アーティスト・Eliot Lee Hazel × LomoChrome Purple

2017-05-13

Eliot Lee Hazelの作品を深く観ていくと、そのスケールの大きさに圧倒されるとともにそれぞれのイメージのなかの細かいディテールまで注目しようと惹き込まれてしまうでしょう。彼の作品に潜む多くのことを通して観客は新しいモノの見方を学び、本当にユニークな観点を得ることができます。今回、私たちは彼がロモグラフィーの LomoChrome Purple Film で撮影した作品を中心にEliotにインタビューを行いました!作品とともにお楽しみください。

ロモグラフィーのコミュニティーへようこそ、Eliot!まずはじめに簡単な自己紹介をお願いできますか?

こんにちは!私の名前はBob、もしくはEliot Lee Hazelとして知られています。

あなたの作品では、テーマがファッションであってもイメージの裏側には構成的な意図が隠されているように感じます。写真に写る幾何学的な形にはこだわりがあるのでしょうか?また、どのようにして服装に囚われることなくイメージを構成していますか?

幾何学的な形を利用することはこれまで意図してやってきたことではなく、ちょうど始めたところなんです。イメージのなかの空いたスペースを使って異世界のような雰囲気を作り出すのが好きなんです。

ロモグラフィーはフィルムや実験写真すべてをテーマにしていますが、写真メディアの違いはあなたの作品にどのくらい影響しますか?

様々な異なるフィルムを使ってみたときの驚きが大好きなのですが、時間の問題で最近はもっとシンプルになりがちです。以前は色んな裏技に挑戦してみたり、期限切れフィルムを使ってみたり、面白いカメラを見つけると手当たり次第に使ってみたりしてましたが、最近ではカメラもフィルムも多すぎて挑戦してみたいリストばかりが溜まっています。

Lomochrome Purpleフィルムでの撮影はいかがでしたか?初めて使う方へのアドバイスがあれば教えてください!

私が初めてロモグラフィーのフィルムを使い始めた頃には、 Heikki Kaski という素晴らしいアシスタントがいたんです。彼は今ではアシスタントをやめて素晴らしい写真家になっていますが、フィルムのことは何でも知っていたので Lomochrome Purpleフィルム を使い始めたのもシンプルで当然の成り行きでした。初めての方へのアドバイス?狙いを定めてシャッターを切ること、あとは神頼みですね。

あなたがミュージシャン・Rodrigo Amaranteを撮影した写真では、剥き出しで自然体の様子が彼の音楽を非常に良く表現していて私のお気に入りなんです。他の作品でも同様のアプローチがあるようですが、ミニマリストの立場から撮影することが多いですか?もしくは、どの人にも同じ写真スタイルを適用することが多いですか?

Rodrigo Amaranteの写真は私自身のお気に入りでもあるのでそう言って貰えると嬉しいです。Googleで “pyhimys pettymys” と検索して出てくる画像を見てみてください。そちらもインスピレーションになるはずです。被写体に対するアプローチについては彼らとの短い会話の中で考えていますが、基本的にはミニマリストの考え方でアプローチしていると思います。

現在、活動中のプロジェクトは何かありますか?

いまはクリエイティブディレクターの Petecia Le Fawnhawk と作曲家の Robot Koch とコラボして ØDE と呼ばれるインスタレーションビデオを制作しています。私はこの作品を活動写真と考えて取り組んでいます。もっと個人的なものにも集中したいと思っている以外は、控えめに言ってもこれはとても特別なものになると感じています。最近では Stump という名前のプロジェクトも行いました。はじめは風景と動いている被写体を使ったモーションブラーの撮影を計画していたのですが、三脚が壊れてしまったので他のアイディアを考えなければなりませんでした。

ほかには、ちょうど London Grammar というバンドのアルバムジャケットの撮影を終えたところでもうすぐ発表される頃だと思います。あとは、初めてワークショップでの講師も担当することになって少し緊張しています。

他にあなたの作品を観られる場所はありますか?

幸運なことにLAとベルリンで写真展を行えることになったんです。興味のある方は是非チェックしてみてください!


Eliotについてもっと知りたい方は Instagramホームページ もチェックしてみてください!

2017-05-13 #people blaskovichs の記事

他の記事を読む

  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20
  • 写真家・Gary Chewが抱くPetzval 85の第一印象

    2017-01-31 crissyrobles の記事
    写真家・Gary Chewが抱くPetzval 85の第一印象

    このインタビューでは、Gary Chewが彼の写真家としての目が本物であることを証明してくれました。Petzval85で撮影された美しい作品とともにお楽しみください!

    2017-01-31
  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

    2017-02-28
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    2016-07-23 #people bgaluppo の記事
    魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    学校の卒業制作で取り組んだ「特殊効果フィルムを作る」というプロジェクトが、国際的なビジネスへと成長することを誰が想像していたでしょうか。Revologの創業者であるハンナ・プリビッツァーとミカエル・クレブスはまさにそれを体現した二人です。ウィーンを拠点にアナログ写真に情熱を注ぐフォトグラファーである二人が創業したフィルム会社、Revolog。ここまでの道のりを伺ってみました。

    2016-07-23
  • Lomokino × ダンス:Marc Jarabe による映像作品

    2017-04-04 #people #ビデオ lomographymagazine の記事
    Lomokino × ダンス:Marc Jarabe による映像作品

    Marc Jarabe が Lomokinoで撮影したダンサー Rod Smile と、Olinclusive の音楽による映像作品。ダンス × Lomokino という意外な組み合わせが不思議と心地よく、いつまでも眺めていられそうな作品。

    2017-04-04
  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • 色彩と飽和 – Rala Choiとフィルム写真

    2017-04-26 #culture #people cheeo の記事
    色彩と飽和 – Rala Choiとフィルム写真

    ファインアートフォトグラファーのRala Choiが生み出すフィルム写真はまるで絵画のよう。美しい色と構成の作品をお楽しみください。

    2017-04-26
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    2016-11-15 trifivy の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    独自の“可愛いカルチャー” をウェブで発信し、世界でも注目される東京のブロガー・まつゆう*。今回はまつゆう*さんにLomographyのLC-Wideを使って撮影していただきました。沖縄県竹富島での素敵なバカンスの様子と一緒に、何台もフィルムカメラを所有する彼女の写真との出会い、フィルムカメラへの愛情についてのインタビューをお楽しみください!

    2016-11-15
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people lomographysoholondon の記事
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。