『Maika Around the Keyboard!』 キーボードに囲まれて! ミュージシャン Maika Loubté にインタビュー

2017-12-26 1

日仏ハーフの Maika Loubté さんは、英語、フランス語、日本語の3ヶ国語で 歌うシンガーソングライターです。 14歳から自宅でレコーディングを始め、音楽活動をしています。現在ではモデルやCM音楽・出演もされ、YouTubeでは様々なMVを見ることができます。
今回は、2017年12月20日『 CANDY HAUS 』を7インチレコードでリリースする Maikaさんを akio_nakai さんがインタビュー&写真撮影を行いました。

Maika Loubté(マイカ・ルブテ)
Web / Instagram / Twitter / Facebook / YouTube

(Lomography Color Negative 800 iso 35mm)

── 今日はMaikaさんの宅録スタジオにやってきました。 早速ですが自己紹介お願いします。

Maika Loubtéといいます。トラックを作って歌っているミュージシャンです。

── よろしくお願いします。まず、キーボードなどに囲まれ圧倒されてます。 説明されて気がつきましたがグランドピアノもあるんですね!キーボードや機材が置かれているので わかりませんでした(笑
Maikaさん、ここにあるキーボードを集めはじめたきっかけは?

近所に大手リサイクルショップがあって、5年くらい前にこういうキーボードが大量に置いてあるのを見つけたんです。多分価値がよく分かっていない人が値付けしていたので、すっごく安かったんで すよ。バイト代で買えるので集め始めました。これもこれも、安いんですよ。でも今買ったら倍以上 するでしょうね。新しいものも、古いものも色々混ざっているんですけど20台くらいあるかな。

(Lomo Lc-Wide / Lomography Lady Gery 400 B&W 35mm)

── わかります!中古のフィルムカメラも一時は同じように安かった。今ではそこそこしますが、それでも安い。 ここにあるのは80年代以降のものですか?それほど古く無いように見えます。

そうですね。ビンテージじゃないと嫌だというわけではないんですけど、音がいいというか、好きな音がいっぱい入っているので使っていますね。でも最近は新しいシンセも昔の音を上手く再現していて、割といい音しますね。だから新しいものと古いものの、いいとこ取りがベストです。

── 曲によって使いわけもするんですか?

というか...全然手当たり次第色々試している感じですね!曲が出来てから、気分次第で曲に合う音や楽器を探します。

(Lomo Lc-Wide / Lomography Lady Gery 400 B&W 35mm)

── 12/20(水)にシングル『 CANDY HAUS 』が発売されますね。もともとデジタル配信のみで したが、今回レコードで発売になったいきさつを教えて下さい。

アートワークがすごく気に入っていて。YOSHIROTTENさんの作品なんですけど、彼が7インチにしたらどう?ってぽろっと言ったのがきっかけですね。今は結構7インチ出している人もいますけど、やっぱり7インチってマニアックなので、数年後あんなのあったねって言えたら面白いかなって思って作りました。自分自身も、普段CDよりも7インチを買いますし。

── B面は、The Bugglesの名曲『Video killed The Redio Ster』のカバーですね、どんなアレンジになるのか とても楽しみです!

そう、とにかく大好きな曲なんです!ずっとカバーしたいと思ってました。

── 次のアルバムもレコード発売する予定ですか?

レコードはシングルだけで良いかなと思っています。 CDと何かしらフィジカルな形を残そうとは思っているんですけど、内容はまだ決めてないです。前のアルバムの時はフォトBookとCDをパッケージしたものを作ったんです。何でかというと、CDって歌詞カー ドとかはあるけどCD自体にフィジカルな情報が無いじゃないですか。曲を聞きながらフォトBookを見れるし、前のアルバムは自己紹介の意味もあって、飾らない内容で曲作りの時の途中で描いた歌詞のメモとかも入れたりしました。
次のアルバムも同じようにCDにBookとか何かつけようと思います。そのあと需要があればレコードも作りたいです。

── Maikaさんの曲を聴いてると、どこか懐かしい感じがします。『You & I』という曲、僕は自然と ストーリーと映像が浮かんできます。この曲の歌詞は英語ですが日本語、フランス語で歌う使い分けとか ありますか?

うーんそうですね。基本は自分が聴きたい曲を作っています。だから自分が聴きたい曲が英語だったら英語で作るし、日本語で聞きたいって思ったら日本語で書くので、特に決めてないですね。洋楽を作ろうとも思っていないし。歌詞は曲が呼んでくるものなので、歌詞からは書かないんですよ。まず曲ができて、曲が欲しがっている節をあてるという流れです。フランスのハーフなので、フランス語でも書いたりするんですけど。
『You&I』は音数が少ない「ポツ、ポツ、ポツ」という感じなので、英語にしました。日本語はどうしても何個も言葉が必要なので。

── 9月にフランスでライブがありましたね。海外で歌うときは日本語でも歌うんですか?

曲次第です。日本語の曲はまだ少ないですけど、海外では日本語で歌うともっと盛り上がる雰囲気です。たぶん、私たちが洋楽聞いて意味わかんなくても良いなって思うのと同じで。言語は何でもいいんだと思うんですよ。ただ、何かに似ないようにっていう部分だけ気をつけてます。何かに似てるってなると、何かの代わりになる訳じゃないですか。だからそうならないように、日々曲作りをしてますね。

(Lomochrome Purple 35mm film / Petzval 58 Bokeh Control Art Lens)

── Maika さんの Instagram などでもフィルム写真を見ます。フィルム写真の好きなところは?

フィルムの質感が好きです。だって、デジタルは鮮明過ぎるじゃないですか。スマートフォンでも写真をたくさん撮りますけど、フィルムの方がドラマチックに撮れますね。

── フィルムって現像しないとわからない。写真を見たとき、ああこんな風に写っているんだって驚きがありますよね。

いくら技術が進化しても、結局人ってアナログなものが好きだったりするし、不思議ですよね。

── 僕の世代はレコードやカセットテープがあってCDへ、つまりアナログからデジタルへ移り変わり、 常に最先端なモノを求める傾向にありました。今の若い人達って昔のモノがクールなんですよね。アナログなモノから温かさを感じ、新譜もカセットテープで発売してるミュージシャンもいます。僕からすれば とてもフレッシュな感覚がしました。
Maikaさんはレコード世代ではないですよね?

じゃないですね。でも、もしかするとCDがそのうち無くなって、またその10年後くらいに「CD、小さくてかわいい!」みたいな時代が来るかもしれないですね。

── Maikaさんからすると、レコードとかカセットは新しいモノと言う認識なんですか?

うーん。両親が音楽好きで、母の実家に昔のレコードやカセットがあって、それを私がいっぱい持って帰って聴いてみたりとかしていて。だから新しいものとは思わないですけど、手に残る感触が唯一無二なんだと思います。でも色々掘って聴けるデジタル配信も好きです。物が増えなくてすむし、Spotifyとか最高ですよね。だからこそ、フィジカルの価値が高いものもやっぱり良いなと思います。物としての愛着がわくものって、嬉しいですもんね。

── 便利なところは"デジタル"、大切ものは"アナログ"で残したい。

そう、愛着がわくもの。

(Lomography Color Negative 800 iso 35mm)

── 今日はありがとうございました!最後に今後の予定を教えてください。

12/22(金)に銀座路面店のアニエスエベーで クリスマスライブ があります。そこでレコードも部数限定で販売します。クリスマスなのでちょっと特典もつけたりして。あとは、12/30(土)に恵比寿バチカでDJします。今はひたすら制作をしているので、今残せるものを全部残す。それしか活動予定がないですね!来年はアルバムを出したらツアーもしたいです。共同制作者も募集中です。


※インタビューは12月上旬に行い、
22日のライブは先日終了しました。
店内スペースのライブ、ホームパーティな雰囲気。
Maikaさん、皆さんとても楽しんでました。

(Daguerreotype Achromatic 2.9/64 .デジタル撮影 ハーフストリームフィルター使用)

7インチシングル『 Candy Haus 』発売中

話題の新世代SSW/トラックメーカーMaika Loubtéによる限定7インチ!
EP『Candy Haus』収録の表題曲に加えて、完全未発表となるThe Buggles "Video Killed The Radio Star"のカバーも収録!


フォト・インタビュー: 中飯明央Instagram
>> Around the World in Analogue: Shibuya, Tokyo
>> From Reel to Real Winners

2017-12-26 #ビデオ Akio Nakai の記事

1 Comment

  1. clownshoes
    clownshoes ·

    Cool photos, is there an English version of this article? I like dem synthz ;)

他の記事を読む

  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

    2017-05-27
  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

    2017-06-07
  • ショップニュース

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    毎年大人気のロモグラフィーの福袋。2018年もアナログ写真を極めたい方、初めてフィルムカメラを使う方、考えずにただただ撮りたい方など、皆さんに喜んでいただける福袋をご用意しました!売り切れ続出のフィルム福袋や、フィルムとカメラがセットになった福袋など、どれも大満足な内容。2018年最初の1枚はロモグラフィーのフィルムやカメラで切り撮ってみませんか?数量限定なのでお早めにどうぞ!

  • ロモグラファー @akio_nakai にインタビュー!

    2017-10-28 #people hannagerstacker の記事
    ロモグラファー @akio_nakai にインタビュー!

    ロモホームより中飯明央 ( @akio_nakai ) さんをご紹介します!中飯さんは神奈川県在住のシネマトグラファー。 今回は素敵な写真をフィルムで撮影するコツを聞いてみました。

    2017-10-28 1
  • LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    2017-03-10 #people refallinsasaki の記事
    LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    ドローイングや刺繍、そして写真などさまざまな表現活動をしているアーティスト Saiko Otakeさん。昨年はロンドンやシンガポールで個展を開き、大忙しの一年でした。そんな彼女にロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで3ヶ月に渡り撮影していただきました。Saikoさんの写すビビッドなイメージは、どこか無機質で不思議な世界。ロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで撮影した、東京や宇和島、そしてシンガポールの写真をインタビューとともにお楽しみください。

    2017-03-10
  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlie_cat の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

    2017-02-27
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people lomographysoholondon の記事
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture lomographymagazine の記事
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

    2018-01-05
  • 60年代、70年代へタイムスリップ:Valentin Ducielへのインタビュー (NSFW)

    2017-04-08 #people Ivana Džamić の記事
    60年代、70年代へタイムスリップ:Valentin Ducielへのインタビュー (NSFW)

    記憶に残るヒッピー運動にインスパイアされたValentin Ducielの素晴らしい写真は見飽きることがありません。Valentinの時代を超越する大胆な作風とシンプルなもののなかにも美しさを見出す能力は彼の作品を唯一無二にしています。

    2017-04-08
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    2017-06-09 refallinsasaki の記事
    永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回はなんと高校生の永遠 (@towaforever1) さんの作品をご紹介。

    2017-06-09
  • Simple Use Film Camera × フリーペーパー専門店「ONLY FREE PAPER」オーナー 松江健介

    2017-05-21 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × フリーペーパー専門店「ONLY FREE PAPER」オーナー 松江健介

    フリーペーパーの多様性に魅了され、また「紙」という文化の素晴らしさを伝えるため、フリーペーパー・フリーマガジン専門店『ONLY FREE PAPER』を創業した松江 健介さん。メタルバンドではボーカルも務めている彼が Simple Use Film Cameraで写す日常とは?

    2017-05-21
  • 『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』@アーツ千代田3331

    2017-02-24 trifivy の記事
    『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』@アーツ千代田3331

    3/5(日)まで直営店Lomography+のあるアーツ千代田3331では、『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』が開催されています。日本では初めてとなる本格的なソーシャリーエンゲイジドアートの展覧会。世界的に有名なアイ・ウェイウェイ、ペドロ・レイエス、パーク・フィクションといった作家の作品も展示されますので、是非この機会に足をお運びください!

    2017-02-24