Neptune Convertible Lens Systemの第一印象:Yoann Leveque

2017-06-12

Yoann Levequeはパリ在中のフランスの写真家です。彼の写真人生は2012年にデジタルカメラとともに始まりましたが、初めてのフィルムカメラ Canon T90 を手に入れるとすぐにアナログに移行しました。彼の写真スタイルはポートレートとストリートフォトの融合した「自然な」作風が魅力です。彼はSara Etienneをモデルにした新しいプロジェクトでロモグラフィーの新製品 Neptune Convertible Lens System を使ってくれました!

名前: Yoann LEVEQUE
撮影地: パリ、フランス
職業: 学生
ホームページ : cargocollective.com/yoannleveque
SNS : @yoann_leveque
モデル: Sara Etienne
使用カメラ: Nikkormat
使用レンズ: Neptune Convertible Lens System

こんにちは!写真をはじめたきっかけについて簡単に教えていただけますか?

こんにちは!初めてデジタルカメラを買ったのが5年前の2012年のことでした。Canon 1100Dという一眼レフカメラでした。当時はリヨンに住む学生だったので、街を散歩する時間がたくさんあったんです。そこで初めて写真を撮り始めて、ストリートフォトやポートレートを試すようになりました。数か月後には初めてのアナログカメラ・Canon T90このカメラはを買って、今でも使っています。

よく旅行にも出かけて、ヨーロッパ中の友達を撮影したり、スコットランドに住んでいたころは地元の人を撮影したり、パリでは大きな抗議デモにも参加してフォトジャーナリズムを実践したりしていました。写真の経験はほとんどストリートから学んだんです。

ご自身の写真スタイルについて説明していただけますか?

私の写真スタイルはポートレートとストリートフォトの融合ですが、それ以上に私の写真をよく表現しているのは「自然さ」だと思います。

Neptune Convertible Lens Systemを初めて手にした時の感想はいかがでしたか?

レンズのデザインに目を惹かれました。重金属製の美しい仕上がりで、とても気に入りました。

Neptune Convertible Art Lens Systemはあなたの作風にフィットしましたか?

Neptune Lensは本当に美しくてビネット効果も少ないし、3つのレンズどれも鮮明な写りで飾り気がなく、私のスタイルにぴったりでした。普段は35mmのレンズしか使っていないのですが、このレンズでは35mmから80mmや50mmに簡単に変換できるので、異なるレンズで被写体の見方を変えて、もっと新しい作品に挑戦することができます。

一番お気に入りの写真はどれですか?写真の説明もお願いします!

このレンズでは自然を写してみたかったので、パリの南方にある森に出かけることにしたんです。そして撮影が終わって帰っている途中で、この黄色い花畑を見つけたんです。始め、私たちはロモグラフィーの新製品を試しているので「真面目な」ポートレートを撮っていました。ですが、黄色い花々や他のものに囲まれて遊びながら撮影したほうがより自然な作品を写すことができたんです。写真はSareが花畑のなかに飛び込んでいったところを私が撮影したものです。

Neptune Lensを使う際のアドバイスはありますか?

絞り値をレンズに合わせる事を忘れないようにしてください。私は何度か忘れてしまいました。。

お気に入りのレンズは?

35㎜です!いつでも。

写真以外に興味のあることはなんですか?

科学にすごく興味があって、人間の身体のメカニズムも知りたいし、最近ではパリの研究室で幼児の病気に関する研究にも携わっています。写真にもこの科学の知識を生かしていきたいと思っています。

Yoann、ありがとうございました!


MotionGalleryにてクラウドファンディングプロジェクト実施中! Neptune Convertible Art Lens System

ロモグラフィー アートレンズシリーズ の新しい仲間である Neptune Convertible Art Lens System 。誰よりも早くこのレンズを MotionGallery でGETしよう!プロジェクト最終日の6/13(火) 23:59まで支援者を募ります。その他にもレアなシリアルナンバーのレンズが手に入るリターンや、ウィーン本社へのスペシャル旅行付きのリターンもご用意しました。皆さまに少しでも早くレンズを手にとって頂けるよう、全力を挙げてプロジェクトを進めて参りますが、そのためにも皆さまのご支援は不可欠です。このチャレンジを実現させるため、応援・ご支援のほど宜しくお願いいたします!

プロジェクトページ>> 手のひらにおさまる35mm、50mm、80mmのレンズセットNeptune Lens

関連記事

2017-06-12 #gear #people Lomography の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【結果発表】Film Photography Day Japan Competition

    2015-04-17 #ニュース ciscoswank の記事
    【結果発表】Film Photography Day Japan Competition

    4/12(日)のFilm Photography Day(フィルム写真の日)を記念して、アナログ写真のコミュニティーを盛り上げるべくして開催されたFilm Photography Day Japan Competition。結果を発表します!!

    2015-04-17
  • 夏の Simple Use Film Camera ポップアップストア開催中!

    2017-08-17 refallinsasaki の記事
    夏の Simple Use Film Camera ポップアップストア開催中!

    東京・上野の雑貨店 Angers bureau、東京駅構内の Neustadt brüder で 夏の Simple Use Film Camera ポップアップストア 開催中! Simple Use Film Camera の他にも Lomo'Instant Automat やロモグラフィーのフィルムなど販売中です。ぜひ足を運んでみてくださいね!

    2017-08-17
  • 【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    2017-08-10 lomographyplus の記事
    【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第一弾はもちろん、東京都千代田区外神田にある 直営店Lomography+ 。お店の雰囲気や、イチオシのカメラを直営店スタッフの sursurachan に聞いてみました!

    2017-08-10
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    2017-08-09 choko3 の記事
    [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    ロモグラフィーでも何度か登場しているフォトグラファー Gui Martinezさん。今回彼が制作に関わったショートフィルムの完成を記念して、8月18日(金)の夜、Deus Ex Machina原宿にてレセプションパーティー・上映会が行われます。イベントではショートフィルム上映の他にも、撮影された作品が展示されます。レセプション後も9月15日(金)まで作品は飾られる予定なので、皆さんぜひ足を運んでみてください!

  • 自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    2017-08-09 #places lomographymagazine の記事
    自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    日本の風景に欠かせないものとなりつつある自動販売機。そんな日本中どこにでもある自動販売機の姿を捉えたのは、写真家の大橋 英児さん。人里離れた山の上だったり、雪に埋もれていたり、都会にひっそりと佇んでいたり、自動販売機のあるユニークな風景をご覧ください。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

    2017-08-04
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    2017-08-03 #places Ivana Džamić の記事
    キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    若き写真家 Enzo Iriarteはまだまだ成長中。今回キューバを訪れた Enzoは、ビビッドな街並みと夏の太陽がまぶしい作品を撮影しました。夏服を着て思わずビーチへと行きたくなるようなショットをご覧ください!

  • 2017年7月のトレンド写真

    2017-07-31 refallinsasaki の記事
    2017年7月のトレンド写真

    2017年7月に日本のロモグラフィーコミュニティーで「Like」をたくさん集めた写真を発表します!

    2017-07-31
  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

    2017-07-29
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【新登場】Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens Brass, Chrome Plated

    2017-07-26 Lomography の記事
    【新登場】Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens Brass, Chrome Plated

    2016年に国内のクラウドファンディングで1600万円を集め商品化が実現した Daguerreotype Achromat。なんとこの度、シルバー仕上げの Daguerreotype Achromat Chrome Plated が新登場です!

    2017-07-26
  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture lomographymagazine の記事
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • Jörgen Axelvall エキシビジョン Parité @Shu Champagne Bar

    2017-07-21 refallinsasaki の記事
    Jörgen Axelvall エキシビジョン Parité @Shu Champagne Bar

    スウェーデン出身、日本在住の写真家 Jörgen Axelvall (ヨーガン・アクセルバル) 。彼のエキシビジョン「 Parite 」が Shu Champagne Barにて現在開催中です。 Jorgen Axelvall is a Swedish photographer based in Tokyo. He has appeared in Lomography Magazine several times already! Jorgen is holding an exhibition "Parité" at Shu Champagne Bar .

    2017-07-21