幻想的なリアリズム:Agata Gąsekによるポートレート

美しさはそれを観る人の目に左右されます。ポーランドのアナログ写真家・ Agata Gąsek はカメラの前に立つ人を描くとき、現実と少しの気まぐれを融合させたポートレートを写します。

Agataにとって写真とは熱心な研究よりもむしろ感情やセンスによるものです。

© Agata Gąsek

ウッチを拠点とする写真家・Agata Gąsekは常に彼女の祖母のような強い女性に魅了され、作品のミューズとしてきました。アーティストのような強い個性とスタイルを持つ人々を追いかけてき彼女は、自身の美学を高めてくれる視覚的なメモリーバンクとして、様々な感情や想い出を写した作品を撮影しています。

"インスピレーションはあらゆるところに潜んでいて、探していないときのほうが見つかりやすいものです。歌の中の特定の音や自分自身の想い出、初めての暖かい夜や雨が降った後の大地の匂いだって、私の頭の中では一つのイメージになります。その瞬間が一番好きなんです。私は忘れっぽいしセオリーを学ぶのは苦手だけど、出来事や感情の記憶は言葉では表現できないこの素晴らしいイメージに鮮やかに結びついています。だから、写真を使ってこのイメージを撮影しようとしているんです。"

Agataは人の身体の中で最も美しい場所は顔、そして時には腕であると述べています。彼女にとって肌の表面にうっすらと浮かびあがる静脈は木の枝のように美しいものなのです。

© Agata Gąsek

現在、Agataはアナログ写真やアンティークカメラのような古いメディアを使って幻想的な作品を創り出すことに挑戦しています。現実と空想の境界が曖昧になるように自然光のもとで撮影したポートレートは、飽和する光の中でざらざらとしたフィルムに焼き付けられ、彼女の高い技術力によって鮮明に描かかれています。

© Agata Gąsek

いかがでしたでしょうか?Agataの作品をもっと観てみたい方は TumblrFacebookInstagram もチェックしてみてください。画像はすべてAgata Gąsekの許可を得て掲載しています。

2017-05-14 #people Ciel Hernandez の記事

他の記事を読む

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    2018-01-12 refallinsasaki の記事
    Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    今回で Lomography Magazineには2回目の登場となる写真家の あしだち なお さん。 今回はロモグラフィーの Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを片手に北千住・南千住の街を散策。どこか懐かしい街並みと、ぐるぐるボケが美しいポートレートをお楽しみください!

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!