ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

Seamus Traversはアイルランドのダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼に Russar+ を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

Street Shots by Seamus Travers

名前: Seamus Travers
撮影場所: ダブリン、アイルランド
職業: 写真家、コマーシャルスタジオ、フリーランス
ホームページ・SNS: seamustravers.com / Instagram @treamo
写真以外に興味があること: 写真以外で一番興味があるのは歴史と旅行です。普段はそれら全てを組み合わせようとしています。

St Patrick's Day by Seamus Travers

写真を始めたきっかけについて教えて頂けますか?

はじめはフィルム現像所で働き始めたことがきっかけでした(今でも覚えています)。それから写真を撮る道に進め始めたんです。

Good Friday by Seamus Travers

ご自身の写真スタイルに名前を付けるとしたら?

アナログもしくはビンテージカメラメインのドキュメンタリー&ストリート。

Street Shots by Seamus Travers

Russar+レンズの第一印象は?

Russar+ は素晴らしいレンズで、使っていて凄く楽しかったです。コンパクトだし、深い被写界深度でオートカメラのように簡単に撮影できて、ストリート写真にはピッタリですね。小さいのに作りはとてもしっかりしていて頑丈です。レンズで撮影したイメージはシャープでこれまで使ったどの広角レンズよりも歪みが少なく素晴らしい出来栄えでした。

Russar+でのベストショットとその理由を教えてください。

この右下の写真はダブリンのホースフェアで撮影したものなのですが、馬に蹄をつけている男を観るために見物客(見物馬さえも)が集まっていたんです。その時ちょうど熱された蹄から上がった煙が寒さのせいで白く染まり、彼はモヤで包まれました。

2017年のご予定は?

長期間取り組んでいる作品がいくつかあるのでそれを完成させたいですね。一つはミクロネーションと未承認国家のドキュメンタリーです。もう一つは100年前のカメラだけで撮影した第一次世界大戦から100年の節目のドキュメンタリーです。

St Patrick's Day by Seamus Travers

Seamusについてもっと知りたい方は www.seamustravers.com もしくは Instagram : treamo もチェックしてみてください!

2017-05-26 #culture #people

関連商品

New Russar+ Art Lens

New Russar+ Art Lens

New Russar+は真鍮製の20mmスーパーワイドアングルレンズ。1958年にゼニット社より発売されたルサールレンズをアップデートし、生まれ変わらせました!L39/Mマウントのアナログカメラに取り付け可能です。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    2017-05-07 #gear #people Crisselda Robles の記事
    シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    情熱を共有するライフスタイルはシンガポールで赤ん坊や家族を撮影している写真家・Jen Panのアーティスト魂に火をつけます。 このインタビューでは、JenとPetzval 85 Art Lensの気まぐれな結びつきによって生まれた素晴らしい作品をお楽しみください!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    2017-05-23 #people
    Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    写真家であり、都会探検家でもある Harimao Lee。建物の上から撮影して、いつもと違ったアングルの景色を発見することが好きだと語ります。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemを渡して、香港の美しいビル群を撮影していただきました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Yoann Leveque

    2017-06-12 #gear #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Yoann Leveque

    Yoann Levequeはパリ在住、フランスの写真家です。彼はSara Etienneをモデルにした新しいプロジェクトでロモグラフィーの新製品・Neptune Convertible Lens Systemを使ってくれました!Thalassaという名の35㎜レンズをメインに撮影された作品をご覧ください!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • 永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    2017-06-09 refallinsasaki の記事
    永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回はなんと高校生の永遠 (@towaforever1) さんの作品をご紹介。