フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回 ロモグラフィーのフィルム で撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

自己紹介をお願いします!

私はロンドンを拠点として活動するフォトグラファー兼イラストレーター。トルコ人でもあり、ドイツ人でもあります。子供の頃はフランス、ドイツ、セネガル、南アフリカ、アメリカなど色々な国に住めてラッキーでした。大学でアートは勉強しなかったんだけど、今はその分野でフリーランスとして働いています。Rookie Magに寄稿するようになったのは1年ほど前のことで、最初の作品は自虐的な白黒漫画『 Miserable in London(ロンドンでのみじめな生活) 』です。ロンドンへ引っ越した時に感じた恐怖を面白おかしく描いたものです。今は Rookie Magやその他のマガジンでイラストを描いたり、コラージュをしたり、写真を撮ったりしています。最近は写真に何か書いたり、絵をスキャンして動画にしたり、色々なメディアを混ぜるのが好きです。

作品はだいたい感情をテーマにしたものが多いです。私はそれらが、人生よりを豊かにすると思っています。イラストや文章は私自身の鏡みたいなものなので、自分の性格や人生を深く追求することが好きですね。あとは若者の写真を撮ることにハマっています。特にティーンの女の子かな。当時の自分を振り返ると、爆発しそうな感情を抱えていたように思います。そのせいか、そういった人生の転換期みたいなものに凄く惹かれますね。

なぜフィルムで撮影するんですか?

写真の撮り方はフィルムカメラで学びました。それからずーっとフィルムですね。デジタルカメラも持っていますが、時々写真を撮ったり、動画を撮ったりするくらいですかね。でもフィルムで撮ったときほどの満足感は無いですね。フィルムで撮った時の仕上がりが大好きだし、撮影中に写真の仕上がりはあまり見たく無いんです。仕上がりがわかってしまうと、より良い写真を撮ろうというより、粗探しをしているような気分になるので。

今回の写真について教えてください。

今回は色々な ロモグラフィーのフィルム を使いました。カラーネガ ISO100、ISO400、あとは LomoChrome Purple です。80年代っぽいスタイルにしたかったので、LomoChrome Purpleはぴったりでした。今回のテーマは、2人の親友といつも一緒にいるんだけど本当は1人でいるほうが好きな女の子について。ピンクとパープルでそんなストーリーを描こうと思いました。私も高校時代はそう思うことが多かったです。友達数人と遊んで、夜家に帰ると1人になれてホッとしたりしていました。おそらく、そういった悩みを抱えているティーンは多いのではないでしょうか。自分がどういう人間なのかまだわからなくて、一体誰と一緒にいるべきかわからないような感覚です。ティーンじゃなくても同じ悩みを抱えている人はいるかもしれませんが、私は若い頃の方がこういった気持ちになることが多かったです。あの孤立してしまったような気持ちと、「こんな友達はいらない」という勇気を持つことも大事なんだということを表現しました。この写真に字幕をつけて、登場人物が考えていることを強調するのもいいかなと思っています。映画のワンシーンのような作品になるでしょうね。

2017年の予定を教えてください!

今現在 Rookie Magのためのイラストを描いています。あとはアパレルの撮影が何件かあったり、東南アジアへ旅行の予定があります。旅先でたくさん写真を撮るのが楽しみです!この旅のためにフィルムを21本も買いました。旅から戻ったら、また複数のメディアをミックスさせた作品を制作するつもりです。zineや雑誌も作りたいと思っています。いろいろ楽しみです!


Aliaの作品は www.aliawilhelm.comInstagram でもご覧いただけます。 Rookie Magazine は日本語版の Rookie Yearbookも出ているのでぜひチェックしてみてくださいね!

2017-09-30 #people

Lomography Color Negative 800 ISO 35mm

ISO400では感度がまだ足りない?Lomography Color Negative 800 35mmフィルムは、低照度下でも驚きの結果をお約束致します。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • Father John Misty インタビュー「アナログブームはパンツみたいなもの。」

    2017-09-29 #ビデオ refallinsasaki の記事
    Father John Misty インタビュー「アナログブームはパンツみたいなもの。」

    Father John Misty こと Josh Tillman は米メリーランド出身のシンガーソングライター。今年7月、FUJI ROCK FESTIVAL 2017 で来日した彼に、アルバム『Pure Comedy』について、アナログブームについて、そして写真について、たくさん語っていただきました。