hodachrome、10の質問に答える!

多重露光のスペシャリスト 山本穂高( hodachrome さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪


Q1. どっちを先に撮るの?

左:花を先に撮影、右:建物を先に撮影

たぶん一番聞かれる質問です。例えば上の見本のような、「花と建物」の多重写真の場合、花を撮るか建物を撮るかどちらが先かということなのですが、私の経験ではどちらでもいいです。大事なのは「明と暗のバランス」なので、二つの像が重なった時に適切な露光量になってさえいれば順番は関係ありません。

>>参考記事 「花と重ねて撮ろう」

Q2. どうやって二回撮るの?

左:その場で二回撮影して重ねる、右:一回撮ったフィルムをもう一度カメラに入れて撮る(セルフフィルムスワップ)

多重露光には二種類あり、「その場多重」と「セルフフィルムスワップ」があります。気軽に多重撮影が楽しめるのはその場多重(LC-A+等、多重機能を備えたカメラでその場で二回露光する方法)で、綿密に計画を立てて撮っていくのはセルフフィルムスワップ(一枚ずつ撮ったフィルムを再度カメラに入れて二回目を撮っていく方法)が適しています。

>>参考記事 「一匹狼なフォトグラファーのためのフィルムスワップ方法」

Q3. 何回重ねられるの?

左:4回露光(スプリッツァー不使用)、右:8回露光(スプリッツァー使用)

これもしばしば聞かれるのですが、簡単に答えるなら「何回でも可能」です。被写体の明暗により、露出の加減により、またはスプリッツァーを使用することにより回数は自在に操れます。多くて8回重ねたことがあります。

>>参考記事 「LC-A+ Splitzerとセルフフィルムスワッピングで時空を超えた作品を作ろう!」

Q4. 1回目に撮った内容覚えてるの?(セルフフィルムスワップについて)

左:メモを細かく取る、右:スマホで構図を記録しておく

撮った内容を全カットすべて明確に覚えておくことは不可能なので、撮った際にメモをするようにしています。そして必要に応じてスマホのカメラでその構図を記録しておきます。そうすることで二回目の撮影の際に一回目の内容を具体的に思い出すことができ、完成イメージもよりリアルにふくらんできます。

Q5. 最初から完成イメージを描いて撮ってるの?

左:始めから完成形をイメージして撮った写真、右:一回目の時点では完成形のイメージがなかった写真

一回目の撮影の時点ですべて完成形をイメージして撮っているものもあれば、一回目の時点ではまだ決まっていない場合もあります。二回目の撮影内容は後から考えたり、訪れた先での偶然の出会いを生かしてインスピレーションで撮ったりといろいろです。

Q6. なんでこんなにくっきり重なるの?私だとうまくいかない。

左:一回目の撮影(明るい空と暗い木)、右:二回目の撮影(明るい花と暗い地面)
完成した写真( LC-Wide 、Kodak EBXによるクロス現像)

上でも答えてるけど、多重露光における大切な要素「明と暗のバランス」ができているからだと思います。明るいものと明るいものが重なってもだめ、暗いものと暗いものが重なってもだめ。その単純だけど重要な原理をよく踏まえて撮ればそれぞれの像がくっきりと現れてきます。その他露出の制御や現像時のオペレートなども関わってきますが。

Q7. 現像後にフォトショップで重ねたりしないの?レタッチ全然しないの?

左:レタッチした(合成した)と疑惑の出た写真、右:写真の原版(ネガ)

たまにですがこういう質問もあります。「合成だ」と決めつけられたこともあります。フォトショップ等の編集ソフトで合成して満足できるのなら最初からフィルムカメラは使いません。フィルムの味わいのある描写で重ねるからこそ意味があるんです(という感じで説明しています)。レタッチは現像時の取り込み(ラボで自分でオペレートしてます)でほぼ理想の形にしているため基本的に必要ないです。場合によって色かぶりの補正やトリミング、キズの除去などは行います。

Q8. なんでそのカメラ(Lomo LC-A+等)でやるの?

フィルムらしい粗さ、ゆるさ、光カブリなどが表せる魅力

例えば、一番好きな Lomo LC-A+ で撮るのは、フィルムらしい欠点(いい意味で)がよく表れているから。周辺のゆるいピント、光量不足(トンネル効果)、粗い粒子、カブリや収差など、愛すべきフィルムカメラの欠点が全部詰まっており、そこに多重露光という独創的な撮影手法が加わることでとてつもない魅力が生まれると思っています。

Q9. 写真が絵画みたい、日本ぽくない。

日本です

たぶんカメラやフィルムの特徴、現像方法がそう感じさせるのだと思います。Lomo LC-A+等のクラシックなカメラはピントが周囲はゆるめで絵画(特に油絵)のタッチと似ているのかもしれません。フィルムは、彩度・コントラストの強いリバーサル(によるクロス現像)や個性的な発色のものが多いのもその印象を強くさせる一因かもしれません。

写真が日本ぽくないのは多少意識して撮ってきたところです。日本的な被写体(例…電柱とか日本家屋とか日本ぽいストリート等)はあえて排除し、ユニバーサルな被写体(外国的な建築物、どこの国にでも見る自然物)が多い傾向はあります(特に初期)。でも日本的な古い建築物(城とか寺とか)も大好きだよ!

Q10. タイトルどうやって考えるん?

「Gone With Wintry Wind」(某小説/映画名より拝借)
「ホンキー・陶器ー・クレイジー」(某曲名より拝借)

これは外国の人からよく聞かれます。タイトルについては何気に重視してて、その由来・元ネタはいろいろです。好きな単語、フレーズ(日本語英語問わず)を作品に応じて使ったり、好きな文学作品や楽曲名や歌詞を一部拝借したりパロったり。日本語でしっくりくるものもあれば英語でしかピンとこないものもあります。タイトルは作品の大事な構成要素なのでおろそかにしないように心がけています。

ということで、皆様の写真ライフのご参考にでもなればと♪
Enjoy your film life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

他の記事を読む

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    2017-08-18 refallinsasaki の記事
    Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    ラフォーレ原宿で9月2日(土)、3日(日)に開催される『Laforet Market vol.1 “one idea” 』。なんとロモグラフィーが出店決定!会期中はロモグラフィー製品の販売や、特設フォトブース『Lomo'Instant Photo Automat』でのセルフィー撮影をお楽しみいただけます。さらにさらに、イラストレーターの foxco212 さんがインスタント写真のフレームをオリジナルにカスタマイズしてくれます!

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。