アナログとデジタルのあいだで:Mattia Giordano

イタリア人の Mattia Giordano は、コマーシャルや音楽の領域でいくつものプロジェクトをかけもつディレクター兼フォトグラファー。彼の作品はどれもユニークな色使いと身体の一部を使った表現が特徴。今回彼はアナログとデジタルカメラの両方に Daguerreotype Achromat を装着し、撮影を行いました。

© Mattia Giordano (analogue)

こんにちは Mattia!写真を始めたきっかけや、写真に対する想いを話してもらえますか?

正直、いつから始めたのか覚えてないんです。でも、子供の頃に初めてもらった使い捨てカメラに夢中になったことを覚えています。どこへでも一緒に持って行って、ついに全部撮り終わったあと、自分の目で写真が撮れたらいいのになと願ったものです。今でもそう思いますが。

どのように自分のスタイルを確立させましたか?

日常生活で目にする色を、より印象的なものとして強調させることが僕のスタイルです。原色を使って被写体を目立たせようと、強迫観念のようにいつも考えてしまいます。そうしないと、イメージが整頓されていないように思えるんです。

© Mattia Giordano (analogue)

最近はどんな作品を作っていますか?

とあるブランドのルックブックを制作しながら、雑誌の編集もしています。あとはミュージックビデオの監督や、iPhoneで撮影したイタリアの写真を展示しています。

どのように作品のテーマを選びますか?またどんなものから影響を受けますか?

普段目にするものからインスピレーションを受けます。だって、人生は美しいもので溢れていますから。ガールフレンドやいい映画、じろじろ見てくる奇妙な老人だったり、いま食べているピザだって、僕の写真の主人公になる可能性があります。選択の瞬間は自然と訪れるものです。

デジタルとアナログカメラの両方を使うそうですね。普段、どのように使い分けてますか?

何が起きるか予測できないので、いつも両方持つようにしています。プライベートな写真や、親しい人とのアーティスティックなプロジェクトでは、フィルム写真のほうが好きなのでアナログカメラを使います。デジタル写真では、より実験的な撮影に挑戦できますね。でも結果を修正できてしまうという点では、切りとった『瞬間』の真実味が減るような気がします。

© Mattia Giordano (analogue)

今回、Daguerreotype Achromat Art Lensではどんな作品を撮影しましたか?

ガールフレンドの Giulia Anna Kapelanczykを撮影するためにレンズを使いました。夢見がちで永遠に子供時代かのような彼女にインスパイアされた作品です。夢の中の世界に囚われ、周囲の自然に愛されて過ごす彼女を描きました。なるべくフラッシュを使わずに、滑らかで自然な描写になるよう温かみのある街灯の光を頼りに撮りました。

© Mattia Giordano (digital)

レンズを使ってみて、いかがでしたか?これから使う人へアドバイスがあれば教えて下さい。

色々と実験することができて楽しかったです。独特なぼんやりした描写が、作品をよりドリーミーに仕上げています。

ぜひ、スペシャル絞りプレートを全部使ってみてください。(パッケージに含まれているものです。)ユニークな描写になり、また違った味わいが出てきますよ!ポートレート撮影や、夜の撮影におすすめのレンズです。

© Mattia Giordano (digital)

Mattiaのその他の作品は websiteInstagramFacebook でご覧いただけます。

2018-01-15 #people lomosmarti の記事

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensがあれば、シャープなイメージ、ソフトフォーカスの両方が一本のレンズで撮影できます!挿入する絞りプレートによってボケの発色、質感をコントロール可能。表現の可能性が無限大に広がる魔法のような一台です。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    2017-06-06 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    Emanuele Passarelliはイタリアの若い写真家で夜の街での撮影に情熱を捧げています。今日は彼がNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した作品をご紹介!インタビューとともにお楽しみください。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Yoann Leveque

    2017-06-12 #gear #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Yoann Leveque

    Yoann Levequeはパリ在住、フランスの写真家です。彼はSara Etienneをモデルにした新しいプロジェクトでロモグラフィーの新製品・Neptune Convertible Lens Systemを使ってくれました!Thalassaという名の35㎜レンズをメインに撮影された作品をご覧ください!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    2017-06-11 choko3 の記事
    [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーのKenさん。ロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みの彼が、今回はロモグラフィーのLC-A+を使って夢のLa-La Landを撮影!!インタビューとともにお楽しみください。

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    2017-06-28 #places
    アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのAle Di Gangiがおしゃれなオランダの街をLomoChrome Purpleでいつもとは違った雰囲気に写してくれました!

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    2017-06-27 #ニュース #people
    Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    Alex Totaro がSNSに投稿した Lomo'Instant Automat Glass の写真を発見した私たちロモグラフィーは、カメラの第一印象とともに撮影のコツについて彼にインタビューしました!彼がロンドンのバービカン・センターやイギリス各地で撮影した写真をご紹介します。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1