【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

1

ロモグラファーの皆さんが大好きな 多重露光 (重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

セルフフィルムスワップとは

多重露光機能のないカメラで(または多重露光機能を使わないで)多重撮影を行う方法を「セルフフィルムスワップ多重露光」といいます。基本的にどんなカメラでもトライすることが可能で(ブローニーフィルムを使うカメラは除く)、異なる場所・時間の別々の被写体をフィルム上で重ねることができます。この方法を用いると、幻想的で創意工夫に満ちた多重写真を撮ることができ、撮影の幅がぐんと広がります。

多重露光の種類

セルフフィルムスワップの説明の前に、多重露光の撮り方には二つの方法があることを紹介しておきます。それぞれの特徴についてかんたんに説明します。

1. その場多重
文字通りその場で二回重ねて完成させていく撮り方です。一回目の露光を行った後、続けて二回目をその場で撮って重ねていきます。 Lomo LC-A+Lomo LC-Wide のように多重露光(MX)機能があるカメラや、押しただけ重ねることのできるカメラ( Diana シリーズ、Holga等)が必要となります。

■メリット
その場の出会い・インスピレーションを生かして自由に気軽に撮ることができる。事前に綿密な計算などせず撮影を楽しめる。コマの位置がずれない。

■デメリット
その場でいい被写体が見つからないと撮影がなかなか進まない。二つの被写体の間を何度も行き来する手間がかかる。

2. セルフフィルムスワップ
一枚ずつ撮ったフィルムを、再度カメラにセットして二回目にまた一枚ずつ撮って重ねていくという方法です。多重露光機能がないカメラでも基本的にトライが可能です。(ブローニーフィルムを使うカメラはフィルムの構造的に難しい)

■メリット
綿密に計算した撮影プランを立てられる。撮りためておいた素材の上に重ねていくので成功率が高まる。

■デメリット
撮っておいた一回目の内容に縛られる(現地での偶然の出会いなどに対応しにくい)。手動巻き上げのカメラの場合はフィルムのコマの位置がズレる可能性がある。一回目に撮った内容を覚えておかなければならない。
※ちなみに私が多用するのがこちらの撮り方です。

撮影方法

それでは、「セルフフィルムスワップ」による多重露光の方法を紹介していきます。

① フィルムをセットする
この方法では、一回目と二回目のフィルムの入れ方がと~っても重要となります(Lomo LC-A+等、手動巻き上げのカメラの場合は特に)。一回目と二回目のフィルムの入れ方が極力同じでないとコマがずれてしまいます。

【ポイント】
1. フィルムに印をつけておくと二回目にフィルムを入れるときの目印となりコマずれが防げます。
2. 巻き上げレバーをしっかり巻き切った状態にしておく。巻き切ってないとズレが生じます。
3. フィルムがたわんでいない、ぴんと張った状態でセットする。これもズレを防ぐために重要。
4. 巻き上げるときに異音がしたり、巻き始めるまでの「遊び」を感じたら再度入れ直します。

② 一回目の撮影
セットしたら一回目の撮影をします。通常の撮影と同じように一枚ずつ撮っていきます。

【ポイント】
1. 一枚ずついろいろ変えて撮るのではなく、数カットずつ同じものを撮るようにする。そうすることで成功率も高まります。
2. 一回目に撮った内容はメモしておく。さらに、必要ならばその時の撮影構図をデジカメやスマホで撮影し記録しておくとより二回目の撮影時にイメージがしやすくなります。
3. 露出は基本的にマイナス0.5~1補正(ただし被写体による)

③ フィルムを巻き戻してカメラに再度セットする
フィルム一本撮り終えたらフィルムを巻き戻します。その後二回目の撮影の出番がきたらフィルムをカメラにセットします。付けておいた印を頼りに一回目と極力同じようにセットします。

【もしフィルムの先端が引っ込んでしまったら】
巻き戻した際にフィルムの先端がキャニスター内に完全に入ってしまった場合は「フィルムピッカー」を使って先端を取り出します。これで再度カメラにセットすることが可能です。

フィルムピッカーはカメラ量販店等でかんたんに購入できます。

④ 二回目の撮影
一回目と同様に一枚ずつ撮っていきます。メモや参考画像を見ながら、アイデアを生かして二回目を撮ります。露出補正は一回目と同様です。

⑤ 撮影終了
像が重なる二回目の撮影を終えたら現像します。全てのコマが一枚ずつ重なっています。異なる場所・異なる被写体が重なり合うため不思議で幻想的な印象が強くなります。また、数カット同じものが撮ってあるため成功率も高くなります。

【コマがずれてしまったら…】
もしコマがずれてしまうと、下の画像のようにコマとコマの間のラインが入り込み、せっかく位置を計算して撮影した写真も失敗となってしまいます。

以上が、セルフフィルムスワップによる多重露光の方法です。
ぜひ皆さんのカメラでもトライしてみてください♪

ちなみに、ロモグラファーの間で流行っている「フィルムスワップ」(一本のフィルムを自分と他者とでそれぞれ一回ずつ撮り合い、重なった結果を楽しむ撮り方)も、撮る者が自分だけなのか、他者と行うかという違いだけで、撮り方のコツは全く同じです。フィルムスワップをトライする際のTipsとしてもご活用ください。

それでは最後に、セルフフィルムスワップだからこそ撮れた不思議な多重写真をご覧ください!
Enjoy your “self-filmswap” life!

水族館のイルカと公園のチューリップ。
カメラ:Lomo LC-A+/フィルム:Fuji Superia400(ネガ現像)
日本の工場とイギリスのストーンヘンジ。フィルムスワップwith @fotobes
カメラ:Lomo LC-A+/フィルム:Lomography X-Pro Chrome100(クロス現像)
女性モデルと通称「モネの池」
カメラ:Canon EOS7S/フィルム:Lomography Turquoise XR100-400(ネガ現像)
日本のコスモスと香港の夜景。フィルムスワップwith @gocchin
カメラ:Lomo LC-A+/フィルム:Kodak EBX100(クロス現像)
日本の寺とイギリスの夕日、アメリカの国立公園(3回露光)。フィルムスワップwith @fotobes & @grazie
カメラ:Lomo LC-A+/フィルム: Kodak EBX100(クロス現像)

2018-03-17 hodachrome の記事

関連商品

Lomo LC-Wide

Lomo LC-Wide

革新的な17mmワイドアングルレンズを搭載した35mmコンパクトオートカメラ。

1 Comment

  1. metaluna
    metaluna ·

    Thanks very much for this valuable information.

他の記事を読む

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • ゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.4」開催

    2017-07-07 refallinsasaki の記事
    ゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.4」開催

    ロモグラファーの ゴトウヨシタカ さん ( @gocchin ) の個展 「光と遊ぶ vol.4」 が9月2日(土)より旭川市のディーアイあさひかわにて開催決定!ロモグラフィーのカメラで撮影された多重露光やクロスプロセス現像の美しい作品は必見です。お近くにお住いの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。