Diana F+ でダイナミックなエンドレスパノラマ!

大迫力のフルパノラマで写してこそ魅力的な風景。Diana F+ ならフィルムが続く限り世界の果てまでダイナミックに切り取ることができます!

Diana F+と果てしないパノラマ

120フィルムの特徴は真四角なイメージです。ですが、正方形の枠を飛び出して撮影したいときにはどうすればよいでしょうか?ときには、大迫力のフルパノラマで写してこそ魅力的な風景があります。そんなとき、Diana F+なら簡単にパノラマ写真を撮影できるってご存知でしたか?

Diana F+ のエンドレスパノラマは正方形のフォーマットを隙間なく並べて、一つの大きなイメージを作り上げることでできています。地平線に沈む夕日やスカイライン、ダイナミックなストリートショットを撮影したいときには特におすすめの方法です。

Diana F+ をオンラインショップでチェック
Diana F+ の製品マイクロサイトをチェック

1,2,3でパノラマを撮影しよう!

Diana F+に4.2×4.2サイズのプラスチックマスクをセットしてエンドレスパノラマを描きましょう!その際、Diana F+の背面にあるフィルムの設定は「16」に設定します。こうすることでイメージが隙間なく隣り合い、どこまでも続くパノラマ写真を撮影できるようになります。もう少し大胆でクリエイティブなパノラマに挑戦したい方は、Mandiのクールなテクニックを参考にしてみてください!Diana F+スピンショットモードと名付けられたこの技では360度のスーパパノラマを作れます!

必要なもの:
・Diana F+
・Diana F+のパッケージに付属の 4.2x4.2サイズのプラスチックマスク
・工具:スクリュードライバー、スタンレーナイフ(またはブレード)
・空の35mmフィルムケース(できれば透明のもの)
・厚紙など切れる厚紙
・中判フィルム対応のスキャナーがあると便利です
・三脚(必要であれば)

手順の詳細はこちら からご確認ください。

Dianaクローンでもパノラマ撮影は可能です!

豊富なカラーシリーズから、あなたの好みにピッタリのDiana F+ を見つけてくださいね!スペシャルエディションからオンライン限定まで、どれも素敵なこのプラスチックカメラはあなたのアナログ魂を震わせるドリーミーなパノラマ体験をお約束いたします!

Diana F+ Black Jack - 今すぐ体験する
Diana F+ CMYK - 今すぐ体験する
Diana F+ Mr. Pink - 今すぐ体験する

他のデザインもみる

Diana F+以外にも!ファンタスティックなパノラマカメラたち

Specially picked cameras and accessories for more panoramic adventures!
パノラマ撮影をより楽しむためのカメラやアクセサリーをご紹介!

1. Lubitel+ – このクラシックな二眼レフカメラでは特殊なパノラマ撮影もできちゃいます!

2. Diana 35mm Back+ –Diana F+に35㎜バックをセットすればスタンダードもスプロケットホールまで写すサイズも思いのままのパノラマが可能です。

3. Horizon Kompakt – シャープなパノラマイメージを写したい人に完璧なパノラマ界のプロフェッショナル!

4. ケーブルレリーズ – 夜間や長時間露光もこれさえあれば完ぺき★

5. 三脚 – ブレのないイメージを撮影するための心強い味方です!

Diana F+ エンドレスパノラマギャラリー

以前開催されたDiana F+のエンドレスパノラマを使ったコンペティションの輝かしい受賞者のみなさまの作品をご覧ください!
hhjm, mephisto19, sadmafioso, takezzo.
エンドレスパノラマを使った作品は Diana F+の製品マイクロサイト でもご覧いただけます。

ロモグラフィーのお得な情報や新着情報をすぐに知りたい方はニュースレター に登録しよう!

2017-04-07 #ニュース kazarareta の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【新登場】よりワイドな写りを Lomo'Instant Squareで楽しもう!

    2018-03-14
    【新登場】よりワイドな写りを Lomo'Instant Squareで楽しもう!

    Lomo’Instant Square で撮影をお楽しみ中の皆さまに朗報です!待望のワイドアングル・ガラス・アタッチメントレンズ が新登場。ガラスレンズで細部までシャープに写し、最短50cmまで被写体に近くことが可能。大人数でのグループショットや、ダイナミックな風景写真を撮影してみましょう!

  • 永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    2017-06-09 refallinsasaki の記事
    永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回はなんと高校生の永遠 (@towaforever1) さんの作品をご紹介。

  • 嶌村吉祥丸 (@kisshomaru) x LC-A+

    2017-06-06 refallinsasaki の記事
    嶌村吉祥丸 (@kisshomaru) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回は嶌村吉祥丸 (@kisshomaru) さんの作品をご紹介。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • アナログ世界紀行:富山県、日本

    2017-04-30 #ニュース
    アナログ世界紀行:富山県、日本

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日は@akio_nakaiがコマーシャル撮影に出かけた富山の魅力を紹介してくれました!

    1
  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!