台湾、101階ビル

台湾にある世界で一番高いビル。高さは508m、地上101階、地下は5階まであります。この台湾の101階ビルは、462mのシカゴタワー、451mのマレーシアの ペトロナスツインタワーを越え、「世界で一番高いビル」という称号を手に入れました。(2008年時点)

このビルは、世界的に名高い建築家C.Y. Leeによってデザインされています。建物の外観は竹の節目のように、27階から90階にかけて、逆台形をした8階分を一節として、8つの「節」が縦に連なっています。なぜなら「8」は商売繁盛の数字とされているからです。

また、101階ビルには世界一早いエレベーターがあります。このエレベーターは、89階にある展望台まで、わずか39秒で届けてくれます。この一分に1000m移動できるエレベーターは、1つにつき6800万台湾ドルもします。
XinYi District にあるこの巨大なビルは、 証券、金融、ビジネスの本社、エンターテイメント、ショッピングが詰まっている小都市です。もし、台湾に来るなら、101階ビルに来た方がよいです。たくさんの会社がここに台湾一大きな店を開こうと計画しています。そして、商品やサービスの最も完璧な選択肢をお客様に提供しています。

台湾にいらっしゃい!

2010-07-22 #world #ロケーション #cultureartanalog alice26992 の記事
translated by kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • LomoAmigo:Jorgen Axelvall × Lomo'Instant

    2014-11-19 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigo:Jorgen Axelvall × Lomo'Instant

    例え同じものを見ていたとしても、人が見る世界人それぞれ違います。近視、遠視、乱視、老視、そしてその人の性格や感情、生まれ育った環境でさえ、人が目で見る世界を変えます。スウェーデン出身で現在日本で活躍している写真家Jorgen Axelvallは、彼の目で見るからこそ見ることが出来る世界を写真に写します。クレジットカードサイズの小さなインスタント写真にさえ、彼独特の世界をつくりあげます。彼の着眼点に富んだアーティスティックでダークな世界をインタビューと共にお楽しみください。

    1
  • なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    2014-08-26 #レビュー gakurou の記事
    なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    フィルムで写真を撮っていると、なぜフィルムで撮るか聞かれることが良くある。 まぁいろいろな理由があるけど、僕にとって一番の理由はLOMOのカメラがあるからだ。 LOMOのカメラを使うということは、新しい世界を旅することと良く似ている。

    1
  • 香港と台湾で撮影されたLC-A 120スナップショット

    2014-11-12 #ニュース tomas_bates の記事
    香港と台湾で撮影されたLC-A 120スナップショット

    LC-A 120は世界中を旅しています。今回スポットを当てるのは台湾と香港!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 夏旅はパノラマで!Horizonと一緒にGO!

    2015-07-22 #gear #ニュース #ライフスタイル ciscoswank の記事
    夏旅はパノラマで!Horizonと一緒にGO!

    夏休み・お盆休みの予定はもう計画していますか?どこかへ旅行へ行く方は、一緒に持って行くカメラをそろそろ考えておきましょう。絶賛計画中の方にも、そうではない方にも、台湾のスーパーロモグラファーccwuが日本旅行の際に写した写真アルバムがあなたにインスピレーションを与えるはず!

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • Petzval LomoAmigo: Justine Jugnet

    2015-04-08 #people #Lomoamigos lomographyfrance の記事
    Petzval LomoAmigo: Justine Jugnet

    Justine Jugnetはリヨンを拠点に活動するフランスの写真家。彼女は先日Petzvalレンズを持ってパリに行き、撮影を行いました。彼女の世界を素敵なインタビューとPetzval写真でお楽しみください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    2015-05-13 #gear #ニュース pripri2000 の記事
    LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    いつでも、どこでもあなたの世界を切り取って色鮮やかなワイドアングル写真に残そう!LC-A 120は豊富なISO設定、多重露光用MXスイッチなど、実験的な写真を楽しめる機能を搭載し、あなたのアドベンチャーをサポートします。LC-Aのように手軽に素早く簡単に撮影が出来て、中判カメラながらコンパクトサイズで毎日持ち歩きたくなるカメラです。120フィルムを使ったことがないから不安?心配はいりません!120フィルムは種類も豊富で、何より35mmフィルムより高解像度なのでより美しく仕上がります!百問は一見にしかず。LC-A 120のちょっとしたギャラリーをご用意したのでご覧下さい。

  • Petzval 58 Bokeh Control Lens: フォトグラファーChristopher Loganのファーストインプレッション

    2015-06-17 #people #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Lens: フォトグラファーChristopher Loganのファーストインプレッション

    数年前、マイアミ・フォートローダーデールの美術学校の写真科の学位を修得したばかりの若き写真家、Christopher Loganはミランに移り住みました。後に彼の作風のマニフェストとなるヨーロッパの美学に恋に落ち、数々のファッションフォトをこなしながら技術を高めて行きました。そして彼は現在違うファッションの地、ニューヨークに拠点を写し、ファッションの世界に身を委ねています。

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル Kwyn Kenaz Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    2015-06-12 #people #ライフスタイル #レビュー Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    Issa Ngは香港を拠点に活動するファッションとコマーシャルフォトグラファー。彼は長年、広告業界で様々なインターナショナルブランドのアートディレクターやスタイリストとして活動してきた経歴を持っています。それゆえ、コンセプトの確立や構成、激しいイメージングにおいて彼の素晴らしいセンスに基づくスタイルを表現できます。彼は現在ポートレイトに特化し、絶えずフレッシュで面白いプロジェクトを求めています。そんな彼がLomography Petzval 58 Bokeh Control lensでの撮影についてインタビューで語ってくれました。

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • Lomo'Instant タグ付けコンペティション『The Great Lomo'Instant Tag Competition of 2015』

    2015-01-23 #コンペティション jacobs の記事
    Lomo'Instant タグ付けコンペティション『The Great Lomo'Instant Tag Competition of 2015』

    あなたのLomo'instantのベストスナップをfacebook、twitter、Instagramで世界中の人々にシェアして、クールな賞品を手に入れませんか?『The Great Lomo'Instant Tag Competition of 2015』を開催します! まだLomo'Instantを持っていないあなたは今が絶好の機会です。あなたも自分のLomo'Instantを手に入れてコンペティションに参加しましょう!