Dianaにまつわるストーリー:写真家 マーク・シンクへのインタビュー

1980年代ニューヨーク、ダウンタウンのアートシーンという「夢の世界」を生きた写真家 マーク・シンク 。彼は写真家としてのキャリアを Diana からスタートさせました。写真の基礎を学ぶことができるシンプルな操作、かわいらしいデザイン、そしてローファイな写り。彼はこのカメラでアンディ・ウォーホルやジャン=ミシェル・バスキア、グレイス・ジョーンズなど、数々の著名人を撮影しました。その他にも風景やヌードなど、ありとあらゆる題材で Dianaは活躍しました。 今回、彼と Dianaにまつわるストーリーをマーク・シンク本人にインタビューしました。

Photo by Mark Sink

こんにちは、Mark!Dianaとの出会いについて聞かせてもらえますか?

60年代に両親から Dianaをもらったのが一番最初です。その時は使った記憶がありません。20年後、中に使いかけのフィルムが入った状態の Dianaを発見しました。そのフィルムをルース・ソーン・トムセンのアート・フォトグラフィーの授業で現像しました。すると膝の高さほどの位置から撮影した母の写真が何枚かあり、すごく驚きました。それが私の「反テクノロジー的」キャリアの始まりです。私が今までに見たことのない写りがそこにありました。当時はアート作品のために本気で Dianaを使っている人は自分だけだと思っていたけれど、後にDianaユーザーが作った書籍やカタログをたくさん発見したので、私と同じような考えの人が他にもいたことを知りました。だから私は「第二の波」ですね。ホルガやロモグラフィーは「第三」です。

Photos by Mark Sink

1980年代のニューヨークを Dianaで撮影されていますが、忘れられないクレイジーなストーリーを持つ写真はありますか?

アメリカの抽象画家 サイ・トゥオンブリーのプライベート・オープニングでMoMAに忍び込んだ時ですかね。入り口のガードマンに、プラスチックのワイングラスを見せたら入れてくれました(笑)。私はサイとコメディアンのスティーヴ・マーティン、フランチェスコ・クレモントを撮影することができました。あの夜は本当にたくさんのスターがいました。彼らは Dianaに興味津々で、写真に写っている人の目がその証拠です。ジャーナリストが持っている銃のようなカメラと Dianaはまったく違うので、スターに近寄って撮影することもできました。そして皆こう聞くんです「いったい何それ?」って。

他にもたくさん面白い話があります。私のお気に入りは、ザ・ニューヨーカーでの大きな仕事です。「ライ麦畑でつかまえて」の J・D・サリンジャーや「沈黙の春」のレイチェル・カーソン、ヤコボ・ティママンといった著名な作家が有名になる前のストーリーを描くという企画でした。撮影は1日5回というタフさでしたが、私は Dianaを首にかけて手持ちのフラッシュだけ持って行きました。たったそれだけの機材しか持たない私に、スタジオにいたクライアントや担当部長、その他の人々は不満そうでした。まるで信じられないといった感じです。その証拠に私とモデルを置いて、先に皆家に帰って行きました。

後日フィルムを現像したのでエージェンシーに持って行くと、彼らはちょうど私の代理のフォトグラファーを探しているところでした。私の姿を見つけると皆嫌そうな顔をしましたが、コンタクトシートを見ると驚き、写真をすごく気に入ってくれたんです。その場の人々が私に拍手までしてくれました。そうして私は残りの仕事を得ることができたんです。

Photos by Mark Sink

写真で大事なのは「撮る人」と「カメラ」のどちらだと思いますか?

うーん、カメラです(笑)。昔はそうは思いませんでしたけど。でも、どちらも大事だと思います。もちろん、コンセプトや技術、センスは重要ですよ。理論的に言ってしまえばカメラはあまり重要ではありませんが、大手の博物館やプライベートコレクションは最近 8x10の写真を収集していますね。Polaroid SX-70フィルムが無くなったため、私が80年代に撮影したポラロイドはビンテージとなり、今やとても高価なものとなりました。

Photo by Mark Sink

一つお聞きしたいことがあります。アンディ・ウォーホルは Dianaについてどう思っていました?

彼は嫌っていました。最先端のものが好きな人でしたから、古くてロマンティックなものが嫌いでしたね。彼なら「すごく古臭い」って言うでしょうね。ソフトなイメージも嫌いでした。

いつも「なぜ男の子を撮らないの?」とアンディは私に聞いていたので、裸の女の子よりもロマンチックな男の子の写真のほうが好きでしょうね。それに彼は私のヌード写真を大事に持っていました!(笑)

アンディには私の Dianaをあげたんです。それからしばらく経って彼の死後、ウォーホル財団から連絡がありました。Dianaの中に入っているフィルムに何が写っているか知っているかと聞かれたんです。そういえば、いつか彼が写真を撮ったら私が現像してあげようと考えていました。結局使われずに、1983年からのタイムカプセルにように置き去りにされていました。

Photos by Mark Sink

1980年代に比べるとニューヨークの街は大きく変わったと思います。無くなってさみしく感じているものはありますか?

もう以前のように毎月ニューヨークを訪れているわけではありません。でもやっぱり、80年代が恋しいです。イーストヴィレッジのアートシーンが変化していくのを目の当たりにしました。タイムズスクエアと四十二番街が綺麗になって、まるでベガスのよう。ソーホーのアパートも昔はもっと安くて、チェルシーの家は月150ドルで住んでいました。そこは何もない静かな庭のある部屋で、鳥のさえずりと風が木を揺らす音だけが聞こえる静かな場所でした。あの部屋が恋しいです。数え切れないほどのストーリーがあの部屋で生まれました。スマッシング・パンプキンズのジェームズ・イハもあの部屋が好きでした。

私は若く、ニューヨークにいて、飢えて興奮していました。「自分は何でもできる」という盲目的な野心がありました。その全てが今は懐かしいです。おそらく今20代の人も同じような熱を持っているでしょうね。

流行やお店、仲間、編集者も変わりました。でも変わらないことも沢山ありますよ。80年代ヒッピーの生き残りのような私が若い世代に思うのは、「えっ!今はCBGBや Mudd Clubのようなクラブ*は無いの?」ということです。80年代を生きた私たちは今や悲しき老人です。でも過ぎ去った時代の思い出があるのも楽しいものです(笑)。インタビューされることもあるんだから。

(*CBGB、Mudd Clubはマンハッタンにあったクラブ。)

Dianaにスローガンをつけるなら、「私は自由!」または「我が道を行く」のどちらだと思いますか?

もちろん「私は自由!」。彼女は明るくて楽しいから、どこへでも連れて行けるし、皆を笑顔にさせます。フィルムを巻くときのプラスチック音も最高です。

Photos by Mark Sink

Dianaにまつわる失敗談やゾッとした瞬間はありますか?

ちょっと面白い話ですが、ニューヨークタイムズの仕事でデンバーを訪れているローマ法王の記者会見へ行った時です。法王が私に近づいてきて、Dianaを手に取りフィルムを巻き始めました。周囲の人が立ち止まって、私の顔とセキュリティータグ、そしてカメラをじろじろと見ていました。

あともう一つ、大きな撮影の仕事で私は大手銀行の社長と話すことになりました。彼にこれから撮影に使う Dianaを見せて「ただのトイカメラです。」と冗談のつもりで言ったけれど、それが間違いでした。クライアントは冗談だとは思わなかったんです。だからDianaを使う時でも、今は必ずハッセルブラッドとスタジオ用のストロボも準備するようにしています!

Dianaのレンズは落ちやすいですよね。今までにもたくさんのセレブの前でレンズが落ちてきました。皆、笑ってくれますけどね。もちろん法王の前でも落ちましたよ!

Dianaだけが持つユニークな特徴とは何だと思いますか?

普通のカメラでは起きるはずのない「予想できない」ことが起きるカメラです。ビネットや四隅のボケ、当てにならないシャッタースピード、炎天下では溶けそうになるし、とても繊細なんです。でも自分の「声」を持ったカメラです。アーティストの ナンシー・バーソン は Dianaのクローンである Arrowが好きで、私にプリントを売ってくれました。Arrowは質素な作りのカメラですが、Dianaよりも四隅のボケが激しい特徴的な画を生み出します。

これから Dianaを使う人へアドバイスはありますか?

コンセプトが一番大切!あと Dianaは明るすぎる太陽の下よりも、少ない光のほうが得意です。旅やウェディングでは、イベントを驚くほどロマンティックに写し出します。フォトジャーナリズムにはオススメしません。写真やカメラについて、色々うるさく言うのは好きではありませんが、Dianaはシンプルなデザインで調和のとれたカメラだと思います。構図や余白はどうしようなんて難しいことを考え過ぎずに、たくさん失敗してみてください。Dianaは「幸せなアクシデント」を生み出します。アクシデントは成功の鍵であり、人は失敗して学ぶものですから。私たちは普段、安全すぎる世界に住んでいるんです。

Photos by Mark Sink

最後に、Dianaで一句お願いします。

flight with light plastic(軽いプラスチックで空の旅)
my love huntress Diana(愛のハンター、Diana)
lightbox of my soul(私の魂のライトボックス)

2018-06-12 genevievedoyle931 の記事

他の記事を読む

  • Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    2017-06-27 #ニュース #people
    Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    Alex Totaro がSNSに投稿した Lomo'Instant Automat Glass の写真を発見した私たちロモグラフィーは、カメラの第一印象とともに撮影のコツについて彼にインタビューしました!彼がロンドンのバービカン・センターやイギリス各地で撮影した写真をご紹介します。

  • 色とりどりの刺繍とポートレート:Victoria Villasana

    2018-01-11 #culture
    色とりどりの刺繍とポートレート:Victoria Villasana

    メキシコ人テキスタイルアーティストの Victoria Villasana。彼女はアーティストや歌手、政治家などのビンテージ・ポートレートにカラフルな刺繍を施すアーティストです。ニーナ・シモンやフリーダ・カーロ、エリザベス女王など、時代を彩るアイコンたちを彼女の手でまた違った形の作品に生まれ変わらせます。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    2018-06-04 #gear
    Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    Diana F+ は記念日や誕生日、忘れられない旅、日常のささいな瞬間など、たくさんの人々の個人的な記憶を写してきたカメラです。今回は Diana F+で写した忘れられない一枚について世界中のロモグラファーに聞いてみました。

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    2017-08-03 #places Ivana Džamić の記事
    キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    若き写真家 Enzo Iriarteはまだまだ成長中。今回キューバを訪れた Enzoは、ビビッドな街並みと夏の太陽がまぶしい作品を撮影しました。夏服を着て思わずビーチへと行きたくなるようなショットをご覧ください!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!