女性として、世界を旅することについて。

2017-03-07

明日3月8日は 国際女性デー です。
今日はフォトグラファーの Kamila K Stanleyが自身が旅していて気づいたこと、そして実際の出来事から感じたことを綴ったマガジン記事を紹介します。この記事のオリジナルは www.lomography.com に2016年3月8日に掲載されたものです。


リンダ・マッカートニーやパティ・スミス、私の母や妹、そして私を写真家にしてくれた全ての女性たちについてお話しするのもいいですが、この記事は Marina Menegazzoと María José Coniの二人に捧げます。

女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。

世界のどこへ行っても、人々は優しく私を迎えてくれました。しかしそれと同時に、女性の一人旅に対する偏見も目の当たりにしました。

中国を旅した時はたくさんの人からじろじろ見られ、写真を撮られました。ヨーロッパでは道で野次を飛ばされたり酔っ払いに後をつけられ、通り道を変えなければいけませんでした。北米へ向かう飛行機の中では、私の隣に座ることを拒否した人もいました。南米で私は、女性が学校や職場、交通機関、バー、路上などあらゆる場所で昼も夜もハラスメントに悩まされ、怒っているという現実を知ることになりました。しかしだんだんと私はそんな世界に慣れ始めていました。

そして、一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかありました。

「両親はどうしてあなたに一人旅なんてさせてるの?」
「あなたの彼氏は何て言ってるの?」
「女の子の一人旅なんて危険だよ。」
「夜遅くにこんな所歩いてちゃダメだよ。」

こうしたお説教を聞くたびに、私は頭に血がのぼるような思いでした。自分が望むところへ行く自由や自立したいという願いが、女性であるというだけで無謀で生意気な選択だと思われるのです。好きな時に好きな人と行きたいところへ行くことは、誰もが持つ権利のはずです。

私は砂嵐の吹く砂漠も、美しい湖をかこむ山々も今までに旅してきました。旅から得た経験は、私が得たもので最も価値のあるものです。写真への情熱を深めさせ、それまでの私の価値観を変えてくれた人々に出会い、学校では学べないことをたくさん知りました。

一ヶ月前、Marina Menegazzoと María José Coniは故郷アルゼンチンのメンドーサを旅立ちました。(私自身もメンドーサへは数年前の夏に訪れました。)21歳と22歳の二人はペルーやエクアドルを回り、飛行機でサンティアゴへ戻り、バスで家へ戻るはずでした。(数年前の私は、疲れと興奮でドキドキしながら砂がたくさん詰まった靴のまま、彼女たちと同じバスに乗りこんだことを覚えています。)しかし二人が飛行機に乗ることも、このバスに乗ることもありませんでした。

その時エクアドルでは、モンタニタのビーチで黒いゴミ袋に包まれた二人の体が発見されました。数日前の夜、二人の男が彼女たちの後をつけレイプしようとしたのです。しかし彼女たちは抵抗し、殺されました。

南米のメディアは彼女たちが女の子だけで旅していたことを批判し、新聞やジャーナリストは彼女たちの計画した旅行プランやお金の使い方について様々な推測をしました。そして嘆き悲しむ両親たちのしつけを疑問視する声もあがりました。そんな中、アルゼンチンのジャーナリスト Mariana Sidotiが Twitterでこんなつぶやきをしました。

"彼女たちは大人の女性。法的にも成人していて、二人で旅行していたのに、女の子『だけ』ってどういうこと?何が足りないの?誰がいれば『だけ』じゃないの?二人が女性に生まれたばかりに、二人だけじゃ足りないってこと。『だけ』にならないために、いったい何が必要なんだと思う?"

María José と Marina。二人がいたということをこれからも語り継がなければいけません。そして私たちはこれからも自由な旅を続けるでしょう。荒れた道を歩き、異国の星の下で眠り、冷たい朝に山から昇る太陽の光を浴び、女性として、どこまでも遠くへ旅をします。潮の匂いのする髪を風になびかせながら、裸足で踊りつづけましょう。

彼女たちに敬意を表して。二人が今もどこかで旅を続けていることを信じています。


Kamila K Stanleyは イギリスとポーランドの写真家。彼女の作品はDazed & Confused や VICEで使用され、世界中で展示も行なっています。

全ての写真は Kamila K Stanleyの作品です。 彼女の ロモホームwebsiteFacebookInstagram もチェックしてみてください。

2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事

関連商品

Agfa Vista 200

Agfa Vista 200

晴れやかで大胆な色を Agfaphoto Vista 200で手に入れましょう。屋内でも屋外でも、素晴らしい描写の35mmのカラーネガフィルム。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    2017-03-08 #people mpflawer の記事
    若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    Marine Toux は若きフランス人女性フォトグラファー。そんな彼女を国際女性デーに紹介できて私たちもとっても嬉しいです!フェミニズムに対する考え方や、写真の世界で女性として生きていくことについて語ってくれました。

    2017-03-08
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

    2017-04-20
  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:人にやさしく

    2017-04-09 #ニュース Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:人にやさしく

    少しの誉め言葉でも人は凄く嬉しくなるものです。言葉にするのが恥ずかしいシャイなあなたにはLomo'Instant Automat Glassが強い味方になってくれますよ!

    2017-04-09
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • ショップニュース

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    毎年大人気のロモグラフィーの福袋。2018年もアナログ写真を極めたい方、初めてフィルムカメラを使う方、考えずにただただ撮りたい方など、皆さんに喜んでいただける福袋をご用意しました!売り切れ続出のフィルム福袋や、フィルムとカメラがセットになった福袋など、どれも大満足な内容。2018年最初の1枚はロモグラフィーのフィルムやカメラで切り撮ってみませんか?数量限定なのでお早めにどうぞ!

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

    2017-03-23
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    2017-04-07 Lomography の記事
    ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    香港を拠点とする写真家 Yiyiuは Lomo'Instant Automat Glassを連れて友達とデートへ!あいにくの雨で天気は最悪だったけど、素晴らしいポートレートを披露してくれました!彼女が撮影した写真とインスタント写真についてのインタビューを大公開。

    2017-04-07
  • 実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    2017-02-04 #people Ivana Džamić の記事
    実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    「夢のような景色」という言葉から、どんな風景を想像しますか?それは Dustin Adamsの写真にふさわしい表現だと言えるでしょう。スケートボードがきっかけでカメラを始めて以来、彼は素晴らしい写真を撮り続けています。

    2017-02-04
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18