Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

Tristan Aitchisonはイギリスを拠点とする映画監督、写真家です。今回、彼はスコットランド高地の最北を横断する500マイルの旅をLC-Wideで記録してくれました!この美しい場所で彼が出会った丘やビーチ、風景を写真を通じて一緒に発見しましょう!

Photos: Tristan Aitchison

それは23日の金曜日だった。― スコットランド北部を旅する6日間のロードトリップで一晩目に予約したB&Bのオーナーはこう言った。 「もしここまで到着できそうになければ電話してください」。窓の外をみると外はまだ吹雪いている。私は頑なにこう答えた。 「なんとか辿り着いてみせるよ」と。

ロモグラフィーから伝説的なLC-A+の超広角バージョンである LC-Wide のレビューを頼まれたとき、私はすぐにNorth Coast 500のことに思い至りました。それはイギリス本土から最も遠い、スコットランドの北にある高地を巡る500マイルの壮大な旅で、私の人生の目標の一つでもありました。この旅はCNNによって世界のロードトリップでトップ10の一つに位置付けられています。私がこの旅行を実現するためには世界中を旅したり、アマゾン川を渡ったり、モンゴルの牧草で発酵した牝馬のミルクを飲んだりする必要はありません。ただ最後まで運転を続けて、13日の金曜日、雪が道を凍結させる前にMackenzie婦人のB&Bに辿り着ければいいだけだったのです。

Photos: Tristan Aitchison

旅の第一歩は東方のBlack Isleの端にある自分の家から西海岸にあるLochcarronまで向かうことでした。旅はまだ始まってもいなかったし、公式な旅の出発地であり終点であるInvernessにすらたどり着けそうにありませんでした。言い訳が許されるなら、ロモグラフィーのゴールデン10ルールの10番目にこんなのがあります。 「ルールを気にしないこと!他人の言うことなんて聞くことはありません。真実をあなた自身の中に残して、あなたの内なるロモグラフィックな声に従いましょう」。 私の理想のロードトリップはオープントップの車、映画『テルマ&ルイーズ』、そしてバックミラーに写るまだ若い頃のBrad Pittの瞳です。現実の世界では私は韓国産SUVのハンドルを握りしめ、冬の吹雪のなかをフロントガラスを眺めながら時速30マイルで走っていました。 西海岸とLochcarronに近づくと天気は変わって雲が開け、ポストカードのような景色が現れました。

NC500を旅する人の多くはバイクやキャンピングカー、レンタルスポーツカーでほぼ一方通行の道がホーチミンのようにいっぱいになる、もっと快適な夏の日に出かけるでしょう。1月の初めにこのルートを走るということは、ヨーロッパ最後の真の荒野ともいわれる開けた道を一人きりで何マイルも進まなければならないことを意味していました。
日の出が午前9時、日の入りが午後4時で日中に500マイルすべてをドライブするためには慎重な計画が必要です。ですが、この時期なら道が混雑することはありません。

Mackenzie婦人のためにEdithにお別れをいって、私はいまや最初のステップであるLochinverへ続く海岸線にいました。この周辺は西部へ出かけたときの家族旅行で良く知っている道でした。まだ子供だった当時は、ボルボの後部座席に詰め込まれて曲がりくねった道を進んだり、濡れたスパニエルとバーバージャケットの匂いで胸がむかいたりしていたのはいい想い出ではありませんでしたが、大人になってみるとこれほど素晴らしい場所はありません。絶え間なく変わる天候とともに変化する美しく荘厳な山々は西大西洋を圧巻しています。光の差し方が変わると泥炭の汚れた黒い穴は周囲の絶景を反射する銀色の鏡に姿を変えます。

高地はその美しさはもちろん、観光客好みのタータンやウィスキー、お城などでも評判です。高地の出身であれば自分の故郷については観光客とは違う視点を抱くでしょう。そこに住む人々は地形と天候から逃れることができません。その残酷さは何世紀にも渡ってその土地と人々との関係性を作り上げていて、この歴史は高地に住む人の魂にも刻み込まれています。壊れた壁や荒れ果てた農地の側を通り過ぎると、自然と人の戦いは自然が勝者のように思えるかもしれません。ですが、真実はより複雑なのです。

Photos: Tristan Aitchison

北方の高地はヨーロッパでもっとも人口がまばらな地域の一つですが、昔からそうだったわけではありません。かつては寂しい渓谷にゲール語を話す農家がテナントとして入っており、小さな農地でなんとか生計を立てていました。1770年から1850年代にはこれらのコミュニティーは強制的に土地と家屋を奪われました。裕福な土地の所有者は人よりも羊のほうが利益になると考えたのです。ウールはイギリス帝国が他国へ進撃する際のユニフォームを作るために南へ送られました。浮浪の民族のなかには十分な体力のない者を置いてアメリカやカナダ、ニュージーランドへと危険な冒険に旅立つものもいました。取り残されたものは荒れ果てた不毛な土地に残るほかなく、何度も生活を立て直そうと挑戦しては挫折を繰り返しました。ハイランドクリアランスとして知られているこの悲惨なスコットランドの歴史は、いまでは現代の民族浄化の第一の行為として非難されています。

ドライブを一休みしてLochinveの近くにある オールドマンオブストー という60メートルの海食柱へと潮風を浴びながらハイキングに出かけました。北大西洋のパワーがこの砂岩を打ち砕いたのかと考えると、本当に感動的な大スペクタクルでした。特にモノクロで観るこの風景はとても気に入っています。重い雲が大地を覆い、雨は降っていないのに地面は湿っています。孤独に聳えるオールドマンオブストーのシルエットには哀愁がありどこかミステリアスです。私が高地を好きな理由の一つは、簡単にあるがままの自分になれるからなんです。その日その風景をみたのは私ただ一人だけでした。

Photos: Tristan Aitchison

Assyntを通って北へ向かう旅に戻りましょう。 道中はすべてのコーナーを曲がるたびに、壮大な景色に頬をぶたれているような気持ちでした。 それは力強く頑丈で、まるで世界の終わりのようでした。 素敵なロードトリップにはサウンドトラックが不可欠ですが、今回の場合はJeff WayneのWar of The Worldsでしょう。この見たことの無いような地形を過ぎると、70年代のエイリアンの新劇や人類の破壊行為を彷彿とさせるような景色が現れました。その光景をみたとき、ロモグラフィーの別のワイドアングルカメラである Sprocket Rocket を使って自分自身のロモウォールのトリビュートを作ろうと思いつきました。

5日目は北海岸のビーチや岬を探検しました。この付近の湾や洞窟は世界で最も潮流の速い海峡の一つであるペントランド海峡の流れから避難してくるシャチの群れの避難所ともなっています。最終日はまたロモグラフィーのゴールデンルールの10に従い、NC500のオフィシャルな道を逸れて旅を続けました。Invernessまで東海岸を下る代わりに、Strathnaverを通って陸地の方面に向かいました。かつてコミュニティが住んでいたこの幽谷は、残酷で無慈悲な民俗浄化で悪名高いものです。 その歴史はいまだに空気中に残っており、特にRosalの荒廃した村ではその痛ましさが感じられます。

Photos: Tristan Aitchison

家に繋がる最後の直線道路に入ったころには、この500マイルを終わらせてしまいたくありませんでした。いまでは雪は山頂付近にしか降っていません。私は過去の旅、トランスシベリア鉄道やインド亜大陸を横断したときのことを思い出していました。今回のNC500の旅はそれらを上回っていたかもしれません。自分の故郷でこのような経験をできたことをとても誇りに思っています。

Photos: Tristan Aitchison

Tristan Aitchison はスコットランドの高地出身の映像作家です。彼が撮影したケニアのトランスジェンダー、インターセックスコミュニティのドキュメンタリー 『Sidney & Friends』 は2017年の夏に国際映画祭で公開予定です。掲載画像は LC-Wide と Fomapan 200 で撮影し Kodak D76 1+1 で自家現像したものと、 Lomography Sprocket Rocket と DIYでレッドスケールにした Agfa Vista 200 Redscale 、 Lomography Color Negative 400 で撮影したものです。

2017-05-06 #ニュース

関連商品

Lomo LC-Wide

Lomo LC-Wide

革新的な17mmワイドアングルレンズを搭載した35mmコンパクトオートカメラ。

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 写真集『#イットガーリー』Aoi Yamada

    2017-11-20 #culture #ニュース #people choko3 の記事
    写真集『#イットガーリー』Aoi Yamada

    インフルエンサーの日常をフィルムで切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 最新作では、ダンサーとしてミュージックビデオやCMで活躍する Aoi Yamada さんを特集しています。ロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も掲載されていますよ!