アナログ世界紀行:インド

2017-03-15

「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な街をご紹介します!今日は、ロモグラファーのDominik Tomczykがインドでの冒険を語ってくれました!

案内人: Dominik Tomczyk
ロモホーム: @tomczykd
使用カメラ: Zeiss Ikon Nettar 517/16
使用フィルム: Rollei Superpan 200
撮影地: ジャイプル、ウダイプール(インド)

私がいたジャイプルから11キロ(6.8マイル)離れた場所にアメルという町がありました。有名なアメル砦はとてもユニークで、ヒンズー教の芸術的なモチーフも見ることができます。砦に行くために、なんと私は象に乗ったんです!非常に貴重で面白い体験でした!!また、城壁、大きな門、石畳の道の美しさにはとても感動しました。私の写真でこの特別な地の魅力が少しでも伝われば嬉しいです。

ウダイプールには数日間滞在しました。どの町でも色んな出会いがありましたが、ウダイプールの家族との出会いは一番心に残っています。私は毎朝彼らと一緒にいて、彼らはたくさんのことに気づかせてくれました。その経験はずっと私のなかに残り続けることでしょう。人助けは素晴らしいことですね。


あなたも"アナログ世界紀行"に投稿してみませんか?興味を持った方は eunice.abique@lomography.com まで、件名を "Around the World in Analogue" にしてご連絡ください(コミュニケーションは英語のみとなります)。あなたの忘れられない旅の思い出をロモグラフィーで共有しましょう!※投稿をご希望の方は こちらのガイドライン(英文) もご確認ください。

2017-03-15 #places Lomography の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む