Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

Lorenzo Scudiero は20歳の写真家でイタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。Lorenzo が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人たちを撮影することから始まりました。高校を卒業した彼はフルタイムで写真活動を行うことを決意し、現在はローマにある Centro Sperimentale Cinematografiaで写真のディレクションについて学んでいます。今回はそんな彼が Neptune Convertible Art Lens System で写した素晴らしい景色とインタビューをお楽しみください!

名前: Lorenzo Scudiero
撮影地: ロべレト
Instagram: @lorenzoscudiero
使用カメラ: Nikon D800
使用レンズ: Neptune Convertible Art Lens System

Neptune Convertible Art Lens Systemを初めて見て触ってみた印象はいかがでしたか?

最初はいろんなパーツを持つレンズの作りに驚いて少し戸惑いました。まるで自分で組み立てるパズルみたいだったんです。ですが、カメラに取り付けて撮影してみるとすぐにこのレンズに可能性を感じるようになりました。特に35mm、50mmの最短焦点距離での写りと鮮やかさは素晴らしかったです。

Neptune Convertible Art Lens Systemはあなたの撮影スタイルにフィットしましたか?

撮影のときは持ち運びやすくて快適な軽いカメラ、レンズを使うのが好きなんです。なので、Neptune Convertible Art Lens Systemは私にピッタリでした。レンズが醸し出す幻想的で不思議な雰囲気も私が表現したいイメージに合っていてとても気に入っています。

一番使いやすかったのはどの焦点距離のレンズでしたか?

35mmが気に入りました。何にでも使える焦点距離で、私の求めるどんなシチュエーションにもフィットするんです。被写体により近づいて彼らの感情を表現したいときには50mmも使いました。

このレンズでは何を撮影しましたか?

帰郷したときにNeptune Lensを使って撮影しました。このレンズを持って、友達と一緒に思い出の詰まったお気に入りの場所に出かけたんです。

最初はしばらく会っていなかったMax、Paolo、Tommasoの3人と会って、リーヴァ・デル・ガルダに近い山へ向かいました。山の頂上からの景色は息をのむような美しさで、自然を満喫することができました。

次にGiorgiaとGiuliaの2人にも久しぶりに会いました。しばらくお互いの近況を報告し合い、お喋りを楽しんだあと、私のアパートで彼らのポートレートを撮影することにしました。この撮影には35mmレンズ(f/3.5)と50mmレンズ(f/2.8)を使って、カラフルな照明でユニークな雰囲気作りに挑戦しました。

その一日後には、昔からの写真仲間でもある親友のFrancescoに会いにいきました。彼とはガルダ湖で互いの最近のアートプロジェクトについて語り合いながら、のんびり過ごしました。

お気に入りの写真はどれですか?

GiorgiaとGiuliaの写真がとても気に入っています。撮影中はSoundcloudで Arctic Monkeys を聴いていたのですが、いつの間にかプレイリストが変わってしまっていたんです。Alex Turnerが急にものすごく音痴な歌手になったときには、みんな思わず笑ってしまいました。この写真はその瞬間をとらえていると思います。

Neptune Lensを使うときに心がけることはありますか?

Neptune Convertible Art Lens Systemの利点は3つの焦点距離のレンズやスペシャル絞りプレートをどこにでも軽々持ち運べて、どんな状況にも素早く対応できるところです。このレンズの特性を活かすためには色んな可能性や特別な効果を試してみて、どんどん新しいことに挑戦することが大切だと思います。きっと、今まで以上にカメラを持って出かける機会が増えるはずですよ!恐れずに実験してみてください。


特典追加決定! MotionGallery にてクラウドファンディングプロジェクト実施中

ロモグラフィー アートレンズシリーズ の新しい仲間である Neptune Convertible Art Lens System 。誰よりも早くこのレンズを MotionGallery でGETしよう!プロジェクト最終日の6/13(火) 23:59まで支援者を募ります。その他にもレアなシリアルナンバーのレンズが手に入るリターンや、ウィーン本社へのスペシャル旅行付きのリターンもご用意しました。皆さまに少しでも早くレンズを手にとって頂けるよう、全力を挙げてプロジェクトを進めて参りますが、そのためにも皆さまのご支援は不可欠です。このチャレンジを実現させるため、応援・ご支援のほど宜しくお願いいたします!

プロジェクトページ>> 手のひらにおさまる35mm、50mm、80mmのレンズセットNeptune Lens

2017-05-27 #people

コメントはまだありません

他の記事を読む