Diana F+ で撮影した私の代表作

2017-08-24

カメラともし話ができるとしたら、きっと Diana はたくさんのことを私たちに教えてくれるでしょう。一見、平凡なプラスチックカメラに見える Dianaは長年にわたり世界中の人々に愛されてきました。誕生日や記念日、パーティーに結婚式、人生における様々な瞬間を写してきたカメラです。

Credits: jennson

何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

Diana マスターたちによる作品

Credits: satomi

おそらく、 ロモホーム でもっとも人気な Dianaの写真。 satomi が撮影した実験的でドリーミーなこの写真は、まさに Dianaの特性を生かした一枚ですね。

Credits: phiphu

フィッシュアイ(魚眼)効果と鮮やかな色が目を惹く phiphu の一枚。アナログならではの質感がまたマッチしています。

Credits: susielomovitz

長時間露光が大好きなロモグラファー susielomovitz が撮影したこの一枚。必要なものは Dianaと三脚(もしくは手でしっかり持つ)だけ!正確な露光時間ももちろん重要です。

Credits: satomi

Dianaマスターの satomi が撮影した白黒ショット。パリッとしたシャープな写りも表現されていて、彼女が Dianaでの撮影に慣れていることがよくわかります。

Credits: megs79

光のフレアと多重露光を上手く生かした megs79 の一枚。一つの被写体を多重に撮影することで、ドリーミーな雰囲気が加わっていますね。

Credits: ali55

いつもとは違ったアングルを試すだけで、代表作が生まれることもあります。 ali55 が撮影したこの一枚はまるで映画のワンシーン。

Credits: ghidini

頂上の素晴らしい眺めに感動してシャッターを切った ghidini 。ダイナミックな景色に Dianaらしい描写が加わり、より印象的なショットになっていますね。

Credits: susielomovitz

susielomovitz によるベスト多重ショット。建物と花のコンビネーションが予想外の結果を生み出しました!

Credits: daitita

たまには景色だけじゃなく、 daitita のように近くにあるもを撮ってみては?

Credits: paperplanepilot

息を呑むような夕暮れを捉えたのはロモグラファーの paperplanepilot 。まるで画家のパレットのようなマゼンタにピンク、パープルのグラデーションが美しい一枚。シャッターを思わず切りたくなる瞬間です。


Diana F+

カルト的な人気を誇った伝説のDianaカメラ。120フィルムを使用し、Dianaでしか表現できない彩度が極限まで高められたソフトでドリーミーなイメージが魅力です。

2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事

関連商品

Lomography Diana F+

Lomography Diana F+

時代を超越したドラマティックな写真を120mmフィルムのDiana F+で。素晴らしいソフトな写りに加え、レンズやインスタントバックをカスタマイズしてエフェクトや自由度も充分うみだします。

他の記事を読む

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17
  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • ショップニュース

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    毎年大人気のロモグラフィーの福袋。2018年もアナログ写真を極めたい方、初めてフィルムカメラを使う方、考えずにただただ撮りたい方など、皆さんに喜んでいただける福袋をご用意しました!売り切れ続出のフィルム福袋や、フィルムとカメラがセットになった福袋など、どれも大満足な内容。2018年最初の1枚はロモグラフィーのフィルムやカメラで切り撮ってみませんか?数量限定なのでお早めにどうぞ!

  • 60年代、70年代へタイムスリップ:Valentin Ducielへのインタビュー (NSFW)

    2017-04-08 #people Ivana Džamić の記事
    60年代、70年代へタイムスリップ:Valentin Ducielへのインタビュー (NSFW)

    記憶に残るヒッピー運動にインスパイアされたValentin Ducielの素晴らしい写真は見飽きることがありません。Valentinの時代を超越する大胆な作風とシンプルなもののなかにも美しさを見出す能力は彼の作品を唯一無二にしています。

    2017-04-08
  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

    2017-10-20
  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture lomographymagazine の記事
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

    2017-12-31
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ドアベルと銃声:Russell Darlingのショット

    2017-03-06 #ニュース lomographysoholondon の記事
    ドアベルと銃声:Russell Darlingのショット

    Russell Darlingは最近「ドアベルと銃声(Doorbells and Gunshots)」という短編映画のなかのキャラクターを表現した作品を撮影しました。この映画は俳優のMichael Hanrattyが脚本・監督を務めたものです。Russelはこのシリーズの撮影にロモグラフィーのLC-A 120とLC-Wideを使ってくれました!

    2017-03-06
  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • 東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    2017-04-11 #culture #places lomographymagazine の記事
    東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    60年代、70年代の東京は戦後の歴史上もっとも成長が著しい時代であったことから、「黄金時代」ともよばれています。今日はそんな輝かしい時代を蘇らせてくれる写真たちをご紹介致します!