CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

2017-03-16

ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

Photo by ccwu

ロモホーム: ccwu

New Russar+ Lensの第一印象はいかがでしたか?

とてもワイドなアングルに感動しました。それに軽くて持ち運びやすいですね。

Russar+ Lensでの撮影にはどのカメラ/フィルムを利用しましたか?

カメラはFED5、フィルムは Lomography X-Pro Slide 200 Film を使いました。

何を撮影しましたか?また、撮影してみた感想はいかがでしたか?

街に出かけて、猫や夜景を撮影しました。使いやすいですね。ワイドな画角はスナップショットにぴったりだと思います。

Russar+ Lensで気に入っている特徴はなんですか?理由もお聞かせください。

コンパクトなところが気に入っています。持ち運びやすいし、カメラが重くなることもなくて助かります。

Russar+ Lensでの撮影に際して苦労したことはありますか?また、そのときどのように対処したでしょうか?

フォーカスを合わせるのが少し難しかったですね。撮影中はLC-Aのフォーカシング方法を利用していました。

撮影した写真のなかでのお気に入りと、その理由を教えてください。

Photo by ccwu

僕の愛猫のCharlieです。フォーカス距離は最短に設定しています。

Photo by ccwu

街中でも猫の写真を撮るのが好きなんです。いつもカメラを使って彼らとコミュニケーションを取っています。

Photo by ccwu

Russar+は夜景にも適していますね。

ccwu、素敵な写真と体験を共有してくれてありがとうございました!


New Russar+

1958年に発表されたRussar MR-2。現代のスーパーワイドアングルレンズの基となり、シャープなワイドアングル写真が撮影出来るレンズです。その伝説のレンズをロモグラフィーが生まれ変わらせました!シャープな写りのスーパーワイドアングルショットをお楽しみください! Russar+はロモグラフィーがデザインした、L39、Mマウントに対応したレンズです。様々な種類のアナログカメラ、ミラーレスカメラにマウントアダプターを介して取り付け可能です。ロシアのゼニット社の工場で生産されるRussar+は、その個性的な写りや、生み出すイメージの質が高く、最高のワイドアングルレンズです。

>> 製品マイクロサイトへ
>> オンラインショップへ

関連おすすめ記事

New Russar+で撮影されたシャープなモノクロ写真

LomoAmigo: Heison NgのNew Russar+ Lens フォトコレクション

LomoAmigo: Heison Ng、New Russar+レンズで撮る

New Russar+の描くリアルな世界

New Russar+ビデオ:A Tokyo Day & Night

New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

Minitar-1 & Russar: snap! 編集長 鈴木文彦

Russar+: 接続可能なカメラ

2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    2016-09-05 #culture lomographymagazine の記事
    ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    世の中には、私たちの目には速すぎてみることのできないものも沢山あります。ですが、カメラを使えば速さや視力に関係なく、その瞬間を写真に美しく写し出すことができます!ここに紹介するハイスピードな写真たちは、目では決して見ることのできない、素晴らしい瞬間を描き出しています。

    2016-09-05
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    2016-12-05 #gear #culture #ニュース sikakuipanda の記事
    [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    Lomo'instant Automatが手元に届くのが待ちきれない方も多いかと思いますが、フィルムの準備はもうOKでしょうか?今回は直営店スタッフが、話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、どんな効果が発生するのか試してみました! 通常のモノクロフィルムと同様の効果はえられるのでしょうか!?

  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear lomographymagazine の記事
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • 映画『キャロル』の"視線"ショット

    2016-08-16 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    映画『キャロル』の"視線"ショット

    許されぬ恋は熱く燃え上がるもの。映画『キャロル』で頻繁に使用されていた主人公のまなざしを思わす”視線”ショットの数々。2015年の代表的な愛の映画から抜粋された美しいシーンを観ながら、見つめること、を見つめてみましょう。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノーボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 60年代、70年代へタイムスリップ:Valentin Ducielへのインタビュー (NSFW)

    2017-04-08 #people Ivana Džamić の記事
    60年代、70年代へタイムスリップ:Valentin Ducielへのインタビュー (NSFW)

    記憶に残るヒッピー運動にインスパイアされたValentin Ducielの素晴らしい写真は見飽きることがありません。Valentinの時代を超越する大胆な作風とシンプルなもののなかにも美しさを見出す能力は彼の作品を唯一無二にしています。

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『私』大賞発表

    2017-05-30 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『私』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは2016年のスペシャルカテゴリー『私』大賞の入賞作品を発表致します!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『脱コンクリートジャングル』大賞発表

    2017-05-28 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『脱コンクリートジャングル』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『脱コンクリートジャングル』カテゴリーの入賞作品を発表致します!