【実験】Lomo'Instant Wideにビンテージレンズを装着してみた。

香港を拠点に活躍する、インスタントフィルムの魔術師こと Albertino がロモグラフィーの Lomo'Instant Wide を大改造!1952年製カメラのビンテージレンズを装着して撮影したインスタント写真をご覧ください。


自分なりに調べてみたところ、今までに Lomo'Instant Wide をここまで改造した人はどうやらいないようです。この実験により、過去の伝説的な数々のカメラに匹敵するような描写が Lomo'Instant Wideでも可能になりました!

この実験には1952年製 Ensign Selfix 8-20 から取り出した、ロッス・エンサインの F3.5 105mm ビンテージレンズを使用しました。

Albertinoが改造した Lomo'Instant Wideと、それに装着された Ross Ensign F3.5 105mm レンズ

このレンズの絞りは F3.5なので、Lomo'Instant Wideに搭載されている F8の絞りに比べると大分大きいですね。 低光量下や自然光のなかでも簡単にいい感じの写真が撮れるし、ボケも多いです。

Photos taken with the Albertino's "Lomography Magic".

実験後の感想

改造後のカメラの見た目は、道行く人の注目の的でしたね。自分が持っているデジタルカメラとの違いと、その本格的な見た目に驚いているようでした。出てきた写真を見た人たちは鮮やかで豊かな色合いや、油絵のようにソフトな背景の描写に関心していました。当時の職人が最高の技術で作り上げたレンズと、現代のInstax Wideフィルムが生み出した素晴らしい結果です。

改造後の Lomo'Instant Wideが写す写真はまるで魔法のよう

この実験では現代の技術である「オート撮影モード」からカメラを解放し、あらゆる可能性への扉を開く魔法をかけました。フラッシュの助けを借りずに、夜のハイウェーで車中撮影をしたり、薄暗いレストランで優雅なポートレートの撮影も可能にしました。また背景のソフトなボケは、インスタントカメラで撮影するポートレート写真をより美しいものに仕上げました。

Photos taken with the Albertino's "Lomography Magic".

オート撮影モードは忘れて、被写体と向き合ってみよう

このマニュアルカメラは自分で露出を設定しなければならないので、それを見極める撮影する者の目が重要となります。あまりマニュアルカメラに慣れていない場合は、スマートフォンのアプリで適切露出を測ることができます。このカメラで撮影を始めてから、私は光の量や被写体との距離についてだんだんと直感で分かるようになりました。(これは経験を積むことで得られる魔法のようなものですね。)まわりの状況を観察し、冷静に判断することが必要です。カメラと被写体の距離を見て、レンズについているリングで焦点を合わせます。だいたい1〜1.5mが多く、この距離に一度慣れればさまざまなものが撮影しやすくなります。もちろん、電子メーターを使えば正確な距離が測れます。大きな絞りで撮影する際にはとても便利ですね。

Photos taken with the Albertino's "Lomography Magic".

撮影方法

上の手順でピントを合わせたあと、レンズに付いているシャッターで撮影します。そのあとにカメラ本体のシャッターボタンを押すと、写真が出てきます。この Lomo'Instant Wideは、撮影とフィルム排出のプロセスが別々になっています。それこそがマニュアルの美しさです。もちろん無制限の多重露光、バルブ撮影も可能です。


全ての写真や情報は Albertinoの許可を得て掲載しています。その他の彼の作品は website や、 InstagramLomoHome でご覧いただけます。

2017-07-02 #gear #people #ビデオ

関連商品

Lomo'Instant Wide

Lomo'Instant Wide

世界で最もクリエイティブなinstant wideカメラとレンズです!ハイクオリティの様々な機能が搭載のLomo’Instant Wideならば、誰でも美しく奇抜で目が回るような瞬間を、クリエイティブにスーパーワイドにシャープで完璧に捕らえることができます。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • はじめての Lomo'Instant Wide:Samantha Lo 、アーティストとしてのルーツ

    2017-05-10 crissyrobles の記事
    はじめての Lomo'Instant Wide:Samantha Lo 、アーティストとしてのルーツ

    今日はシンガポールを拠点に活躍するアーティスト Samantha Loが Lomo'Instant Wideを使った作品とともに、アーティストとして歩き始めたルーツを語ってくれました!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Camera Hannah

    2017-06-03 #gear #ニュース #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Camera Hannah

    Camera Hannahとして知られているHannah Millardはイギリスを拠点に活躍するウェディングフォトグラファーで、ダービーシャー州に住んでいます。今回、彼女はNeptune Convertible Art Lens Systemを使ってキラキラ煌めく美しい作品を撮影してくれました!

  • 見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    2018-04-11 sragomo の記事
    見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    モントリオールを拠点として活動するフォトグラファーの Dimitri Guedes。彼が何からインスピレーションを得るのか、そしてどのように「平凡さ」を避けて作品作りをしているのか聞いてみました。

  • Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    2018-04-26 #people
    Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    ケンブリッジを拠点として活動するフォトグラファー Maya Beanoが描く光は柔らかく、そしてドラマチック。彼女が Daguerreotype Achromat Art Lensで撮影したノルウェー北部の夢のような景色をご覧ください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    2017-06-11 choko3 の記事
    [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーのKenさん。ロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みの彼が、今回はロモグラフィーのLC-A+を使って夢のLa-La Landを撮影!!インタビューとともにお楽しみください。

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    2017-05-06 #ニュース
    Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    Tristan Aitchisonはイギリスを拠点とする映画監督、写真家です。今回、彼はスコットランド高地の最北を横断する500マイルの旅をLC-Wideで記録してくれました!この美しい場所で彼が出会った丘やビーチ、風景を写真を通じて一緒に発見しましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    2017-06-23 #gear #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    東京を拠点に活躍するアーティスト Gui Martinezは情熱的なフィルムフォトグラファーで中判フォーマットの愛好者でもあります。今日は彼が週末の休暇中にNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した美しい写真たちをご紹介致します!

  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。