The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

The Smoking Guns というDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人に Lomo'Instant Automat を渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

まずは簡単な自己紹介をお願いできますか?

こんにちは、IrainaとSamです。ロンドンの女性DJデュオ The Smoking Guns としても活動していて、60年代のソウルミュージックやR&B、ファンク、スカ、ラテン音楽を中心にラジオ番組の司会も行っています。毎週、現代の音楽や文化を Soho Radio で紹介していて、そこではお気に入りのレコードを流したり、古き良き音楽を共有したり、世界中の音楽、映画、写真、芸術を愛する皆さんとお喋りしたりしています。

Lomo'Instant Automatの第一印象はいかがでしたか?

最高に気に入りました!ビンテージな雰囲気や美しさが大好きなのでインスタントカメラというジャンルや、手にフィットするサイズと質感も魅力的でした。それはデジタル以前の時代の遺跡のようなものです。今では画面上ですぐ画像の編集や加工の適用ができて、もはや「実物とは異なるイメージ」も簡単に出来てしまいます。私たちはそのような加工された現実ではなくて、ありのままの瞬間が好きなんです。私たちの敬愛するレコードもたまに楽器の音が外れてしまったり、即興でのボーカルのイントロ、誰かのミスやそれぞれの個性が現れていたりと、スタジオの生の瞬間が記録されています。それによって、彼らと同じ時を刻んでいるような魔法のような錯覚を感じることができるのです。

Lomo'Instant Automatでの撮影はどうでしたか?

私たちはプロの写真家じゃないのでカメラの機能を十分に理解するのに少し手間取りましたが、比較的簡単で使いやすかったように感じます。多重露光はもっとうまくできるように修行中です。1、2枚はすごくうまくいったものがあると思いますが、まだまだ改善の余地がありますね。

このカメラでは何を撮影しましたか?

人や場所、瞬間です。私たちはロサンゼルスの永遠に続きそうなくらい眩しい日差しをフル活用して水泳したり、のんびりしたり、リラックスしたり、旅行中の出来事をお互いに何でも撮影しあいました。また友人と大人数で集まる機会もあったので、そこにも Lomo'Instant Automat を持って行ってあっちこっちで撮影していました。写真を撮られて文句を言う人はいませんでしたね。

2017年のご予定は?

そうですね、イギリスの夏といえばフェスです。これからの季節はたくさんのフェスで演奏できるのをとても楽しみにしています。綺麗なブティックAmericanaとRed Roosterと呼ばれるR&Bのフェスもあるんです。去年はサタデーナイトにHowlin Woodsのテントを飾ったので、今度はもっと凄いのを計画しています。それに、自分と同じジャンルの音楽が好きな人たちが集まるフェスで演奏できることも嬉しいですね。私たちの友人で愉快なDean Chalkleyも演奏する予定なんです。その夜は「Soul Box」とも呼ばれてるOld Street RecordsのEddie Pillerも一緒なので、ソウルミュージック好きな人達と過ごせて楽しいと思います。あとは、 InStyle UKのフェスティバルレポートも行う予定です。これも本当に楽しみ!ソーホーラジオのパーソナリティーから幅を広げて、世界中に良い音楽を紹介できることにワクワクしています。それにもちろんDJの仕事も続けているので、ぜひ踊りにきてください!


ありがとうございました!
彼女たちのことをもっと知りたい方は Smoking Gunsの公式ホームページ もチェックしてみてください。

2017-06-22 #gear

関連商品

Lomo'Instant Automat

Lomo'Instant Automat

小さく素晴らしく、自動露出のLomo’Instant Automatで、あなたが思うままの写真が手軽に撮影することができます。

他の記事を読む

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    2017-08-18 refallinsasaki の記事
    Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    ラフォーレ原宿で9月2日(土)、3日(日)に開催される『Laforet Market vol.1 “one idea” 』。なんとロモグラフィーが出店決定!会期中はロモグラフィー製品の販売や、特設フォトブース『Lomo'Instant Photo Automat』でのセルフィー撮影をお楽しみいただけます。さらにさらに、イラストレーターの foxco212 さんがインスタント写真のフレームをオリジナルにカスタマイズしてくれます!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • 永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    2017-06-09 refallinsasaki の記事
    永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回はなんと高校生の永遠 (@towaforever1) さんの作品をご紹介。