色とディティール:Lyn Low x Petzval 58 Art Lens

シンガポールのビジュアルアーティスト Lyn Low の写真は、ちょっと不思議で抽象的。写真撮影は研究のためだと語る彼女が写す被写体は、日常でよく見る平凡なものばかり。しかし彼女の目線で切り取られた被写体は、どれもアーティスティックに変身するのです。

今回彼女はロモグラフィーの Petzval 58 Art Lens を Sony A&Rに装着して、作品を撮影しました。以下の写真は彼女が制作中の作品『Just Enough』の一部です。

© Lyn Low

こんにちは Lyn!写真を始めたきっかけを教えてください。

個人的な問題を解決したくて始めました 笑。おかしいけど、それが事実です。問題をより理解して、調査するためのツールが写真だったんです。

© Lyn Low

あなたの写真のスタイルについて教えてください。

スタイルかどうかわからないけど、写真はいつも直感で撮影しています。今だ!と感じた瞬間にシャッターを押すだけです。

どんな被写体をよく撮影しますか?

特に、これと言って無いですね。何でも撮ります。何かのディティールだったり、興味をひかれるようなものが多いです。

© Lyn Low

あなたの作品に影響を与えるものは何ですか?

色や何かのディテールです。色を捉えようと思った時は、自然とその他の要素が削られてミニマルな写真になります。ディティールを捉える時は、被写体にかなり寄りますね。これらの共通した行動が、自然と私の写真に反映されていると思います。

今回 Petzval 58 Art Lens での撮影はどうでしたか?

今までに私が使ったレンズの中で、もっとも面白いレンズの1つです。ぐるぐるボケがとってもかっこいいのですが、それを引き出すことがなかなか出来ませんでた。私は慣れるまでに何回か撮影する必要がありましたね。絞りプレートの交換にも手間取って、撮影はいつもより時間がかかりました。でも、新しい経験ができたことには感謝しています。

© Lyn Low

このレンズを初めて使う人にアドバイスはありますか?

自分の中で撮影したいイメージを決めて、ボケの描写を上手く活かしてください。被写体があまり動かない、ポートレートや景色の撮影がオススメです。あとは、我慢強さも大事です!

今後の予定や、制作中の作品はありますか?

はい、あります!掲載されている写真は、私の作品『Just Enough』の一部です。これからも撮影を続けるので、写真集を出せたらと考えています。


ありがとう、Lyn!彼女の作品は Instagram でご覧いただけます。

2017-07-04 #people crissyrobles の記事

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

歴史的なデザインと機能を備えた58mmロシア製プレミアムレンズ。ボケ調節リング搭載でペッツバールのぐるぐるボケを7段階でコントロールできます。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

  • アナログとデジタルのあいだで:Mattia Giordano

    2018-01-15 #people lomosmarti の記事
    アナログとデジタルのあいだで:Mattia Giordano

    イタリア人の Mattia Giordanoは、コマーシャルや音楽の領域でいくつものプロジェクトをかけもつディレクター兼フォトグラファー。彼の作品はどれもユニークな色使いと身体の一部を使った表現が特徴。今回彼はアナログとデジタルカメラの両方に Daguerreotype Achromatを装着し、撮影を行いました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Camera Hannah

    2017-06-03 #gear #ニュース #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Camera Hannah

    Camera Hannahとして知られているHannah Millardはイギリスを拠点に活躍するウェディングフォトグラファーで、ダービーシャー州に住んでいます。今回、彼女はNeptune Convertible Art Lens Systemを使ってキラキラ煌めく美しい作品を撮影してくれました!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    2017-06-06 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    Emanuele Passarelliはイタリアの若い写真家で夜の街での撮影に情熱を捧げています。今日は彼がNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した作品をご紹介!インタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Yoann Leveque

    2017-06-12 #gear #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Yoann Leveque

    Yoann Levequeはパリ在住、フランスの写真家です。彼はSara Etienneをモデルにした新しいプロジェクトでロモグラフィーの新製品・Neptune Convertible Lens Systemを使ってくれました!Thalassaという名の35㎜レンズをメインに撮影された作品をご覧ください!

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • Neptune Convertible Art Lens System × Wilson Lee:大迫力のアメリカ旅行!

    2017-06-11 #people
    Neptune Convertible Art Lens System × Wilson Lee:大迫力のアメリカ旅行!

    香港の写真家・Wilson LeeがNeptune Convertible Art Lens Systemとアメリカ旅行へ!デスバレー、グレートキャニオン、アントロープキャニオンの三大観光名所に足を運んで撮影に挑戦しました。今回の撮影では35㎜と80㎜のフロントエレメントを使用。迫力ある作品とともに、レンズの感想を聞いてみました!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?