美しい生命のサイクル:Hendra Lauw × Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

2017-03-20

シンガポールを拠点とするフォトグラファー・Hendra Lauwは人気のフォトブログ hendralauw.com を通じて知識や情熱を発信しています。数々の賞にノミネートされその実力を認められているにも関わらず、彼は未だに自身の仕事に満足する様子がありません。

今日は彼がロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って、苦難を耐え忍び美しく咲き、そして枯れていく蓮の花の一生を描き出しました。この美しくも儚い生命のサイクルは私たちの人生にも重ね合わせることができるでしょう

© Hendra Lauw
生命のサイクルは地球上のあらゆる生命の循環を意味しています。
生まれてから死ぬまで、若い頃から年老いるまで。
© Hendra Lauw
自然に消えていく過程には美しさがあります。
生命は脆く儚いですが、それゆえの美しさもあるのです。
© Hendra Lauw
© Hendra Lauw
私たちの住む宇宙では常にこのようなサイクルが繰り返されています。私たちはそれらに目を向け、深く考えさせられることもあれば、「それが人生だ」と割り切ってしまうこともあるでしょう。いつか必ず、私たちの順番もめぐってくるのです。
© Hendra Lauw
© Hendra Lauw
生と死は私たちのプライベートな空間のなかで起こります。
死んでいくものもあれば、その一方では新しい命が生まれます。
このようにして生命のサイクルは続いていくのです。
© Hendra Lauw

Hendraは人生を花にたとえようとしました。どちらも儚く、繊細で、美しいものだからです。この蓮の花が撮影された池は、止まることなく生命が繰り返されていく私たちのプライベートな空間を表現しています。Hendraにとって蓮の花の繊細な花びらは人生の儚さと人間としての私たちの脆さのなかにある美しさを象徴しているのです。

また、Hendraはこの撮影について、「Petzval 58の特徴的なぐるぐるボケは。まるで人生のサイクルを表現しているようで、今回の作品をより印象的なものにしてくれた」と語ってくれました。

Hendraは現在『 The Unexpected(予測不可能) 』と シンガポールのドキュメント に取り組んでいるそうですので、チェックしてみてくださいね!

2017-03-20 crissyrobles の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む