマガジン記事でチェック!

2017-03-11 #gear

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

  • カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    2017-10-26 refallinsasaki の記事
    カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    Simple Use Film Camera Color Negativeには3枚のフラッシュ用カラーフィルターがついています。このカラーフィルターを使ってフラッシュ撮影をすると、写真をビビッドな色に染めることができるんです!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    2017-06-27 #ニュース #people
    Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    Alex Totaro がSNSに投稿した Lomo'Instant Automat Glass の写真を発見した私たちロモグラフィーは、カメラの第一印象とともに撮影のコツについて彼にインタビューしました!彼がロンドンのバービカン・センターやイギリス各地で撮影した写真をご紹介します。

  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!