Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品は真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

今日は彼がロモグラフィーの Daguerreotype Achromat Art Lens で写したモノクロフィルムの世界をお楽しみください。

読者の皆様に簡単な自己紹介をお願いできますか?

僕はKamal Tung。現在は大学で勉強しながら Wanderjournals のような旅行サイトのプロジェクトを友人と進めたり、友人や好きな人に手紙を書くのが好きだったことから始めた Typeletters というサービスで手紙の代筆を行ったりしています。フィルムが写すイメージが好きなのでいつも撮影にはフィルムを使うことが多いです。デジタルとは全く違って一つ一つのショットが貴重で、フィルムは物理的である点にも惹かれます。

今回お使いいただいたDaguerreotype Achromatは魅力的な歴史を持つレンズです。最初に見たときの第一印象はいかがでしたか?

初めてみたときはPetzvalレンズと同様に金色で可愛らしい見た目がとても気に入りました。交換式の絞りプレートもDaguerreotypeアートレンズの魅力の一つですね。フォーカスの設定方法は、ピント調節ノブで素早く設定ができるPetzvalとは違ってリングフォーカス式でした。

今回はどのカメラを使用して、なんの写真を撮影いただきましたか?

人のポートレートが多いですね。ボケやスペシャルプレートの効果が面白くて、ポートレートにぴったりなレンズなんです。出来上がったイメージは素晴らしいものばかりでした。撮影にはNikon FAとArista Premium 400を使って、現像は自分で行いました。

Daguerreotype Art Lensはあなたの作品に特別な効果を与えたでしょうか?はじめて撮影したときのことについてお聞かせください。

ソフトで幻想的なイメージがとても気に入りました。色んなものが混ざり合って生まれるボケは絵画のような印象も与えてくれます。様々な効果に挑戦するために異なる絞り値や星型のものなど、絞りプレートを変えて色々試してみました。初めての撮影では双子のモデルを撮影したのですが、ボケはソフトフォーカスの美しい効果を生んでくれました。フィルムの現像後は結果に驚かされると同時に仕上がりにとても満足しました。

このレンズはロモグラフィーの実験的な伝統を継承しています。レンズを使って挑戦してみたことはありますか?

レンズが生み出すソフトで幻想的が非常に気に入ったので、すべてのスペシャル絞りプレートを一番大きい絞り値で使ってみました。Daguerreotypeが写す雰囲気は他のレンズには決して表現できません。

Daguerreotype Art Lensの一番気に入っている特徴は何ですか?

Daguerreotype Art Lensのスペシャル絞りプレートはPhotoshopでも再現できないユニークなイメージを写してくれるので、一番気に入っています。

ロモグラフィーの他のアートレンズと比較して、Daguerreotype Art Lensの特徴はなんでしょうか?

Petzval Lensでも撮影したことがありますが、Daguerreotype Art Lensとはフォーカスの設定方法が異なります。Petzvalのノブ式のピント調節のほうがフォーカスは合わせやすかったように思います。ですが、Daguerreotype Art LensはPetzvalよりも軽くて持ち運びやすいです。また、Daguerreotype Art Lensには付属でもスペシャル絞りプレートが付いているし、よりクリエイティブな効果を楽しむことができました。

なぜスペシャル絞りプレートを使おうと思ったのでしょうか?

シャープさや品質の高いレンズはたくさんありますが、それではあまり面白味がありません。Daguerreotype Art Lensは他のレンズとは異なる、ユニークで撮りがいのあるイメージを写してくれます。写し出すイメージは少し幻想的で、それにぴったりなイメージを撮れるようにあなたのイマジネーションや創造力を刺激してくれると思います。

最後に技術面について、初めて使う方へのアドバイスがあれば教えてください。

無くさないように注意しながら、絞りプレートをいろいろためしてみてください!


彼の作品をもっと観たい方は ホームページInstagram もチェックしてみてください!

2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensがあれば、シャープなイメージ、ソフトフォーカスの両方が一本のレンズで撮影できます!挿入する絞りプレートによってボケの発色、質感をコントロール可能。表現の可能性が無限大に広がる魔法のような一台です。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    2017-04-28 #gear #people Crisselda Robles の記事
    Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    シンガポールのロモグラフィーコミュニティの前線で活躍するRichard LinがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使ってフィルム写真のさらなる可能性に挑戦してくれました。インタビューと作品をお楽しみください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    2017-05-09 #people
    家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    アメリカのフォトジャーナリストNancy Borowickは両親がステージ5の癌と診断されて以来、家族の想い出を写真に残し続けています。「この瞬間を永遠に刻む」という写真本来の目的のもとで、写真家としてではなく家族として彼女は両親にレンズを向けます。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。