★色とりどりの『スクエア』ポートレート:Lomo'Instant Square

2017-09-06

縦横比1:1の『スクエア』はポートレートにぴったりなフォーマット。正方形のフレームで切り取ると、写真に写る人の個性まで伝わってくるのが不思議ですね。アンディ・ウォーホルを彷彿とさせる Lomo'Instant Square で撮影された個性的なヘッドショットの数々をご覧ください!

Credits: Jimmy Cheng, Russell Darling, Benjamin Favrat, and Lomography.

焦点距離 95mmのガラスレンズで撮影されたシャープな写りと、ビビッドな色が特徴的。『スクエア』でアーティスティックな一枚を撮影してみませんか?


撮ってすぐアナログ『スクエア』写真! Lomography Lomo'Instant Square

Lomo’Instant Square(左から順に):クラウドファンディング限定エディション(ブルー)、Black エディション、Pigalle エディション(レッドブラウンレザー)、Ginza エディション(ブラウンレザー)、White エディション

プロジェクトページ: https://motion-gallery.net/projects/Lomo-Instant-Square/

Lomo'Instant Square は Fujifilm Instax Squareフィルムを使ってスクエア写真が楽しめる、世界初のアナログなインスタントカメラ。私たちは今までにも数々のインスタントカメラを生み出してきましたが、今度はロモグラフィーらしいアナログな写りや操作感を残しつつ、レトロな折りたたみデザインのカメラを開発いたします!余計なものはいらない - ただ《スクエア》という魔法の形で毎日を切り撮れば、きっと《特別》な瞬間が見つかるはず。
10/10(火) 23:59 までMotionGalleryにてクラウドファンディング実施中。最大35%OFFでカメラを支援できるチャンスをお見逃しなく!

>> ★ Lomo'Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

2017-09-06 #ニュース Lomography の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む