コスタリカ : グアナカステ・ペニンシュラへの旅

サーフボードを詰め込んで、四駆で北のタマリンドから南の果てのマルパイスまで全体の海岸を旅しました。それから、旅の終わりには、アレナル火山へ旅するため、北の海岸まで戻りました。FisheyeとFisheye under water housing との旅行は驚くべき体験になりました。問題だったのは、フィルムの不足と、Fisheye under water housingのストラップがなかったことだけ。コスタリカはパラダイスです。 毎日が冒険です!

コスタリカはHOTです!
トランクスと、タンクトップ、ビキニ、サンダル、帽子、ジャングルの為のスニーカー、虫よけスプレー、SPF 60の日焼け止めを持ってきて下さい。私たちは、塗料のように日焼け止めを浴びて、ばかみたいに日焼けしにまだ来て戻っていました。
首都サン・ホセから、お気に入りの選んだ場所に行く計画をしましょう。ここは安全な国ですが、価値観を守ることをいつも覚えておいて下さい。スペイン語の語学力がある人か、もしくはそのような人と一緒に行くことをお勧めします。

私たちの目標は、3週間のタイム・スパンでできるだけ多くの北から南までのサーフブレイクを行うことでした。
もしあなたがコスタリカでサーフィンをしたくなかったとしても、サーフィンがコスタリカでできる全てではありません。シュノーケリング、スキューバダイビング、乗馬、カヤック、バードウォッチング、ジャングルツアー、パラグライダー、オフロードカーツアー、滝、スポーツフィッシング、温泉などがあります。

コスタリカでは、雨季が5月に始まり、 10月まで続きます。そのため、べストシーズンは1月から5月でしょう。しかしながら、雨季は、時間も値段もたいてい「オフシーズン」になるので、同じ位楽しめて美しいかもしれません。

私たちは海岸に沿った、とてもリーズナブルな価格のツリーハウスに泊まりました。経営者はとても旅行者に親切でした。旅の終わりには、アレナル火山に行くことをお勧めします。温泉と熱帯雨林が幻想的です。母なる自然が生み出したコスタリカというすばらしい地だからこそ存在する、滝で泳ぎ、 生い茂ったジャングルを散歩して下さい。どんなインターネットの検索エンジンでも、あなたの予算に合わせて、泊まる所や訪れる場所をリンクさせてくれるでしょう。ここは本当にパラダイスです。できるだけたくさんのロモグラフィーカメラと、フィルムを詰め込んで出かけて下さい!

2010-07-08 #world #ロケーション #lomo #red #america #redscalefilm #fisheye #water #surfing #film #jungles # #35mm # #adventure #sand #ocean # #plants #underwater # #iso-100 # #costa-rica #cows # #fisheye-water-housing # # #bikini-s #paradise #heat #travel #central #rain-forrests #waterfalls somethingsfishy の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    2015-06-10 #gear #レビュー austex の記事
    LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    もうすでに考えられるアングルでは撮り尽くされた景色に、新しい風を起こすにはどうすれぼ良いのだろうか?答えはもちろん、新しいフィルムを使うことだ!このことを念頭に置いて、Nikon 35TiにLomoChrome Turquoise XRフィルムを入れてユタ州南部とアリゾナ州北部へのよくある旅に出かけたんだ。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ミステリープロダクト!新しい新商品は何だ?

    2015-04-28 #gear #ニュース shhquiet の記事
    ミステリープロダクト!新しい新商品は何だ?

    ロモグラフィーから最新ニュース!もうすぐ新しい商品が登場します。でもその商品が一体何なのか、まだあまり大きなヒントは教えられません。だって皆さんに想像してもらって大いに予測していただきたいから!そして今回のミステリープロダクトのヒントとして、ロモグラフィー10ゴールデンルールがストリートフォトグラフィーになぜぴったり当てはまるのか、再び復唱させていただきます。

  • 新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    2015-03-20 #gear #ニュース #ビデオ shhquiet の記事
    新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    今まで、自分の手からサイコウェーブを放出してみたいと思ったことはありませんか?ついに、そんな夢が敵う時代になりました!Pixelstick は200色のフルカラーLEDを搭載した全長1.8mのライトペインティングツールです。このスティックを使えば、今までの常識を覆す近未来的で超ハイレベルなライトペインティング体験ができます!

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    2016-01-30 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    写真を撮ることをやめさせるものとは、一体何なのでしょうか?世界的に大寒波に見舞われた今月、大吹雪がニューヨークを襲った時でさえも、写真を撮り続けたひとりのロモグラファーがいます。

  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!

  • 三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    2015-04-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    LC-A+を三脚に取り付けると、カメラの底の部分と三脚の設置部分が固定されるため、多重露光用のMXスイッチを操作するのが難しくなります。なので、三脚を用いた多重露光がしたい場合は撮影ごとに三脚から取り外す必要があり少し面倒でした。そこで、それを解決する方法をいくつか考えてみましたのでご紹介します。ちょっと強引な方法もあるので誰にでもできるものではないのですが、機会(そして機械)があったらトライしてみてください♪

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomography+主催 【バレンタインデー特別企画;ライトペインティングワークショップ!】

    2016-02-01 #world #ニュース #イベント Lomography+ の記事
    Lomography+主催 【バレンタインデー特別企画;ライトペインティングワークショップ!】

    2016年のバレンタインデーはライトペインティングで思い出作りはいかがですか? Lomographyのインスタントカメラを使えば簡単に体験できます。 仲良しの恋人・友人と一緒に、光の輪の中で飛んだり跳ねたりしましょう!

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

  • ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    2015-06-04 #people hodachrome の記事
    ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    皆さんは新しく発売されたネガフィルム「LomoChrome Turquoise XR 100-400」をもう試してみましたか?「淡い色は透き通ったアクアブルーに、真っ青な空やエメラルドグリーンの海は輝くゴールデンカラーに変色する衝撃的なフィルム」と銘打って発売されたこのフィルムですが、実際に使ってみた感想とその特徴などをまとめてみましたので、まだ使っていないという方はぜひ参考にしてみてください♪