【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

1

皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?カラーネガや白黒フィルムという方が多いかもしれませんが、いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーの クロスプロセスフィルム がおすすめです。

【クロスプロセスとは?】
一般的にフィルムといえば35mmのネガフィルムの事を指しますが、クロスプロセスで使用するフィルムは「 ポジフィルム 」です。このポジフィルム(別称スライドフィルム、リバーサルフィルム)は通常「 E-6 」とよばれるポジフィルム用現像液で処理されます。ですが、クロスプロセスの際は「 C-41 」と言うカラーネガ用現像液で処理されるのです。
ポジフィルムを通常のネガ現像、つまり“クロス”させることによって、より被写体の表情をきわだたせ、ハイコントラストな仕上がりになります。現像に出す際に「C-41現像」と伝えるのをお忘れなく!
▶︎ FAQ:クロスプロセスって何?

今日はカラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、わかりやすく同じ日に撮影した写真をご用意しました!まずはカラーネガで撮影した写真をご覧ください。

晴れた夏の日の午後。Lomography Color Negativeで撮影

そして、同じ日に撮影したクロスプロセス写真がこちら!

同日に撮影。 Lomography XPro 200 ISO 35mm で撮影し、C-41(クロス)現像処理。

どうでしょう?カラーネガと全く違った雰囲気ですよね。このザラザラ感や夕暮れのような雰囲気がたまりません。ただ、光が必要なフィルムなので曇りの日や室内だとフラッシュが必要な場合もあります。

shot by Lomo LC-A+
左:曇りの昼間、日の当たる電車内で撮影。右:夕日の当たる屋上で撮影。
shot by Lomo LC-A+
左:暗い屋内でフラッシュON。右:フラッシュなし多重撮影。

Simple Use Film Camera に クロスプロセスフィルムを詰め替えて撮影してみても面白いですよ!少しでも暗い場所では必ずフラッシュONで撮影してくださいね。
▶︎ Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

shot by Simple Use Film Camera

今回ご紹介した写真はすべて Lomography XPro 200 ISO 35mm で撮影したものですが、その他のポジフィルムでもクロス現像は可能です。また違った色が楽しめると思うので、ぜひ試してみてくださいね!

ちなみにE-6(ポジ)現像した結果はこちら▶︎ クロスプロセス用フィルム XPro Slide 200 をリバーサル現像してみたよ!


クロスプロセスで撮影してみよう!ワークショップ開催

毎年4月に開催されるフィルムカメラユーザーの世界的なコンセプトイベント Film Photography Day(フィルム写真の日) 。今年はロモグラフィーのフィルムカメラ Lomo LC-A+ で、 クロスプロセス写真 を楽しむワークショップを 4月7日(土) に開催します。「クロスプロセスって何?」という方も、この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね!詳細は こちら でご確認ください。

2018-03-27 refallinsasaki の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

1 Comment

  1. gakurou
    gakurou ·

    Lomography XPro 200はそんなに色が変わらないけど、フジフィルムのVelvia 50 は「(青)緑」、Velvia 100は「赤」、PROVIA 100 は「黄(緑)」に色が偏るので試してみてね。 写真プリントの時に「自動補正無し」にすると色の変化が際立つけど、Velvia 100は真っ赤になるから、普通に「自動補正あり」の方がいいかも。
    フィルムの写りの違いは、ここで比較してみてね。
    https://www.lomography.jp/films

他の記事を読む

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • 待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    2017-06-03 #gear
    待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    先日、新バージョンの販売をスタートしたLomoChrome Purple Filmですが「結局旧バージョンとどのくらい違うの??」と気になっている方も多いのではないでしょうか?今日はロモグラファー@arthursopticがLomoChrome Purple Filmの新旧バージョンを徹底的に比較してくれました!

    1
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    2017-05-23 #people
    Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    写真家であり、都会探検家でもある Harimao Lee。建物の上から撮影して、いつもと違ったアングルの景色を発見することが好きだと語ります。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemを渡して、香港の美しいビル群を撮影していただきました!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。